2015年08月09日

【琉球新報】「シールズ琉球」15日設立 安保法案NO、集会へ

■【琉球新報】「シールズ琉球」15日設立 安保法案NO、集会へ [H27/8/9](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆sRJYpneS5Y New! 2015/08/09(日)17:40:26 ID:???
県内学生「シールズ琉球」15日設立 安保法案NO、集会へ

 安全保障関連法案に反対する学生グループ「SEALDs(シールズ)の県内の関連組織として
「SEALDs 琉球」が15日発足する。県内の学生を中心に、安保法案反対をはじめ、
名護市辺野古への米軍基地建設や東村高江への米軍ヘリパッド(着陸帯)建設への反対、
自衛隊基地建設の反対活動も展開する。安保法案反対の全国一斉行動に呼応して、
23日には北谷町美浜で千人規模を目指した集会を開く。
 15日に那覇市内で設立会見を開く。
22日午後7時からは、沖縄国際大学の佐藤学教授を招いてサロン(勉強会)を宜野湾市内で開く。

続き 琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-246992-storytopic-3.html


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【国際】「原爆が戦争を終わらせた…わけではない」米国の通説に米英豪メディアが異論

■【国際】「原爆が戦争を終わらせた…わけではない」米国の通説に米英豪メディアが異論 [H27/8/8](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆sRJYpneS5Y New! 2015/08/08(土)23:29:22 ID:???
(略)

◆「原爆が戦争を終わらせたわけではない」
 ワシントン・ポスト紙は、毎週「5つの俗説」として、世間に流布されている通説に対する反論を行っている。
先週の回では、アメリカによる広島・長崎への原爆投下が70年を迎えるにあたり、カリフォルニア大学名誉教授である
グレッグ・ハーケン氏による原爆投下に関する通説への異議を掲載している。

「原爆に関する5つの俗説」として以下のものが挙げられている。
1.原爆が戦争を終わらせた
2.原爆が50万人のアメリカ人の命を救った
3.原爆のほかは日本侵攻しかなかった
4.原爆投下前に日本に警告があった
5.原爆でロシアに対する外交的有利さを得るようタイミングが図られたし、実際に初期の冷戦時には切り札となった

 これらに対し、ハーケン教授は以下のように反論する。
1.最新の研究では、日本政府が終戦への仲介者として期待していたソ連が8月9日に予想外の対日参戦を
開始したことのほうが、日本政府には大きな衝撃であったと結論づけられている。

2.トルーマン米大統領の回顧録では、軍幹部が日本侵攻により50万人のアメリカ人の命が失われたであろうと述べた、
と書かれているが、実際の数はもっと少なかった。スタンフォード大学のバートン・バーンスタイン教授は、
アメリカ統合戦争計画委員会(US Joint War Plans Committee)は日本侵攻による負傷者は19万3000人、
死者は4万人と予測していたと述べている。

3.原爆投下以外にも、通常の爆撃と海上封鎖のほかに2つの選択肢が当時においても考えられていた。
1つは、日本などから政府要人を招き、無人地帯か富士山で爆発させ、威力を見せつける。
これは、その当時に原爆が2つしかなく、デモンストレーションが不発に終わる可能性があるため却下された。
2つ目は、条件付き降伏を受け入れること。日本政府は「天皇を戦争犯罪者としない」という条件を求めていたが、
アメリカ側は無条件降伏を主張したため実現しなかった。

4.7月26日にポツダム宣言が発された後、受諾しなければ「即刻の徹底した破壊」を警告するチラシが投下されたり、
トルーマン大統領がラジオ演説で述べた、今までにないような空からの破壊、といったような警告はあった。
しかし、広島や長崎への具体的な警告はなされていない。原爆を載せた爆撃機の撃墜を恐れたため。

5.実際には、原爆は準備ができ次第すぐに投下されたし、原爆がソ連との外交で切り札になることを望んだ
トルーマン大統領時の国務長官ジェームズ・バーンズ氏は戦後、「彼らは脅かされたりしない」と失望した。

以下略 全文 NewSphere
http://newsphere.jp/world-report/20150806-3/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | マスコミニュース

【政治】「ここまで来るともはや敵国」と日本人は猛反発、国連職員を「慰安婦ミュージカル」に招待した韓国

■【政治】「ここまで来るともはや敵国」と日本人は猛反発、国連職員を「慰安婦ミュージカル」に招待した韓国 [H27/8/8](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆sRJYpneS5Y New! 2015/08/08(土)11:09:49 ID:???
2015年8月7日、韓国国連代表部の招待で国連職員が韓国の慰安婦をテーマとした
ミュージカルを鑑賞したとの報道に日本のネットユーザーが猛反発している。
韓国のネットユーザーが「よくやってくれた」などと称賛しているのに対し、
「ここまで来るともう敵国」との声が上がるほどだ。

韓国・聯合ニュースによると、米ニューヨーク・ブロードウェーで公演中の
韓国の慰安婦をテーマとしたミュージカル「コンフォート・ウーマン(Comfort Women)」
を4日(現地時間)夜、韓国国連代表部の招待を受けた国連職員30人余りが鑑賞した。

国連関係者の一人は鑑賞後、「慰安婦問題を何となく知ってはいたが、
幼い少女がどのようにして無理やり連れて行かれ、どんな生活をしていたか、
ミュージカルを通して初めてはっきりと知り、ショックを受けた」と感想を語ったという。

これについて、韓国のネットユーザーは
「よくやってくれた。ありがとう」
「次の大統領選では、慰安婦問題から解決すると言う人を選ぼう。
今までの政権は日本の顔色ばかり見て終わった」
「韓国は、慰安婦を扱ったちゃんとした映画が一つもない国」
「ミュージカルは目の前で演技するから映画のように編集もできない。
それでもそんなに衝撃的な内容なのか。育ちの良い子に見せたら気絶しそう」
などとコメント。

続き Yahoo!ニュース/Record China 8月8日(土)7時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150808-00000015-rcdc-cn


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 東亜ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ ブログパーツ