2017年08月02日

【朝日デジタル】《社説》 稲田氏まで隠すのか!稲田氏を国会に呼び、問題を解明するのは与党の当然の務めだ!!

■【朝日デジタル】《社説》 稲田氏まで隠すのか!稲田氏を国会に呼び、問題を解明するのは与党の当然の務めだ!! [H29/8/2](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=7,マクロべータ,WlN】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/08/02(水)10:44:48 ID:???

■ソース元記事名/(社説)陸自日報問題 稲田氏まで隠すのか

朝日新聞デジタル
 公開すべき文書を隠し、調査では事実関係をあいまいにして、果ては稲田前防衛相まで覆い隠そうというのか。

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の日報問題で、自民党が、衆院安全保障委員会の閉会中審査への
稲田氏の出席を拒否すると民進党に伝えた。

 耳を疑う。即刻、これを撤回し、委員会に稲田氏を参考人として招致すべきだ。

 「大臣を辞任し、一番重い責任の取り方をした」。自民党の竹下亘国会対策委員長はそう述べたが、辞任しても国会に呼ばない理由にはならない。

 稲田氏はこの問題の直接の責任者であり、虚偽答弁が疑われている。問題を調べた特別防衛監察の結果は国会閉会後の
7月末になってようやく公表され、同時に稲田氏が辞任した。

(中略)

 「丁寧な説明」を誓った首相の言葉は「期間限定」だったのか。辞任後も稲田氏をかばい続けているとすれば、
この問題に厳しい目を向ける民意を無視していると言うほかない。

 真相究明がうやむやでは再発防止策はたてられない。情報公開や文書管理、文民統制をめぐる議論も深める必要がある。

 稲田氏の招致を拒否する方針に、野党は「最悪の隠蔽(いんぺい)工作だ」と反発している。
多くの国民も同じ思いだろう。自民党は批判を真摯(しんし)に受け止め、隠蔽を重ねるような振る舞いを改めるべきだ。

 ところが自民党の姿勢は、全く後ろ向きだ。国防部会では「そもそも日報を公開するべきではなかった」との意見が続出した。
情報公開法の開示義務違反と結論づけた監察の判断と正反対で、国民に説明を尽くそうとする態度からはほど遠い。

 二階俊博・自民党幹事長の発言が、安倍政権下の党の体質を象徴している。

 「自民党がいろいろ言われていることは知っている。だけど、そんなことに耳を貸さないで我々は正々堂々頑張らなくてはならない」

 国民に向き合わず、誰に対して「正々堂々」なのか。稲田氏を国会に呼び、質疑を通じて問題を解明する。政権与党として当然の務めである。

朝日デジタル 2017年8月2日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S13067206.html
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:00 | Comment(1) | マスコミニュース

【社会】外国人患者、8割の病院に 入院は6割、厚労省調査

■【社会】外国人患者、8割の病院に 入院は6割、厚労省調査[H29/8/2](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 トト◆53THiZ2UOpr5 sage New! 2017/08/02(水)18:55:10 ID:???
外国人患者、8割の病院に 入院は6割、厚労省調査
2017/8/2 10:43

 2015年度に在日外国人や外国人旅行者を患者として受け入れた医療機関は
79.7%に上り、入院患者として扱った医療機関も58.5%に上ることが2日までに、
厚生労働省が初めて実施した全国調査で分かった。医療通訳を利用したところは
一部にとどまっており、訪日外国人が大幅に増える中、体制整備が課題として
浮かび上がった。

(下略)

※全文は日経新聞でご覧下さい。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H5V_S7A800C1000000/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:16 | Comment(0) | 国内ニュース

【経済】子供医療費、自治体が歯止めなき補助競争

■【経済】子供医療費、自治体が歯止めなき補助競争[H29/7/31](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 トト◆53THiZ2UOpr5 sage New! 2017/08/01(火)10:54:47 ID:???
子供医療費、自治体が歯止めなき補助競争
2017/7/31 23:32

 市区町村が住民に医療費を補助するサービスが急拡大している。入院費では
小学生に加え、中学生と高校生まで対象とする自治体が1570弱と10年前の15倍
に増加。全自治体の9割を占め、一部は大学生にも広げ始めた。人口減が進む中、
独自補助で子育て世帯を争奪し合う構図だが、安易な受診を増やし医療費膨張
につながる副作用は深刻だ。財源は国費で穴埋めされており、(下略)

※全文は日経新聞の会員ページでご覧下さい。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS19H0B_R30C17A7EA2000/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(3) | 国内ニュース

【東京新聞】 《社説》 まず北朝鮮との軍事会談を開いて連絡し合うべきだ!!

■【東京新聞】 《社説》 まず北朝鮮との軍事会談を開いて連絡し合うべきだ!![H29/8/1](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=7,マクロべータ,WlN】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/08/01(火)12:18:01 ID:???
■ソース元記事名/北ICBM 偶発的衝突を防がねば

 北朝鮮が二回目の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射をした。米韓両軍はすぐ韓国内でミサイル発射演習を実施してけん制した。
緊張が高まる今こそ、偶発的な衝突を防ぐ対策が必要だ。

 ミサイルは北海道・奥尻島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。
高角度のロフテッド軌道で打ち上げたが、米専門家らには、通常の軌道なら米中西部にまで届くとの見方がある。

 大気圏再突入や弾頭の誘導システムなど技術面の課題は残るが、今回は事前探知が難しい深夜に発射し、
ICBM開発がさらに進んだと見ざるを得ない。

 米国は日韓と共に、軍事的圧力を北朝鮮に誇示してけん制した。米B1戦略爆撃機二機と航空自衛隊のF2戦闘機二機が三十日、
九州から朝鮮半島の空域で共同訓練を実施した。続いて米B1機は韓国空軍機とも訓練を行った。

 懸念されるのは、朝鮮半島で偶発的な衝突が起きることだ。
米韓と北朝鮮が軍事力を誇示して相対する状態では、誤った情報や判断、さらに過剰な反応によって、局地的な衝突が起き、
拡大する可能性はゼロではない。

 東アジア全体が危機に直面しないよう、対策を急がなくてはならない。韓国政府が提案したように、まず北朝鮮との軍事会談を開いて、
軍当局間の「通信回線」を正常化させ、緊急事態には連絡し合う態勢を築くべきだ。

(以下略)

東京新聞 7月31日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017073102000127.html


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 09:00 | Comment(4) | マスコミニュース

【AERA dot.】 津田大介「ネットの「世論」は作られたものだ!」

■【AERA dot.】 津田大介「ネットの「世論」は作られたものだ!」[H29/7/31](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=7,マクロべータ,WlN】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/07/31(月)11:48:58 ID:???
■ソース元記事名/津田大介「自動プログラムに左右される世論や政治」

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。
津田氏はネットの「世論」は作られたものだと警告する。

*  *  *
 英オックスフォード大学のインターネット研究所のチームが6月、ある調査結果を明らかにした。
世論操作を目的にフェイクニュースを作成し、特定の人物を攻撃するプログラム──「ボット」の存在が、
世界各国の政治に影響を与えているというのだ。

 ここ2年ほど米国、ドイツ、カナダ、ロシア、ウクライナ、中国、台湾、ブラジル、ポーランドについて、
選挙や国家安全保障といった話題を巡りソーシャルメディア上でどのような議論が行われているのか、数千万件の投稿を分析した。
その結果、ロシアを中心に世論操作を目的としたフェイクニュースや政治的プロパガンダが自動プログラムによって作られ、
世論形成に影響を与えていることが明らかになった。

 研究チームのフィリップ・ハワード氏によると、ロシアのサンクトペテルブルクには世論操作を専門に行う施設があり、
そこでは数百万ドルの予算が投じられ、数百人の工作員が日夜様々な国を対象とした世論操作を行っているという。
先日あったフランス大統領選でも、この部隊が暗躍していたのだろう。

(以下略)

AERA dot. 更新 2017/7/31 11:30
https://dot.asahi.com/wa/2017072800042.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(7) | マスコミニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ