2018年02月06日

【国内】滋賀県・衆院選で不正:「数百票足らない」→「白票で水増ししとけ。確定!」→未開封の投票箱発見、そのまま廃棄

■【大不祥事】滋賀県・衆院選で不正:「数百票足らない」→「白票で水増ししとけ。確定!」→未開封の投票箱発見、そのまま廃棄 → 白票は1236票[H30/2/6](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2018/02/06(火)15:20:27 ID:???
◎記事元ソース名/衆院選の白票、市選管職員が数百票水増し

滋賀県甲賀市選挙管理委員会は5日、昨年10月の衆院選滋賀4区の開票作業で、開票事務に従事した市選管書記ら3人の職員が
白票を不正に数百票増やしていたと発表した。

(中略)

県選管は「選挙結果に影響はないものの、公職選挙法に抵触する恐れがある」としている。

県選管によると、昨年10月22〜23日の開票作業中、投票数が数百票足らないことに気付き、
未使用の投票用紙を無効票に紛れ込ませて水増しし、23日午前2時5分に確定処理した。

その後、投票箱を片づける際、未開封の投票箱を発見したが、作業が終了していたため、
投票箱の投票用紙をそのまま廃棄したという。

[読売 2018.2.5]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00050062-yom-soci
−−−−−−−−

◎記事元ソース名/足りない数百票、勝手に白票扱い 甲賀市、衆院選で不正

(前略)今月1日に同市長あてに情報提供があり、市が調べて発覚。市選挙管理委員長は、関与したとみられる
職員3人は公職選挙法などに抵触する恐れがあるとみている。職員3人は5日に滋賀県警甲賀署に経緯を届け出たという。

甲賀市の投票総数は4万7851票で、うち無効投票は県内で最多だった大津市の2490票に次ぐ2063票。
白票は1236票だったという。県選管は「残念でならない。あってはならないことだ」としている。

[朝日 2018.2.5]
https://www.asahi.com/articles/ASL256HPGL25PTIL01Z.html
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:08 | Comment(5) | 国内ニュース

【民進党大会】 大塚耕平代表、党名変更も検討 「『このままの名前では難しい』と思っている方もいる」

■【民進党大会】 大塚耕平代表、党名変更も検討 「『このままの名前では難しい』と思っている方もいる」[H30/2/5](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2018/02/05(月)11:08:42 ID:???

 民進党の大塚耕平代表は4日午後の定期党大会後の記者会見で、「民進党」の党名変更の可否を検討する姿勢を示した。

(中略)

(党名変更の可否を)検討することも必要になるかもしれない」と語った。

産経web/2018.2.4 15:51
http://www.sankei.com/politics/news/180204/plt1802040013-n1.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 13:00 | Comment(2) | 政治ニュース

【朝日デジタル】辺野古移設に反対する名護市民は、世論調査では6割を超える。なぜ、移設を事実上容認する「とぐち武豊氏」を選んだのか。

■【朝日デジタル】辺野古移設に反対する名護市民は、世論調査では6割を超える。なぜ、移設を事実上容認する「とぐち武豊氏」を選んだのか。[H30/2/5](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2018/02/05(月)08:11:49 ID:???

◎記事元ソース名/民意支えに移設反対の翁長知事、苦境に 稲嶺氏落選
那覇総局長・上遠野郷2018年2月5日05時06分

 辺野古移設に反対する名護市民は、世論調査では依然6割を超える。ではなぜ、移設を事実上容認する渡具知(とぐち)武豊氏を選んだのか。

 自分たちの市に造られようとしている基地の問題を、自分たちで決められない。稲嶺進氏が再選された
4年前の名護市長選以降、市民は知事選や2度の衆院選、参院選でいずれも「移設反対」を訴える候補を選んできた。

しかし安倍政権は「辺野古移設が唯一の解決策」と繰り返し、昨年4月からは移設工事を本格化させた。
国と県の話し合いは途絶えたままだ。

 さらに、沖縄では米軍機の事故やトラブルが相次いでいる。そのたびに沖縄は抗議しているが、
米軍機はすぐに頭上を飛び、日本政府は追認する。

 ある市民が言っていた。「移設に反対する稲嶺氏は正しい。辺野古が止まる可能性があるなら投票する。でも、無理でしょう」

 民意を「無視」され続け、基地建設が目の前で進む。
そんな中、新顔の渡具知氏は子育て支援や観光振興を中心に訴え、政府に対しては「東京に足を運び、市民のために
予算を要求する」と主張した。
たとえ「移設容認」「条件闘争」だったとしても、自分たちの意見を政策に反映させたい。
そして生活を少しでも豊かにしたい――。渡具知氏の勝利は、市民がそう考えた結果といえる。

 稲嶺氏の落選で、民意を支えとして移設反対を訴えている翁長雄志(おながたけし)知事は、苦しい立場となった。

(以下略)

朝日デジタル/2月5日
https://www.asahi.com/articles/ASL233R58L23TPOB004.html
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 12:17 | Comment(1) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ