2015年08月22日

【中国】中国経済「ボロボロ」・・・世界経済に貢献してきた代償で=中国メディア

■【中国】中国経済「ボロボロ」・・・世界経済に貢献してきた代償で=中国メディア [H27/8/22](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆sRJYpneS5Y New! 2015/08/22(土)08:38:22 ID:???
 中国メディアの参考消息は19日、英BBCの報道を引用し、
中国人民銀行がこのほど人民元を突然切り下げたことについて、
世界に与える影響について紹介しつつ、中国はこれまで世界経済を
安定させるうえで重要な役割を担ってきたものの、
その結果として「中国経済はぼろぼろになった」と論じた。

 記事は、英国の金融グループHSBCの関係者の話として、
2008年に世界金融危機が勃発して以降、中国は世界経済の回復において
「多大なる貢献をしてきた」と伝え、その貢献度合いは世界に比類なき水準だと指摘。
一方、同関係者が「今の中国には過去のような役割を期待できない」と指摘したと伝えた。

続き Yahoo!ニュース/サーチナ 8月21日(金)6時3分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00000003-scn-bus_all


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【社会】「重大な立法権侵害」 憲法研究者65人声明

■【社会】「重大な立法権侵害」 憲法研究者65人声明 [H27/8/22](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆sRJYpneS5Y New! 2015/08/22(土)12:52:56 ID:???
 陸海空の自衛隊の一体運用を担う統合幕僚監部(統幕)が、
法案成立を前提に新たな部隊運用などの資料を作成した問題を受けて、
憲法研究者のグループは二十一日、緊急声明を発表した。
声明は防衛省、自衛隊について「議会制民主主義を軽視し、『軍部独走』の批判を免れない」と指摘。
国会に「厳正な対応」を求めた。

 声明の共同発表者は、六月三日に出された安保法案の廃案を求める声明に賛同した研究者が中心。
二十一日午後までに三輪隆・埼玉大名誉教授、小沢隆一・東京慈恵医大教授、
只野雅人・一橋大教授、稲正樹・国際基督教大客員教授ら六十五人に上った。

続き 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015082202000126.html


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:23 | Comment(6) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【社会】ノルウェーの平和学者「積極的平和には、相手を理解することが重要」横浜で講演

■【社会】ノルウェーの平和学者「積極的平和には、相手を理解することが重要」横浜で講演 [H27/8/22](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆sRJYpneS5Y New! 2015/08/22(土)09:37:32 ID:???
ノルウェーの平和学者 若い世代に向けて講演

(略)
横浜市で21日夜に開かれたイベントには、「平和学の父」と呼ばれる
ノルウェーのヨハン・ガルトゥングさんが若い世代に向けて講演しました。

この中で、ガルトゥングさんは「国会で審議されている安全保障関連の法案は憲法違反だ。
法案が成立すれば日本でテロが起こる危険性もあるだろう。むしろ積極的平和には、
相手を理解することが重要だ」と述べました。

ガルトゥングさんは「積極的平和」を提唱したことで知られていますが、
戦後70年にあたっての総理大臣談話に盛り込まれた「積極的平和主義」とは異なるとして、
若者に向け、「国際問題などを学び、経験を積んだうえで平和のために何ができるかを考えてほしい」と呼びかけました。

以下略 全文 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150821/k10010198441000.html


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:14 | Comment(5) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【中国】東南アジア諸国はなぜ日本の侵略を恨まないのか―香港紙

■【中国】東南アジア諸国はなぜ日本の侵略を恨まないのか―香港紙 [H27/8/21](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆sRJYpneS5Y New! 2015/08/21(金)09:05:11 ID:???
20日付の香港商報は、東南アジア諸国が日本の当時の侵略を
激しく憎まない理由について考察した。中国新聞網が伝えた。

安倍晋三首相の戦後70年談話は周辺国から批判を浴びたが、
第2次大戦中に日本軍国主義に蹂躙されたはずのフィリピンは
批判しなかったばかりか、「日本の戦後の努力」を手放しで称えた。
日本の東南アジアでの占領期間は3年余りと短く、
軍備も他地域と比べて手薄だったため、植民地統治もそこまで
過酷なものではなかっただろうが、「侵略者」であり「植民者」
であったことに変わりはない。

(略)

その背景には現実的な利益だけでなく、歴史的な要因がある。
戦前、これら東南アジア諸国は西洋の植民地となっており、
戦後にようやく独立できた。
客観的に見ると、日本が西洋の植民者を追い出してくれたことになる。
資料によると、旧日本軍は1940年にベトナムでコメ46万8000トンを強制徴収し、
43年にはその量を102万3000トンまで増やした。
インドネシアでも石油資源、マレーシアでもゴム資源など、同様の強奪政策を取っていた。

だが、日本は被植民国から長期的、持続的に略奪を続けるため、
現地の生産を発展させ、奪い尽くさないよう留意した。
戦時中、日本に植民地支配されていた東南アジア諸国の経済が一定の発展を遂げたことが、
日本をひどく恨まない大きな原因となっている。

全文 Yahoo!ニュース/FOCUS-ASIA.COM 8月21日(金)2時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00000004-xinhua-cn

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(9) | TrackBack(0) | 東亜ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ ブログパーツ