2013年10月02日

【韓国】日帝の38式小銃からスタートした韓国軍、今や世界7位の強大な軍事力。陸海空とも超一流兵器を誇示

■【韓国】日帝の38式小銃からスタートした韓国軍、今や世界7位の強大な軍事力。陸海空とも超一流兵器を誇示 [09/30](2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 犇@犇φ ★ New! 2013/10/02(水) 21:35:44.48 ID:???
■[65周年国軍の日] 大韓民国国軍、どれくらい強くなったか … 兵器体系の輝かしい成長

建軍当時、小銃部隊に過ぎなかった軍は、過去60年余りで輝かしい発展を遂げた。今や世界7位に相当する強大な国防力を誇示する。

建軍65年を迎える今年10月1日の国軍の日。大韓民国国軍は、これまで準備してきた秘蔵の兵器を一斉に披露する。今まで映像だけで公開された「玄武III」弾道ミサイルはもちろん、今年戦力化した国産ヘリ「スリオン」など多様な兵器体系をリリースする。

陸軍は建軍当時、日本製と米国製の銃・迫撃砲などの戦力が全部だったが、ベトナム戦争に際して導入したM16小銃に続き、韓国人の体形に合うよう改良したK系列小銃に発展した。日帝が残して行った38式・99式小銃やM1小銃は、M16を経てK-2小銃へそれぞれ置換された。これらの小銃は今後、敵の頭上で炸裂する空中爆発弾を発射できる「次期複合型小銃」(K-11)で代替される見通しだ。

開発段階で欠陥が発生して実戦配備が遅れてはいるが、5.56o既存小銃と20o空中爆発弾発射機が一体化され、映像検出器による標的探知とレーザー測距、弾道計算による照準点自動誘導で昼夜間の精密射撃が可能だ。

建軍当時、戦車は一両も無かったが、1980年代に入って国産戦車開発を本格化させ、1988年にはソウルオリンピックを控えて、移動中にも射撃が可能で山岳地形に適合した国産K-1戦車(88戦車)を開発した。
現在はK-1戦車を改良したK1A1戦車が主力で、これよりも優れた性能を誇るK-2戦車を開発中だ。

また、1999年に生産を始めたK-9自走砲は、世界最強自走砲である米国のパラディン自走砲とも比較される。すでに北朝鮮軍の延坪島砲撃挑発事件の際には、強大な火力とその運用能力を誇示した。

各種火器はもちろん、ミサイル技術も飛躍的な発展を遂げた。今回の国軍の日に初めて公開される「玄武III」は射程1000kmを越える弾道ミサイルだ。建物のガラス窓大の目標に命中させることが可能で、北朝鮮全域を射程圏に収める。「玄武II」は射程300kmで、サッカー場数十個の面積を焦土化させることができる。

この他、北朝鮮軍の海岸砲を破壊するイスラエル製スパイク ミサイル、パトリオットPAC-2ミサイルも公開される。スパイク ミサイルは延坪島砲撃事件後、今年5月に白ニョン島や延坪島など西北島嶼に配備された。

建軍初期には僅かだった航空戦力は、60年の間に瞠目するほどの成長を遂げた。1948年当時、我が軍の航空戦力はL-4練習機30機に過ぎなかった。1950年には国民献金でいわゆる「建国機」と命名された高級練習機T-6が10機カナダから導入された。韓国戦争(訳注:朝鮮戦争のこと)当時、空軍は米軍からF-51戦闘爆撃機10機を導入して大きな戦果を上げ、終戦時には計110機の航空機を有するほど成長した。

1955年にはF-86Fを5機を導入してジェット戦闘機時代を開いた。1960年代に至ってF-86D全天候迎撃機およびF-5A戦闘機、F-4D戦闘爆撃機などが実戦配備された。1968年には米国、英国、イランに続き世界4番目のファントム保有国となった。

1980年代に入ると、劣勢な対北戦力を補完するために航空戦力補強に邁進した。戦闘任務遂行機だけでなく、作戦支援・情報監視機も導入した。国産戦闘機「制空号」(F5E/F)を生産配備したほか、F-16戦闘機や、大量空輸能力を有するC-130輸送機なども、この時期に導入されたものだ。
【 >>2 に続く】

▽ソース:Newsis(韓国語)(2013-09-30 13:28)
ttp://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20130930_0012397958&cID=10304&pID=10300
ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=003&aid=0005402975

▽関連スレ:
【韓国軍事】韓国 5年ぶりの軍事パレード パク大統領が演説「防衛のための先制攻撃能力などを早期に確保する」[10/01]
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1380638550/l50



【韓国】日帝の38式小銃からスタートした韓国軍、今や世界7位の強大な軍事力。陸海空とも超一流兵器を誇示の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:37 | Comment(3) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【大阪】中国籍男「再雇用を断られたので拳銃で撃った」…大阪役員殺害

■中国籍男「再雇用断られ撃った」…大阪役員殺害(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
大阪府松原市の金属加工会社で9月30日、同社役員・山道亮さん(36)が殺害された事件で、府警捜査1課は1日夜、中国籍で元従業員の無職郭栄茂容疑者(59)(大阪府八尾市久宝寺)を殺人容疑で逮捕した。

 郭容疑者は同日午前、回転式拳銃1丁と実弾2発を所持して奈良県警中吉野署に出頭し、「山道さんに再雇用を求めたが断られ、銃で撃った」と供述したという。

 発表では、郭容疑者は30日午後6時35分頃、同社2階事務所で山道さんの頭を拳銃で1発撃ち、殺害した疑い。司法解剖の結果、死因は右側頭部を撃たれたことによる頭蓋内損傷だった。

 郭容疑者は同社で約2年間勤務したが、昨年11月に解雇されていた。供述では、30日に同社を訪れ、山道さんに社長との面会を求めたが、山道さんが応じなかったため、拳銃を向けたところ、山道さんに「撃てるものなら撃ってみろ」と言われ、発射したという。

 その後、車で逃走した郭容疑者は、知人男性に相談し、出頭。調べに「山道さんに『帰れ』とあしらわれ、頭に血が上った」とも供述し、拳銃は来日後の8年前、中国人から購入し、護身用に持ち歩いていたという。

 元従業員の逮捕に同社のパート従業員の女性(68)は「(郭容疑者は)会社の指示に従わないこともあったが、まさか拳銃を持っていたとは」と驚いていた。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【大阪】中国籍男「再雇用を断られたので拳銃で撃った」…大阪役員殺害の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【米国】政府機関が閉鎖、自由の女神も国立公園も

■米政府機関閉鎖、自由の女神も国立公園も(ニッカンスポーツ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
米政府機関の一部が1日、閉鎖に追い込まれ、軍など安全保障分野や航空管制官など重要なインフラ運営に従事する例外を除く、連邦政府職員80万人以上が一時帰休の対象となる見込みだ。ニューヨークの自由の女神像を含め、国立公園局が管轄する観光名所も軒並み閉鎖となる。

 前回1995〜96年に政府機関が閉鎖となった際には、95年11月に予定されていたクリントン大統領(当時)の訪日が中止になった。オバマ大統領は今月6日から東南アジア歴訪を予定しており、影響が注目される。

 米メディアなどによると今回は、全体の約半数に当たる120万人の政府職員に影響が出る可能性もある。軍人は任務に就くことが許されるが、国防総省だけで文民40万人が帰休対象となる。

 国立の公園、動物園や博物館などは全て閉鎖される見込み。旅券発給業務は前回20万人の手続きが止まったが、国務省は今回、資金的な問題はなく海外での査証発給も含め「支障はない」(同省高官)としている。郵便事業も通常通りの予定。

 教育省は全体の90%以上に当たる4600人の職員が帰休対象。ただ公立学校は既に連邦政府から資金を受け取り、多くは州の資金などで運営されているため、当面の影響は回避できそうだ。

 連邦裁判所は「約2週間は予備資金で開廷可能」(ワシントン・ポスト紙)。首都ワシントンでは、閉鎖が長期化すればゴミ収集事業などに影響が出るとみられている。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【米国】政府機関が閉鎖、自由の女神も国立公園もの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 海外ニュース

【日韓】東京国立博物館が朝鮮王室の武具など展示、韓国国会議員らが盗難品と推定

■東京国立博物館が朝鮮王室の武具など展示 盗難品と推定(聯合ニュース)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
【東京聯合ニュース】東京国立博物館が盗難品と推定される朝鮮王室の武具などを展示しており波紋を呼んでいる。

 同博物館で1日から始まった展示会「朝鮮時代の美術」では、朝鮮王朝第26代王の高宗が使ったとされる甲冑(かっちゅう)をはじめ朝鮮王室の文化財が多数含まれた。

 博物館側は、会場に展示されているかぶとやよろいが19世紀の朝鮮時代のもので、小倉コレクション保存会から寄贈を受けたと説明するにとどまり、朝鮮王室の遺物という事実を明らかにしていない。

 同コレクションは朝鮮が日本の植民地だった時代に南鮮合同電気の社長などを務めた日本人事業家、小倉武之助氏(1870〜1964)が1910〜1950年代に朝鮮半島全域で収集した文化財の一部。小倉氏の死去後、子息が1982年に同博物館に寄贈した。小倉氏は盗掘など不法な方法で文化財を収集した人物として知られる。

 海外に持ち出された韓国文化財の返還運動を展開する市民団体代表を務める僧侶の慧門(ヘムン)さんは同日、博物館を訪問した。かぶととよろいについて「朝鮮王室のものだという博物館の確認を受けた。年代などから高宗が使っていたものに間違いない」と述べた。その根拠として、かぶとに最高の地位を示す白翡翠(ひすい)の装飾があること、爪が5本の龍が刻まれていることなどを挙げた。

 会場には高宗の妃、明成皇后を殺害した日本の刺客が持ち出したとされる膳が「風穴盤」という名称で紹介されているほか、官服や冠なども展示されている。

 20点の展示品のうち10点が小倉コレクション保存会から寄贈を受けたもので、盗難品を展示しているとの声が出ている。

 慧門さんは「個人が所蔵できない王室の物品の寄贈を受けたということは、博物館側が盗難品であることを承知で寄贈を受け入れた可能性がある」と指摘した。

 この日博物館を訪問した韓国の安敏錫(アン・ミンソク)国会議員は、寄贈を受けた展示品がどのような経緯で日本に渡ったかを博物館側が調査し明らかにするよう促す国会決議案の採択を推進するとの考えを示した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【日韓】東京国立博物館が朝鮮王室の武具など展示、韓国国会議員らが盗難品と推定の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:29 | Comment(7) | TrackBack(0) | 東亜ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ