2013年09月22日

【中韓】「済州島が中国人に乗っ取られる!」永住権目的の投資移民急増、韓国人が懸念

■韓国人が懸念、「済州島が中国人に乗っ取られる!」 投資移民が急増―中国メディア(XINHUA.JP )

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
中国広播網の19日付の報道によれば、韓国の済州島では中国資本が大規模な不動産開発を行っており、中国人の投資移民が増えてきた。しかしこうした状況に対して現地の韓国人は懸念を抱いている。環境破壊や固有の文化が失われていくことへの危機感からだ。

報道によると、現在、済州島では中国系不動産会社の百通キン源(キンは品の口部分が金)が漢拿山の中腹55万平方メートルをリゾート村やマンションとして開発中で、これまでに1万9000本の木が伐り倒された。

済州大学環境学科の教授は「漢拿山は済州島の『肺』であり、きれいな空気を人々に供給している。また、森林が雨を取り込み、地下水ができることで人々の飲み水となる。開発による環境破壊の影響は大きい」と指摘。また、リゾートホテルからの汚水が地下水を汚染することも考えられると語った。

環境保護論者を中心に、中国資本の開発を認めた済州当局への批判が高まっている。当局は「環境アセスメントを行っており、中国からの観光客が増えれば済州島経済が潤って働く場所も増える」と反論。ただ、中国人の多くは済州で不動産を買うことで投資移民として永住権を取得することが目的で、たまにしか済州を訪れず、経済効果は少ないとの指摘もある。

2〜3年前、済州島には中国人観光客が大挙して訪れ、地元の人々は歓迎した。しかし2010年から投資移民を受け入れるようになり、状況は次第に変化。中国人が5億ウォン(約4600万円)以上の不動産を済州島で購入し、5年間売却しなければ永久居民権が得られることになり、中国資本によるマンション建設が増えたという。

それでも中国人を取り込むために島のあちこちに中国語の文字が現れ、島固有の文化が次第に消えていっている。このままでは済州が誰の島か分からなくなり、中国人に乗っ取られる可能性もあるとして、韓国内では政府に対して投資移民受け入れ政策を再考するよう求める声が出てきた。

(編集翻訳 恩田有紀)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【中韓】「済州島が中国人に乗っ取られる!」永住権目的の投資移民急増、韓国人が懸念の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【韓国紙社説】ウソの歴史を子供たちに教え続ける日本への対抗策として、同じく被害国である東南アジア諸国と連携しよう

■【韓国紙社説】ウソの歴史を子供たちに教え続ける日本への対抗策として、同じく被害国である東南アジア諸国と連携しよう [09/16](2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 犇@犇φ ★ New! 2013/09/22(日) 09:37:52.79 ID:???
■ウソばかり教える日本の歴史教科書

今年3月に日本の文部科学省の検定を通過した日本史高校教科書が、韓国史に関する内容で
全面的に歴史事実を歪曲叙述していることが明らかになった。これらの教科書は、任那日本府
説をはじめとして、慰安婦問題など韓国に関連したすべての分野で事実とは異なる偽りが記載
されているということだ。日本教科書のウソ慣行は、福島原発汚染水流出がコントロール不可能
な状態なのに「原発汚染水はコントロールされている」とウソをついた安倍首相にも似ている。

このような事実は、民主党の朴ホングン議員が東北アジア歴史財団に依頼して高校用日本史
教科書を翻訳・分析した結果明らかになった。15日に発表された分析結果によれば、政府検定
を通過した高校用日本史Aの3冊と日本史Bの6冊、合計9冊の歴史教科書は、ほとんど全部で
歴史が歪曲記述されているという。これらの教科書はさらに、日本の良心ある学者によっても認
められている事実も歪曲していた。

最も目立つ歪曲は任那日本府説だ。これは古代日本が韓半島南部を攻撃して百済・新羅・伽耶
を支配したという主張であり、過去において韓国侵略を正当化する道具として使われてきた。古代
国家の形成が韓国よりはるかに遅れた日本がどのように韓半島南部を支配したという話なのか。
逆に百済貴族が日本の王になったという記録が残っている。さらに2010年3月、韓日歴史共同
研究委員会は「任那日本府説は事実ではなく、廃棄に合意する」という発表までした。このような
任那日本府説を歴史的事実として教える教科書が、いまでも日本にあるのだ。

歴史共同研究委員会は壬辰倭乱(訳注:秀吉の朝鮮出兵のこと)についても、「日本が内部矛盾
を解決するために起こした戦争」で合意している。それでも日本の一部の教科書は、壬辰倭乱が
朝鮮の朝貢拒否と明国侵攻への非協力のために起きた戦争だとして、その責任を韓国に転嫁し
ている。慰安婦問題についても、強制徴発の事実を隠蔽して彼女らが自ら集まったと記述した
教科書もある。日帝の国権侵奪に対抗した東学農民運動を農民「反乱」とか「反抗」と明示した
教科書もある。創氏改名や朝鮮土地調査事業なども歪曲されているのは同じだった。

日本がこのように歪曲された歴史を子供たちに教えて果たして何を得ようと思うのか理解できない。
日本が歪曲された侵略歴史を子供たちに教えて、後日再び周辺国を侵略する意図があるという
以外に、このような歴史歪曲はありえないものだ。私たちがいくら抗議しても日本は馬耳東風だ。
日本の歴史歪曲に対しては、韓国と中国のほか、フィリピンなど東南アジアにあるすべての戦争
被害国が連合して対処する方策を検討しなければならない。

▽ソース:大邱新聞(韓国語)(2013-09-16 20:36)
http://www.idaegu.co.kr/news.php?mode=view&num=108559

▽関連スレ:
【教科書】 「日本の教科書、韓国史を悪意をもって歪曲」〜日本14出版社の歴史教科書分析した結果「日本政府の主張だけ記述」[09/15]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1379256675/
【韓国】インパール作戦などで日本軍と激闘した大韓民国光復軍 建軍73周年記念行事開催 [09/16]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1379600708/
【韓国紙社説】ウソの歴史を子供たちに教え続ける日本への対抗策として、同じく被害国である東南アジア諸国と連携しようの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 13:47 | Comment(7) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【国歌】教職員の君が代斉唱…君が代を「どう考えるか」、歌うかどうかは個人の思想・良心の自由にかかわる 朝日新聞

■天声人語(朝日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
歌い手が録音に合わせて口だけ動かす。俗にいう「口パク」である。オバマ大統領の2期目の就任式で、歌手のビヨンセさんが披露した米国歌がそうだった。北京五輪の開会式での「天使の歌声」もそうだった。音楽業界では珍しくないらしいが、それが学校の入学式や卒業式という場であったらどうだろうか▼大阪府教委が府立高校に通知を出した。式で君が代を斉唱する時、教職員が本当に歌っているかどうか、「目視」で確認せよ、と。去年、府立和泉高で校長が教員の口の動きを監視させ、物議を醸した。その校長が教育長になり、全校に広げる▼式場で教頭らが目を光らせ、歌っていない者がいたら、名前を府教委に報告する。判断の基準は形式的な「口元チェック」ではなく、「公務員として誠意ある態度かどうか」だという。漠然とした話だ▼例えば「感極まって歌えなかった」場合は目こぼしになるかも知れないという。そんなことまで考える情熱があるなら他のことに注いではと思う。自主性が大切と普段から説いてきた先生が、信念を封じて口パクをする。想像したくない光景だ▼起立斉唱を義務づける条例がある以上、守るのは当然と考える人も少なくないだろう。だが、君が代をどう考えるか、歌うかどうかは個人の思想・良心の自由にかかわる。最高裁も去年の判決で教員へのいきすぎた処分に釘を刺している▼先生がお互いに監視しあう。教育の場が荒廃しないか。多感な生徒の心に暗い影を落とさないか。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【国歌】教職員の君が代斉唱…君が代を「どう考えるか」、歌うかどうかは個人の思想・良心の自由にかかわる 朝日新聞の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 10:40 | Comment(9) | TrackBack(0) | マスコミニュース

【社会】除染賃金で「中抜き」続く 国の手当は形骸化 福島労働局の調査

■除染賃金で「中抜き」続く 国の手当は形骸化 福島労働局の調査(MSN産経)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
東京電力福島第1原発周辺の国直轄除染地域は放射線量が高いため、通常の賃金に加えて国から1日1万円の特殊勤務手当(除染手当)が支給されるにもかかわらず、それ以外の市町村担当地域と比べると、作業員の平均日給の差額が4500円しかないことが21日、福島労働局への取材で分かった。

 国が除染手当の支払い徹底を求める中、業者側は手当を支払う一方で賃金を引き下げて事実上の「中抜き」を続けているとみられ、除染手当が形骸化している実態が浮かび上がった。

 同労働局は「ハローワークを経由しない求人も多い。より悪質な中抜きも多いとみられる」と指摘した。

 除染手当は危険な作業に従事した手当として作業員に支払われる。元請け業者から下請け業者を経由する中で手当の不払いが相次ぎ問題化したため、環境省は昨年10月、支払いを徹底するよう元請け業者に文書で通知して指導した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【社会】除染賃金で「中抜き」続く 国の手当は形骸化 福島労働局の調査の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 02:21 | Comment(3) | TrackBack(0) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ