2017年06月17日

【朝日デジタル】津田大介「ネットは議論の場ではなくなった。「共謀罪には反対」という層は左右両方からたたかれ、どんどん細った。」

■【朝日デジタル】津田大介「ネットは議論の場ではなくなった。「共謀罪には反対」という層は左右両方からたたかれ、どんどん細った。」[H29/6/17](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=13,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/06/17(土)07:56:18 ID:IIL
記事名/ネット議論に表れる「ポスト真実」の時代 津田大介さん
聞き手・岩崎生之助2017年6月16日22時46分

 15日に採決が強行され、自民、公明、維新の賛成で成立した「共謀罪」法をめぐっては、SNS上でも賛否がわかれ、
感情的なコメントの応酬もみられた。ネットと政治の関係に詳しいジャーナリストの津田大介さん(43)に、今回の議論について聞いた。
 「共謀罪」については、ネットでも盛んに議論が交わされた。反対意見が相次ぐ一方、「野党は審議拒否をするな」といった
反対する側への批判も目立った。でも、国会の議論を見れば、野党議員は法理論的な細かい指摘も行っていた。
政権がまともに答えなかったというのが実情だ。

 客観的な事実より、感情的な訴えかけの方が世論形成に影響を与える時代。「ポスト真実」の特徴が表れている。
「共謀罪」がなければ「五輪を開けないと言っても過言ではない」といった明らかなウソが信用される。
昔は無視されたような言説が、物言わぬ多数派を取り込みつつある。

 ネットは議論のプラットフォームではなくなりつつある。自分が信じたい結論が先にあり、それに合致する情報を探し出す。
特にツイッターでは、考えが近い人をフォローするから利用者の二極化が進む。
政権を支持する人は共謀罪に賛成、支持しない人は反対とはっきり分かれる。
「経済政策では政権を支持するが、共謀罪には反対」という層は左右両方からたたかれ、どんどん細っていく。

 「共謀罪」をめぐる議論の本質…

残り:794文字/全文:1352文字

◎朝日デジタル 6月16日
(全文閲覧するには、ログインが必要です。)
http://www.asahi.com/articles/ASK6H7W7GK6HULZU00V.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:43 | Comment(7) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【朝日デジタル】石破茂、野田聖子、村上誠一郎、中谷元ら自民40人が【「脱アベノミクス」勉強会を結成】会長には野田毅・前党税制調査会長が就任

■【朝日デジタル】石破茂、野田聖子、村上誠一郎、中谷元ら自民40人が【「脱アベノミクス」勉強会を結成】会長には野田毅・前党税制調査会長が就任 [H29/6/16](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=13,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/06/16(金)13:39:41 ID:0Q9
記事名/自民40人が「脱アベノミクス」勉強会 経済政策を懸念

藤原慎一、古賀大己2017年6月15日20時59分

 自民党内で安倍晋三首相に距離を置く議員を中心に結成した「脱アベノミクス」を考える勉強会が15日、国会内であり、
石破茂、野田聖子両氏ら来秋の総裁選をにらむ議員も出席した。経済政策で首相への対抗軸を打ち立てる勢力に広がるかが注目される。

 「財政・金融・社会保障制度に関する勉強会」と名付け、会長には消費増税の延期をめぐり首相と対立した
野田毅・前党税制調査会長が就任。5月16日の初回会合に続き、この日は2回目の会合。
主催者発表で40人の国会議員が出席し、異次元の金融緩和に対する懸念をぶつけ合った。

 あいさつで野田毅氏は「企業レベルでも個人レベルでも、将来への不安が世の中に充満している」と指摘。
講師に招いた元日本銀行理事の早川英男氏は、日銀のマイナス金利政策を「限界に来ている」と批判した。

(中略)

 勉強会を仕掛けたメンバーには、村上誠一郎・元行革相、中谷元・前防衛相ら、首相が消費増税を2度にわたって先送りしたことに
批判的な立場を取る議員が多い。村上氏は加計学園問題でも首相に厳しい指摘を繰り返している。

 野田聖子氏の呼びかけに応じて初めて出席した石破氏は会合後、「これから日本が迎える状況は極めて危機的だ」と強調。
「言うべきことを言わないのは、自分の取るべきやり方ではない」と記者団に語った。

 ただ、首相出身派閥である細田派の塩谷立・元文部科学相や額賀派会長の額賀福志郎・元財務相も出席するなど勉強会は必ずしも
「非安倍」一色とはいえず、首相への対抗軸につながる動きになるかは未知数だ。(藤原慎一、古賀大己)

朝日デジタル 6月16日
http://www.asahi.com/articles/ASK6H4HBNK6HUTFK00P.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(11) | TrackBack(0) | 政治ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ