2017年02月06日

【社民党】社民、党本部を移転へ 賃料年四千数百万円 党勢低迷、交付金減少で財政難 職員16人の早期退職も

■【社民党】社民、党本部を移転へ 賃料年四千数百万円 党勢低迷、交付金減少で財政難 職員16人の早期退職も[H29/2/6](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=16,おばけありくい,cZy】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. sage New! 2017/02/06(月)08:31:57 ID:FVM
◆社民、党本部を移転へ 賃料年四千数百万円 党勢低迷、交付金減少で財政難 職員16人の早期退職も
[産経ニュース 2017.2.6 07:38]


社民党は、首相官邸近くの民間ビルに入る党本部を5月までに移転させることに
なった。党関係者が5日明らかにした。昨年の参院選で吉田忠智党首が落選するなど
党勢が低迷。頼りの政党交付金の減額で「年内に財政が持たなくなる」(幹部)ため。
永田町を離れて賃料の安い物件を早急に探し、再建を図る。

 社民党は平成25年、旧社会党時代を含め約半世紀「三宅坂」の名称で親しまれた
旧党本部の「社会文化会館」から、現在のビルに移転した。

 幹部によると、現在の党本部は党首室と会議室、職員室などで
約700平方メートル。賃料は年間四千数百万円に上る。

 所属国会議員は4人で、29年の政党交付金は3億9500万円と、前年から
4600万円減少する見込み。

     ===== 後略 =====


全文は下記URLで。
http://www.sankei.com/politics/news/170206/plt1702060009-n1.html


続きを読む
タグ:政治 社民党
posted by nandemoarinsu at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治ニュース

《東京新聞》祖国へ帰れはヘイトスピーチ!!〜『出て行け』といった排除をあおる言葉が差別だ。

■【パヨク法務省見解】《東京新聞》【祖国へ帰れ】はヘイトスピーチ!!〜『出て行け』といった排除をあおる言葉が差別だ。[H29/2/5](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=18,メイジキメラ,UJe】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/02/05(日)13:45:40 ID:7d4
時事名/23都道府県にヘイト具体例 抑止へ法務省

 法務省がヘイトスピーチ対策法の基本的な解釈をまとめ、同法で許されないとした「不当な差別的言動」の
具体例を、
要望があった二十三都道府県の約七十自治体に提示したことが、同省への取材で分かった。
「祖国へ帰れ」などのキーワードを例示。ヘイトスピーチ抑止に取り組む自治体の担当者は「参考になる」と評価している。

 対策法には差別的言動の明確な定義や禁止規定がなく、ヘイトスピーチが多発する川崎市や京都府、
大阪市、神戸市、福岡県など十三自治体が判断基準や具体例を示すよう要望。
憲法が保障する表現の自由を尊重する観点から、集会やデモでの公共施設使用を不許可とする判断は難しく、
対応に苦慮する自治体のニーズに法務省が応えた形だ。

 法務省人権擁護局は「ヘイトスピーチは新しい人権問題。具体例を参考に実情を踏まえた対策を取ってほしい」とし、十三自治体以外にも要望を受けて提供している。

 具体例では「○○人は殺せ」といった脅迫的言動や、昆虫や動物に例える著しい侮辱、
「町から出て行け」などの排除をあおる文言が当てはまるとした。さらに「○○人は日本を敵視している」など
のように、差別的な主張の根拠を示す文言があったとしても、排斥の意図が明確であれば該当すると明示した。

 ヘイトスピーチを事前に規制する施策の策定を目指す川崎市の担当者は「参考にしたい」と話す。

 この問題に詳しい神原元(はじめ)弁護士は「法務省が示した具体例は、ヘイトスピーチの本質である
『出て行け』といった排除をあおる言葉が差別だと明記している」と指摘。「対策法をより実践的に解釈している点で意義がある」と話している。

 法務省が具体例を公表せず自治体の要望で提供する対応にとどめていることについて、
対策法に詳しい弁護士は「法律の抜け道を研究されることを防ぐためではないか」と推測している。

◆「ヘイトスピーチのない社会を」川崎の市民団体 条例制定を訴え

 在日コリアンらの排斥を掲げるヘイトスピーチに反対する川崎市を中心とする市民グループ
「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」は四日、結成一周年記念集会を川崎区で開き、
全国に先駆けた人種差別撤廃条例の制定を訴えた。二百七十人が参加した。

 神奈川県日韓親善協会連合会会長の斎藤文夫元参院議員は「市民一人一人が声を上げ、
川崎からヘイトスピーチのない多文化共生の社会を」と宣言。
ジャーナリスト安田浩一さんは「ヘイトデモは差別の対象となる当事者だけでなく地域を、社会を壊す。
私たちには人と社会と地域を守り抜く義務がある」と講演し、条例制定の必要性を訴えた。

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201702/CK2017020502000108.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(15) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【政治】沖縄の翁長知事がなぜか憤慨「私の訪米中に安倍、マティス両氏が辺野古唯一と決定したのは失礼じゃないか!」

■【政治】沖縄の翁長知事がなぜか憤慨「私の訪米中に安倍、マティス両氏が辺野古唯一と決定したのは失礼じゃないか!」[H29/2/4](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆qQDmM1OH5Q46 sage New! 2017/02/04(土)17:29:36 ID:???
【マッド・ドッグ来日】
沖縄の翁長知事がなぜか憤慨「私の訪米中に安倍、マティス両氏が辺野古唯一と決定したのは失礼じゃないか!」

 【ワシントン=加納宏幸】訪米中の翁長雄志沖縄県知事は3日、ワシントンで記者会見し、
安倍晋三首相とマティス米国防長官が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を唯一の
解決策と確認したことを「(訪米)最終日にマティス、安倍両氏で『辺野古唯一』と決定したことは
沖縄県民に失礼なやり方ではないか」と批判した。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/170204/wor1702040036-n1.html


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 政治ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ