2013年09月27日

【政治】「BUY MY ABENOMICS」のアクセントが違う みんな・渡辺氏

■首相の講演「アクセントの置き方違う」 みんな・渡辺氏(朝日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
■渡辺喜美・みんなの党代表

 安倍晋三首相が米国での講演で「バイ・マイ・『ア』ベノミクス」とおっしゃったが、ちょっとアクセントの置き方が違うんじゃないか。「バイ・マイ・アベ『ノ』ミクス」というのが正しい表現ではなかろうか。経済を優先することが念頭にあれば、エコノミクスを重視するアクセントになろうかと思うが、ちょっと経済が後退している。あの講演での発言において消費増税の話はない。減税とかの話は出てくる。じゃあ増税の話は一体どこ行っちゃったんだ。別にご本人が意図してそういう発言をしたわけではなかろうとは思いますが、アクセントの置き方をみて、そういう印象を持ちました。(国会内での記者会見で)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【政治】「BUY MY ABENOMICS」のアクセントが違う みんな・渡辺氏の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:55 | Comment(3) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【政治】帰国支援金を受け取った日系人の再入国認める 労働者不足で

■政府、帰国の日系人再入国認める 労働者不足で(日経新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 政府は27日、リーマン・ショック直後に日本から本国に帰った日系人に対して、10月15日から再入国を認めると発表した。日本に当面来ないことを条件に政府の帰国支援金を受け取り、ブラジルなど母国に帰った2万1675人が対象で、日本での1年以上の雇用契約が必要だ。景気の持ち直しで工場労働者が不足していることから、受け入れを再開する。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【政治】帰国支援金を受け取った日系人の再入国認める 労働者不足での続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:32 | Comment(5) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【話題】 日本版ニューズウィークがまた「嫌韓」特集

■日本版ニューズウィークがまた「嫌韓」特集 「反日韓国の妄想」に読者評価はヒートアップ?(j-cast)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日韓関係の改善が進まないなか、国際情報を扱う週刊誌「ニューズウィーク日本版」が韓国の対日姿勢を批判する特集を相次いで組み、話題になっている。カバーする話題の範囲を広げ、内容も辛らつになっており、読者の評価も向上しているようだ。

前回特集は竹島問題を中心に扱っていた

「ニューズウィーク日本版」最新号の表紙。朴槿恵大統領が何やら想像している 2013年8月29日発売の9月5日号では「暴走する韓国」と題した特集を組んで日本のネット利用者から注目を集めたばかりだった。この号では、竹島(韓国名:独島)問題への執着ぶりを主に扱ったが、9月24日に発売された10月1日号では扱い分野も幅広く、論評の内容も辛らつになっている。

表紙では、「反日韓国の妄想」の主見出しに加えて、朴槿恵(パク・クネ)大統領が何やら想像している様子を表現。吹き出しの中には、安倍晋三首相が「731」の番号が入ったブルーインパルスに乗り込む写真が埋め込まれている。見方によっては、朴大統領が日中戦争で人体実験を行ったとされる「731部隊」と安倍首相とを関連づけたがっている、とも読める内容だ。それ以外にも、表紙には

「荒唐無稽すぎる数々の反日ファンタジー」
「歴史問題をめぐるご都合主義の深層」
「世代交代で到来 『過激な反日新時代』」
といった見出しが並んだ。(後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【話題】 日本版ニューズウィークがまた「嫌韓」特集の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 東亜ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ