2013年11月16日

【国際】 鳩山元首相 「日本軍は罪のない市民を殺害した。残虐行為をした」

■鳩山由紀夫元首相が香港で日本の対中侵略を謝罪(人民網日本語版)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
香港紙・文匯報によると、日本の鳩山由紀夫元首相はこのほど香港城市大学から名誉法学博士号を授与され、13日に同大で講演した。鳩山氏は日本軍による中国侵略時の残虐行為について2度にわたり謝罪。たとえ戦争中でも受け入れることのできない残虐行為であり、日本の市民として、中国の人々に謝罪する義務があると表明した。中国新聞網が伝えた。

 鳩山氏は、東アジア共同体の展望について英語で講演。日本による中国侵略時の残虐行為について2度にわたり謝罪した。鳩山氏が謝罪の言葉を述べると、会場は鳴りやむのを待たねばならないほどの拍手に包まれた。

 鳩山氏は「私は南京大虐殺記念館を見学して、多くの歴史事実に身をもって向き合った。写真から日本軍が南京市内で罪のない市民を殺害したことを目にし、当時日本メディアがこうした残虐行為をいかに『称賛した』のかもわかった」として「日本の市民として、改めて謝罪したい」と述べた。

 鳩山氏は「たとえ日本軍に惨殺された中国人が1人だけだったとしても、日本側は国が戦争中だったことを言い訳にしてはならない。こうした残虐行為はたとえ戦争中でも受け入れることはできない」と指摘。「日本は戦争を永久に放棄すると宣言し、国家間の論争をはっきりさせるとともに、非軍国主義を世界中に広める義務がある」とも述べた。(編集NA)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【国際】 鳩山元首相 「日本軍は罪のない市民を殺害した。残虐行為をした」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 16:41 | Comment(18) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【社会】千葉にムスリム街を=uコリアタウンは新大久保にあるし、横浜の中華街に匹敵するものを」 熊谷市長提言、幕張にはモスク★3

■「千葉にムスリム街を」市長提言 海外からの集客狙う(朝日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
「千葉にはムスリム(イスラム教徒)街がいい」。千葉市の熊谷俊人市長が14日、新たな構想を明らかにした。「横浜の中華街に匹敵するものをと考えてきたが、ムスリム街が一番だ」と語った。

 海外観光客を呼び込もうと狙って市が企業、民間団体とつくる市海外インバウンドツーリズム推進協議会の設立総会での発言。会の活動方針として、マレーシアを皮切りに、東南アジアのイスラム圏からの集客を目指すことを確認した。

 イスラム法に抵触しないことを保証する「ハラール認証」を普及させる活動をしている市内在住のサイード・アクターさんが「礼拝や食事などでイスラム教徒が安心して生活できる拠点が日本にはない。最初に整備したところが世界からのムスリムを集めるはずだ。首都圏で成田空港に近い千葉には可能性がある。シンボルとして幕張にモスクを建設したらいい」と提言。

 それを受けて熊谷市長が「以前から考えていた。コリアタウンは新大久保にあるし、インド街もぴんとこない。力を結集して海外から選ばれる街を作ってゆこう」と語った。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【社会】千葉にムスリム街を=uコリアタウンは新大久保にあるし、横浜の中華街に匹敵するものを」 熊谷市長提言、幕張にはモスク★3の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 10:07 | Comment(11) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【政治】安倍首相が公邸に引っ越さない理由…公安関係者「民主党政権時代に極左スタッフが入り込み、大量の盗聴器が仕掛けられた」★2

■真相は盗聴&サイバーテロ 安倍総理が公邸に引っ越さない“本当の理由”(週刊実話)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
かねてから安倍総理が「公邸入り」しないことが問題視されてきたが、これが国会質問の俎上に上がり、再び注目を集めている。
 政治部記者がこう語る。
 「騒動が再燃したのは、11月5日の『国家安全保障特別委員会』。民主党の近藤洋介議員が、『総理が8km先の私邸から官邸通いするのは危機管理上問題』と指摘したのです。ただこれはもっともな話。安倍内閣は非常時に、総理、官房長官、防衛相、外務相が緊急会談できることをキモとした『国家安全保障会議』を来年発足させようと躍起。ところが、官邸から徒歩6分圏内の議員宿舎に住む3者と違い、安倍総理だけが車で30分もかかる私邸に住み続けているからなのです」

 しかも、この質問に菅義偉官房長官が回答。「私邸からでも、オートバイで15分以内に官邸移動できるよう万全の体制を整えている」とあ然とする答弁をしたために、今では「そこまでして公邸住まいを嫌う理由は何か?」との疑惑が永田町に渦巻いているのである。
 「過去に憶測として流れたのは、『公邸に出る幽霊話』や『持病の潰瘍性大腸炎の治療』『愛犬の世話』というものだった。中でも幽霊話は今では国会でも揶揄されるほどだが、いずれについても官邸は明確な答弁を避けている。そのため、さらに話が過熱し始めているのです」(自民党関係者)

 もっとも、総理の「公邸嫌い」には、別の理由が存在するようなのだ。
 語るのは本誌が直撃した公安関係者だ。
 「実は、公邸には民主党政権時代に極左スタッフが政権中枢に入り込み、大量の盗聴器が仕掛けられたとの話があるのです。最近、ドイツのメルケル首相が携帯電話をCIAに盗聴されていたと騒ぎになったが、菅直人内閣時代には官邸で話した内容が中国や韓国筋にダダ漏れ。そのため、総理は公邸入りを拒否しているといわれているのです」

 この関係者によれば、公邸は、「サイバーテロの舞台としても中国や北朝鮮に狙われている」という。これが事実なら、“右舵全開”の安倍総理の危機管理は、相当なもの!?
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【政治】安倍首相が公邸に引っ越さない理由…公安関係者「民主党政権時代に極左スタッフが入り込み、大量の盗聴器が仕掛けられた」★2の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:49 | Comment(12) | TrackBack(0) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ