2013年10月08日

【マスコミ】週刊朝日編集長を懲戒解雇 内容はプライバシーのため非公表

■週刊朝日編集長を懲戒解雇 (朝日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 朝日新聞出版は、同社が発行する週刊朝日の小境郁也編集長(53)=朝日新聞社から出向=に重大な就業規則違反があったとして編集長を解任し、朝日新聞社は8日付で小境編集長を懲戒解雇処分にした。併せて朝日新聞出版は上司の監督責任を問い、9日付で青木康晋(やすゆき)社長を役員報酬減額、尾木和晴雑誌本部長を減給処分とする。

 小境編集長は昨年12月、週刊朝日が橋下徹・大阪市長を記事で取り上げた問題の後に起用された。

 朝日新聞出版・管理部と朝日新聞社広報部は「週刊朝日を立て直す重責を担う立場でありながら、こうした事態を招いたことは誠に遺憾です」とし、就業規則違反の内容については「関係者のプライバシーにかかわるため、公表は差し控えます。今後、さらに社内のコンプライアンス意識の徹底を図ります」とのコメントを発表した。

 後任の編集長には朝日新聞東京本社写真部の長友佐波子・フィーチャー写真担当部長が9日付で就く。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【マスコミ】週刊朝日編集長を懲戒解雇 内容はプライバシーのため非公表の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:54 | Comment(5) | TrackBack(0) | マスコミニュース

【社会】「日本の良心に触れた」「判決を聞いて涙が止まらない」…在特会の街宣禁止判決受け、朝鮮学校側の保護者ら、「安心して学べる」

■【社会】「日本の良心に触れた」「判決を聞いて涙が止まらない」…在特会の街宣禁止判決受け、朝鮮学校側の保護者ら、「安心して学べる」(2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 諸星カーくんφ ★ sage New! 2013/10/08(火) 00:06:51.56 ID:???0
 京都朝鮮第一初級学校(現・京都朝鮮初級学校)周辺での「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の街宣活動をめぐり、人種差別
に当たり違法と判断した7日の京都地裁判決を受け、学校関係者は同日午後、京都市内で集会を開き、支援者ら約150人が肩を
抱き合いながら喜びを分かち合った。

 2009年12月に街宣が行われた当時、小学5年の娘を学校に通わせていた母親(45)は壇上で「日本の良心に触れた」と話した。
娘から「どうして朝鮮人は悪いと言われるの」と聞かれるつらさを振り返り、判決を受け「日本には朝鮮人が堂々と生きていく土壌がある」
と胸を張った。

ソース(時事通信) http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013100700783

--------------------

 ヘイトスピーチ(憎悪表現)を司法が初めて「人種差別で違法」と判断した。「在日特権を許さない市民の会(在特会)」に、京都の
朝鮮学校への損害賠償と街宣活動禁止を京都地裁が命じた7日、原告側に「これで子供たちが安心して学べる」と安堵(あんど)が
広がった。在特会のデモが繰り返される東京・新大久保と大阪・鶴橋も判決支持一色だが、法律による規制には慎重な声も聞かれた。

 主文の内容が京都地裁前に詰めかけた原告の支援者や朝鮮学校の保護者に伝わると、大きな歓声が上がった。

 原告側の京都朝鮮学園の孫智正(ソン・チジョン)理事長(56)は判決後、記者会見で「朝鮮学校に通う子供に向けられたヘイトスピーチ
の悪質性を認めた。日本社会に広がるヘイトスピーチ的な言動を抑止する点でも有効だ」と語った。

 「判決を聞いて涙が止まらない。事件は朝鮮人として生きる私たちの日常を踏みにじった」。当時5年の長女を通学させていた母親
(45)は会見で目を潤ませた。その後の集会でも「日本社会の中で私たちが胸を張って生きていける土壌があるのだと感じて胸が熱く
なった。互いに手を取り合って未来ある子供たちを育てたい」と声を震わせた。(以下略)

ソース(毎日新聞) http://mainichi.jp/select/news/20131008k0000m040097000c.html?inb=ra
【社会】「日本の良心に触れた」「判決を聞いて涙が止まらない」…在特会の街宣禁止判決受け、朝鮮学校側の保護者ら、「安心して学べる」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:00 | Comment(16) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【国内】「在日朝鮮人への人種差別」京都地裁、朝鮮学校へのヘイトスピーチで在特会へ賠償1226万円・街宣禁じる判決★3

■京都地裁:在特会街宣に賠償命令…人種差別と認定(毎日jp)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
京都朝鮮第一初級学校(京都市)の校門前で行われた学校を中傷する大音量の街頭宣伝などヘイトスピーチ(憎悪表現)で授業を妨害されたとして、同校を運営する京都朝鮮学園(京都市右京区)が、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」と元メンバーら9人を相手取り、3000万円の損害賠償と同校の半径200メートル以内での街宣活動禁止を求めた訴訟の判決が7日、京都地裁であった。橋詰均裁判長は在特会の街宣を「著しく侮蔑的な発言を伴い、人種差別撤廃条約が禁ずる人種差別に該当する」と認定した。

 ◇朝鮮学校周辺の街宣活動禁止
 学校事業に損害を与えたとして在特会側に1226万円を支払うよう命じた。学校周辺の街宣活動についても請求通り禁止を命じた。いわゆるヘイトスピーチの違法性を認定したのは全国で初めて。裁判所が、ヘイトスピーチとして問題になっている特定の民族に対する差別街宣について「人種差別」と判断したことで、東京・新大久保や大阪で繰り返される在日コリアンを標的にした差別街宣への抑止効果が予想され、ヘイトスピーチの法規制議論を促すことになるとみられる。

 判決は、2009年12月〜10年3月、在特会メンバーらが京都朝鮮第一初級学校(当時。現在は京都朝鮮初級学校=京都市伏見区=に移転)に押しかけ、「朝鮮学校を日本からたたき出せ」「何が子どもじゃ、スパイの子やんけ」などと拡声機で怒号を浴びせた演説について、憲法が保障する「表現の自由」の範囲内かどうかなどについて検討した。

 橋詰裁判長は街宣やその映像をインターネットで公開した行為について「在日朝鮮人に対する差別意識を世間に訴える意図のもとに示威活動及び映像公開をしたものと認められ、人種差別に該当」と判断した。

 朝鮮学校側の「民族教育権」が侵害されたとの主張については、言及しなかった。【松井豊】

 ◇子どもの励みに…原告弁護団長
 原告側の塚本誠一弁護団長は「同種の街宣事案について、強い抑止効果を発揮すると期待している。日本全国の朝鮮学校で学んでいる子どもたちの大きな励みになる」と話した。

 ◇認められず残念…在特会副会長
 在特会の八木康洋副会長は「我々の行為が正当であると認められなかったのは非常に残念。判決文を精査して控訴するかどうかを考えたい」と話した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【国内】「在日朝鮮人への人種差別」京都地裁、朝鮮学校へのヘイトスピーチで在特会へ賠償1226万円・街宣禁じる判決★3の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【国際結婚】キルギス、韓国人男性との国際結婚禁止する方案を検討

■キルギス、韓国人男性との国際結婚禁止する方案を検討=韓国(サーチナ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国野党・民主党のヤン・スンチョ議員は6日に行われた国会保健福祉委員会で、キルギス共和国が自国女性と韓国人男性との国際結婚を禁止する方案を検討していると、在キルギス韓国大使館の公文書を基に明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

  ヤン議員によると、4月1日付の公文書には、3月末にキルギスのカミラ・テリエバ社会文化保健労働副総理がキム・チャンギュ韓国大使と副総理室で会い、キルギス人女性と韓国人男性の国際結婚増加による問題を提起したと記されている。

  テリエバ副総理は、キルギス人女性と韓国人男性との結婚増加に伴い、キルギス人女性が嫁ぎ先の韓国で不幸な生活を送ったり、中には死に至るなどの問題が報告されていると説明。「議会で韓国人との結婚を禁止する必要があるとの話まで出ている」と述べ、韓国側に対策を求めた。

  これに対しキム大使は、「多文化家庭(国際結婚家庭)の結婚問題はキルギス人女性だけに限られたものではない」とし、「幸せな結婚生活を送る多文化家庭も多い」と答えた。

  韓国メディアによると、キルギス人女性と韓国人男性の結婚は2000年半ばまでは年間50組ほどだったが、2010年以降は年間100−200組と増加している。韓国人男性が国際結婚する割合は5−10%程度という。(編集担当:新川悠)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【国際結婚】キルギス、韓国人男性との国際結婚禁止する方案を検討の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | 東亜ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ