2017年05月07日

【フランス】フランス大統領選、ごく普通の人々が「極右」を志向する理由

■【フランス】フランス大統領選、ごく普通の人々が「極右」を志向する理由 [H29/5/7](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆qQDmM1OH5Q46 sage New! 2017/05/07(日)12:50:18 ID:???
フランス大統領選、ごく普通の人々が「極右」を志向する理由
2017年05月07日 国際

 世界が注目するフランス大統領選挙は、いよいよ5月7日、中道系の前経済相マクロン氏と極右の「国民戦線」党首ルペン氏の間で決選投票が行われる。

 オランダでは3月16日に下院選が行われ、ルッテ首相率いる与党自由民主党と、連立を組む労働党がともに議席を大きく減らした。
自由民主党は第一党を維持するものの、極右政党の自由党が政権奪取に向けて勢いを増してきている。ドイツでも2013年2月に結成された
極右政党である新党AfD(ドイツのためのもう一つの選択)が、まだ議席を取るまでには至っていないが急激に支持を広げてきている。

20世紀に勝利したのは「民主主義」ではなく「資本主義」だった

 彼ら極右に共通した主張は、「反ユーロ」「反難民」「反イスラム」である。

 このような極右勢力が、ナチス・ドイツで学習したはずのヨーロッパでまたしても台頭してきたのはどうしてだろうか。

 それは、20世紀の終わりに向けて顕在化し、21世紀に入って顕著になってきた諸問題(すなわち、戦後体制の転換、経済のグローバル化、
ヨーロッパ統合、格差そして移民・難民問題)によるものだろう。

 20世紀には3つのイデオロギー、「ファシズム」「共産主義」「民主主義」が競った。そして「民主主義は勝利した」とブレジンスキーは書いている。
しかし、真に勝利したのは民主主義ではなく資本主義だった。

 露骨な不平等をつくりだす市場資本主義、グローバリゼーション、そして過度の金融依存。 経済学者ジョセフ・E・スティグリッツは、
“世界に分断と対立(The Great Divide)をばら撒く経済の罠”すなわち“エセ資本主義”によって民主主義は重大な危機に瀕しているという。

続き HARBOR BUSINESS ONLINE 全3ページ
https://hbol.jp/138872



続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 海外ニュース

【話題】目撃!「親がこれじゃ、ろくな大人にならないな」と思った瞬間

■【話題】目撃!「親がこれじゃ、ろくな大人にならないな」と思った瞬間 [H29/5/7](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆qQDmM1OH5Q46 sage New! 2017/05/07(日)12:43:56 ID:???
目撃!「親がこれじゃ、ろくな大人にならないな」と思った瞬間

子は親の背中を見て育つもの。親は自らお手本となって、世の善悪を教えるのがつとめです。
にもかかわらず、「こんな姿を見せたら、むしろ悪影響では」と感じさせる光景を見てしまうことありませんか? 
ここではママたち100人に、自身が見聞きした「この子、こんな親に育てられたら、ろくな大人にならないな」
と感じた瞬間を教えてもらいました。

子どものいたずらをスルー

・「総菜売り場で、幼稚園生ぐらいの子どもがトングを振り回し、コロッケや揚げ物をさんざん落として遊んでいた。
やっと現れた母親が、叱るでもなく『早く! 行くよ!』と逃げるようにその場を去った。最低だと思った」(34才・専業主婦)

・「スーパーの棚からお菓子を手にしていた子どもが、勝手に包みを開いて口に入れようとしていた。
母親はだまって取り上げ、親が包み直して元の棚に戻し、『行くよ』と子どもを引っ張って行った現場を目撃。
何が悪いのかの説明もなく、その後は普通に買い物」(68才・専業主婦)

続き livedoor news/2017年5月6日 18時35分 暮らしニスタ
http://news.livedoor.com/article/detail/13027902/


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【米中】中国、米太平洋軍司令官の更迭要求 北朝鮮圧力の見返り

■【米中】中国、米太平洋軍司令官の更迭要求 北朝鮮圧力の見返り [H29/5/6](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆qQDmM1OH5Q46 sage New! 2017/05/06(土)21:54:41 ID:???
中国、米太平洋軍司令官の更迭要求 北朝鮮圧力の見返り

 中国の習近平指導部がトランプ米政権に対し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力を強める見返りとして、
米中が対立している南シナ海問題などで対中強硬姿勢を示すハリス米太平洋軍司令官(海軍大将)を更迭するよう
求めていたことが6日、分かった。米中関係筋が明らかにした。

 ハリス氏は日系米国人。先月、原子力空母カール・ビンソンに北朝鮮付近へ向かうよう命じるなど、
太平洋地域の安全保障の実務をつかさどる。主権国にとって軍司令官人事は内政の重要事項で、
他国が更迭を求めるのは外交上極めて異例だ。

続き 産経ニュース/共同通信
http://www.sankei.com/world/news/170506/wor1705060036-n1.html


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【朝日】オウム事件「共謀罪あってもお手上げ」法案賛成の国松氏

■【朝日】オウム事件「共謀罪あってもお手上げ」法案賛成の国松氏 [H29/5/6](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆qQDmM1OH5Q46 sage New! 2017/05/06(土)11:24:48 ID:???
オウム事件「共謀罪あってもお手上げ」法案賛成の国松氏
聞き手・後藤遼太2017年5月4日17時07分

 政府が「テロ対策」の呼び声のもと成立を目指す「共謀罪」法案によって、テロ犯罪を防ぐことができるのか。全国の警察トップとしてオウム事件などの捜査を指揮したほか、
自身も狙撃事件というテロの対象になった国松孝次・元警察庁長官(79)に聞いた。


 ――政府が「テロ等準備罪」と説明している、共謀罪の趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法の改正は必要か。

 共謀罪でもテロ等準備罪でも、どちらの呼び方でもいいよ。21世紀の警察は組織犯罪との闘い。組織犯罪に限っては、手遅れになる前に共謀段階で捕らえなければいけない。
私は共謀罪は必要な法律だと思う。

 ――政府は「テロ等準備罪と共謀罪は別。共謀だけでなく『準備行為』がないと処罰しない」と説明する。

 私は、国際組織犯罪防止条約はマフィア対策だとずっと聞いていたから、「テロ対策」と急に言われて「へえ」と思った。「準備行為が必要」というのも、「へえ」だね。

 共謀するという行為を罰するわけだから、やっぱり共謀罪だ。共謀した段階で捜査が介入することが大切。他国と歩調を合わせて共謀段階を取り締まるというのが筋だと思う。

 ただ、テロ集団も組織犯罪には変わりないわけだし、五輪前でテロについて関心が高まる中で、政府のやり方が「けしからん」というほどでもない。

 ――赤軍派やオウム事件の捜査を指揮し、テロと相対してきた。

 警視庁本富士署の署長だった1969(昭和44)年、庁舎が赤軍派に襲撃される事件があった。襲撃前に別の場所で幹部らが謀議をしていたのはつかんでいたから、
当時共謀罪があれば「御用」にできた。

 一方で、オウム事件や自分が狙撃された事件は、共謀罪があってもお手上げですな。「警察は情報を持っていなかったではないか」と言われればその通り。分からなかった。

 ――だとすると、共謀罪ができても情報収集体制が整っていないとテロを防げないのでは。

 情報収集が大事なのはおっしゃる通り。同時並行でやるべきですな。法律をつくっても手段がなければどうしようもない。警察に手段を与えないで「取り締まれ」と言っても、
できないでしょう。通信傍受や司法取引など、証拠集めのための色々な捜査手段の整備、充実をやるべきだ。

続き 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASK4Q7HXBK4QUTIL01Y.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | マスコミニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ