2014年05月01日

【IWJ】「安倍政権へ向かうべき怒りが韓国などに向かっている」 週刊金曜日主催行事で鈴木宗男・辛淑玉・北原みのりらが批判

■2014/04/25 「さらば、独裁者」週刊金曜日主催の緊急集会で鈴木宗男氏、辛淑玉氏、小森陽一氏らが「暴走する安倍政権」の危険性を指摘(IWJ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
「政治の原点は弱い人のためにある。しかし、今の政治は、ひと握りの金持ちや強い者のためにある」──。鈴木宗男氏は厳しく断じた。

 2014年4月25日(金)、東京都文京区の文京区民センターで「緊急集会『さらば、独裁者 徹底検証 暴走する安倍政権』」が開催され、佐高信氏(評論家、週刊金曜日編集委員)と北原みのり氏(文筆家、週刊金曜日書評委員)の対談、鈴木宗男氏(新党大地代表)、辛淑玉氏(のりこえねっと共同代表)、小森陽一氏(東京大学教授)の講演が行われた。

 これは、同タイトルの『週刊金曜日』臨時増刊号の発売記念イベント。開会挨拶に立った同誌編集長の平井康嗣氏は、「安倍政権になってから、ものを言いづらい雰囲気になってきた。このような状況が全体主義につながるのではと危惧し、タイトルに『独裁者』という言葉を使った」と話した。

カリスマ性のない独裁者・安倍総理
 はじめに、佐高信氏と北原みのり氏の対談が行われた。愛国主義に傾倒する女性たちを取材した『奥さまは愛国』の著者である北原氏は、安倍総理について、「こんなにカリスマ性のない独裁者ってあり? 男としての魅力はゼロ。愛国にはまる女性たちに話を聞くと、『安倍さんは好きじゃない。でも、お守りしなければいけない人だ』と言うんです。小泉元総理のように『かっこいい!』とはならない」と話し、次のような見解を示した。

 「愛国に走る人たちが、3.11以降に増えたのは間違いない。メディアを信じられなくなり、ネットでいろいろな情報を得るようになった彼らは、政治に向けるべき怒りや不安が、韓国などに向かう。今の日本を否定したら、自分の立場がなくなるほど追いつめられているのではないか。安倍さんを支えているのは、私たちが作り出す空気なのだ」。(後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 10:00 | Comment(23) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

沖縄独立掲げ出馬表明=知事選に会社代表

■沖縄独立掲げ出馬表明=知事選に会社代表(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
11月に想定される沖縄県知事選(12月9日任期満了)で、経営コンサルタント会社代表の大城浩氏(48)は30日、那覇市内で記者会見し、無所属で出馬する意向を表明した。沖縄の独立を掲げており、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設については、反対の立場から「独立すればその話はなくなる」と述べた。
 知事選への出馬表明は大城氏が初めて。現職の仲井真弘多知事は態度を明らかにしていない。野党陣営は6月中の候補者決定に向け選考作業を進めている。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ