2014年05月13日

【中国経済】中国紙「外資系企業が中国市場から撤退するのは企業側の努力不足。中国市場は安泰だ」

■なぜ外資系企業は中国市場から撤退しているのか?その本当の理由とは―中国紙(レコードチャイナ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
2014年5月11日、中国紙・参考消息(電子版)は記事「専門家が分析:外国企業はなぜ中国から撤退するのか?」を掲載した。

近年、一部の外資系企業が中国から撤退する動きが注目を集めている。経済の先行きが不透明になったためではないか。労働コストの上昇が「世界の工場」としての魅力を失わせたためではないか。このように指摘する人も少なくない。

だが、あるチリの経済メディアは異なる専門家の声を指摘している。中国は膨大な生産機械と大量の優秀な人材を有しており、今後10年間は「世界の工場」としての地位が揺らぐことはないという。

それでも中国から撤退する企業が目立つのは、中国の政府との関係を構築できなかったり、消費者のニーズをつかめなかったりという企業自身の問題があるためだ。誤解されがちだが、外資系企業は中国企業と比べて優位だというのは幻想だ。中国に進出した外資系企業で現地企業を上回る競争力を持ち得たのはわずか13%に過ぎない。

また、中国市場に根付くためには相応の投資が必要で、すぐに利益をあげようと思っても困難。利益が出せないとすぐに撤退してしまう企業は考え違いをしていると専門家は指摘する。中国で勝つためには、目先の利を追わず、損失を我慢しつつ長期的な成功を狙うことが必要となる。(翻訳・編集/KT)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【韓国】国立顕忠院に植えられた日本原産の木、すべて植え替えへ

■国立顕忠院に植えられた日本原産の木、すべて植え替えへ=韓国(中央日報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
国立顕忠院に植えられている日本原産の樹木が韓国伝統の樹木に植え替えられる。独立活動家と殉国烈士が埋葬されている顕忠院に日本の木が多く植えられているのは顕忠院建立の趣旨と合わないという指摘を受けたもの。国会は2日に本会議を開き、日本固有の木を交替してほしいという市民団体の請願を採択した。出席214人のうち賛成186人、反対3人、棄権25人だった。

国家的記念施設であるソウルと大田(テジョン)の国立顕忠院には、カイヅカイブキ、ノムラモミジ、サワラ、ホオノキなど15種1万8600本余りが植えられている。全体13万2000株の約14%だ。

文化財返還運動を行っている市民団体は顕忠院の樹木を韓国のものに交替し、国のアイデンティティに対する認識を新たにしようという内容の請願を野党新政治民主連合の金敏基(キム・ミンギ)議員の紹介で昨年6月5日に国会に提出した。請願審査過程で国防部の白承周(ペク・スンジュ)次官は、「カイヅカイブキは樹齢40〜50年になり、植生地域が狭いなど植える条件が不良で改善が必要な部分がある」と話した。樹木交替作業は費用が予算に反映される来年から段階的に行われる。

市民団体の代表を務める慧門(へムン)僧侶は「臨時政府要人をはじめ独立運動のために殉国した義士たちを祀る顕忠院に日本産の樹木を大量に植栽したのは恥ずかしいこと」と指摘した。その上で、「請願通過を契機に国立顕忠院の日本産樹木が除去される契機が設けられたという点から、“日帝残滓清算”を成し遂げる歴史的進展だと考える」と歓迎の意向を明らかにした。

市民団体は、2012年から韓国の植物主権を守る運動を展開してきた別の市民団体とともに史跡や公共機関に植えられた外来種の樹木の移転を推進してきた。

世界的にも国家的記念施設にはその国を象徴する樹木を植え国家的アイデンティティを示すのが普遍的だ。韓国の「史跡総合整備計画の樹立と施行に関する指針」にも史跡整備時に外来種はできるだけ除去し伝統樹木で整備するよう規定している。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【バチカン】潘基文国連事務総長、「韓国訪問で韓半島に癒しや和解のメッセージを」とローマ法王に要請

■【バチカン】潘基文国連事務総長、「韓国訪問で韓半島に癒しや和解のメッセージを」とローマ法王に要請[5/12](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 雨宮◆3.yw7TdDMs sage New! 2014/05/12(月)21:29:59 ID:kynT7lrH5
国連の潘基文(バン・ギムン)事務総長が、フランシスコ法王に、
「癒しと和解のメッセージ」を、韓半島に持って来てほしいと要請した。

潘総長は9日、バチカンで法王と会って、旅客船セウォル号沈没惨事で失意に陥っている
韓国国民や南北間のため、8月に予定されている韓国訪問の際、
「癒しと和解のメッセージ」を伝えてほしいと頼んだと、バチカンラジオや外国メディアが報じた。

潘総長と法王との面談は、約50分間行われ、国連傘下機関のトップ40人あまりも出席した。

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014051222488

【キリスト教】ローマ法王「韓国民、旅客船沈没事故を機に倫理的に生まれ変わることを望む」[4/26]
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1398502742/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | 東亜ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ