2013年12月23日

【政治】韓国軍に銃弾提供、「三原則」例外扱い 南スーダンPKO

■韓国軍に銃弾提供 武器輸出三原則の例外扱いで  南スーダンPKO (日経新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 政府は23日の持ち回りの閣議で、南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊の銃弾1万発を国連経由で韓国軍に無償提供することを決めた。PKO協力法に基づく措置。銃弾のような殺傷能力のある武器の他国軍への供与は初めて。官房長官談話を発表し、武器と武器技術の輸出を禁じている武器輸出三原則の例外扱いとする方針だ。

 今回の決定は従来の政府方針との整合性の観点から議論を呼びそうだ。

 国連から銃弾提供の要請があったのは22日午前。戦闘が起きている東部のジョングレイ州で展開中の韓国軍は銃弾が不足している。韓国国防省関係者によると、韓国軍と同じ口径5.56ミリの小銃の銃弾を使っている南スーダンPKO部隊のうち、まず米軍に頼んだが少量しかなかったため、自衛隊に要請したという。

 政府は23日、安倍晋三首相や麻生太郎副総理、岸田文雄外相、小野寺五典防衛相らが首相公邸に集まり、国家安全保障会議(日本版NSC)を開いて韓国軍への提供方針を決定。小野寺五典防衛相は23日夜、都内で記者団に「国連の要請の緊急性、人道上の問題を考えて決めた」と語った。

 PKO協力法はPKOや人道的な国際救援活動などに協力するため適当と認められるときは物資協力できると規定している。ただ政府はこれまで物資提供の対象として銃弾は想定していないと国会で答弁。国際機関から供与を求められても応じない考えを示してきた。

 自衛隊は2012年1月から南スーダンで本格的にPKOの活動をしている。首都ジュバにいるが、混乱拡大を受け、現在は宿営地外での活動を自粛している。政府は自衛隊の銃弾の備えに余裕があり、1万発を提供しても活動に問題ないとしている。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【政治】韓国軍に銃弾提供、「三原則」例外扱い 南スーダンPKOの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:25 | Comment(7) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【国際】 韓国人の日本に対する好感度、北朝鮮並みに悪化

■韓国人の日本に対する好感度、北朝鮮と同程度に(朝鮮日報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 日本が軍事大国化や歴史を歪曲(わいきょく)する露骨な動きを進めた2013年、韓国人の日本に対する好感度は北朝鮮並みに悪化したことが、22日までに分かった。

 峨山政策研究院が世論調査会社のリサーチ・アンド・リサーチ(R&R)に依頼し、米国・中国・日本・北朝鮮の周辺4カ国・地域に対する好感度調査を行った結果、日本は2.57点(10点満点)で、北朝鮮(2.37点)と同程度という結果になった。米国は5.4点、中国は4.37点で、好感度は日本の2倍程度高かった。

 同研究院側は「2.5点というのは、日本に対しほとんど好感が持てないというレベルだ」と語った。

 韓国人の日本に対する好感度の低下は今年初めから続いた。日本に対する好感度は、1月に3.31点、5月に2.93点、8月に2.64点、10月に2.46点と低下の一途をたどり、北朝鮮に対する好感度(1月2.99点、5月2.07点、8月2.38点、10月2.46点)と同程度か、少し高いという状況が続いた。

 日本では今年2月に外相が独島(日本名:竹島)の領有権に関する発言をし、4月には国会議員たちが集団で靖国神社に参拝、7月には麻生太郎副総理が「ナチスの憲法改正手法を見習ったらどうか」と発言し、10月には独島に関する動画を公開するなど、1年を通して韓国の国民感情を刺激してきた。また、日本をパートナーではなくライバルと考える国民の比率も、今年1月の63.6%から、今月には66.2%へと上昇した。これは日本をパートナーと考える人の比率(22.2%)のほぼ3倍だ。

 一方、日本の内閣府が実施した、日本人の韓国に対する親密度についての調査結果(100点満点、「親しみを感じる」と「やや親しみを感じる」の合計)も、2009年に63.1点、10年に61.8点、11年に62.2点と同程度で推移していたのが、昨年には39.1点にまで急落し、今年は40.7点となった。峨山政策研究院のキム・ジユン研究員は「来年も日本政府の姿勢に変化がなければ、好感度の低下は続くとみられる」と語った。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


【国際】 韓国人の日本に対する好感度、北朝鮮並みに悪化の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 15:40 | Comment(6) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【沖縄県】 日本共産党の赤嶺衆院議員 「辺野古基地は海外侵略用軍事基地だ」

■辺野古基地は海外侵略用軍事基地と赤嶺衆院議員(Economic News)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
沖縄県那覇市出身で日本共産党の赤嶺政賢衆議院議員は「辺野古新基地建設埋め立て可否判断が迫っているが、強襲揚陸艦ボノム・リシャールが接岸でき、オスプレイ12機を即座に搭載できる軍港機能を計画していることが市民団体の埋め立て申請書精査で分かった」として、「防衛省と安倍内閣は県民を欺き続けている」と厳しく批判している。

 赤嶺衆議院議員は、辺野古に建設される普天間の代替基地は「ホワイトビーチと普天間基地を合わせた海外侵略用軍事基地」と揶揄するとともに、建設に反対の姿勢を強めている。

 仲井眞弘多沖縄県知事は国が出している辺野古沖埋め立て申請に対し、年内にも判断を下す意向で、申請を承認する場合と承認しない場合のいずれにも対応できるよう想定してスケジュールを立てるように県幹部に指示を出している。

 埋め立て申請に対する知事判断が迫っていることから、安倍晋三総理も、菅義偉官房長官も沖縄県の基地負担軽減に全力を出来る限りの取り組みを行うと県民の理解を得るための努力を惜しまない姿勢を特に強くアピールする機会が目立っている。こうした中での赤嶺議員の指摘に沖縄県民の反応が注目される。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【沖縄県】 日本共産党の赤嶺衆院議員 「辺野古基地は海外侵略用軍事基地だ」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ