2018年04月05日

【触らない痴漢】嫌疑に防衛策は…両手でつり革でもアウト 女性が近づいてきたら背中を向けて目をつむる

■【触らない痴漢】嫌疑に防衛策は…両手でつり革でもアウト 女性が近づいてきたら背中を向けて目をつむる(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ sage New! 2018/04/05(木) 20:22:56.29 ID:CAP_USER9.net
「触った」「いや触ってない」……そんな痴漢トラブルに巻き込まれるのは御免だと、真面目な男性たちは両手をバンザイするなど涙ぐましい努力を重ねてきた。
.
しかし、そんな“防衛策”は通用しなくなるかもしれない。「触ってなくても痴漢です」と言われる時代がやってきた。昨今ネットで話題となったのが「女性のにおいを嗅いだだけで痴漢」という件である。
.
痴漢検挙の根拠は刑法によって定められている「強制わいせつ罪」と各地方自治体が定める「迷惑防止条例」だ。
.
「東京都や大阪府などの迷惑防止条例では『卑わいな言動』も禁止されています。接触があったかなかったかが判断基準ではないのです。この解釈次第では、満員電車で顔が近づいただけ、電車で後ろに立っただけでも、女性から感じが悪いと主張されれば、検挙される可能性があります」(痴漢事件に詳しい弁護士の生駒巌氏)
.
これまで、男性が痴漢などのあらぬ疑惑をかけられないように満員電車乗車時にはいくつかの防衛策があった。
.
●両手でつり革を持ち続ける
●常に腕を組んだままにする
●両手でカバンを持つ
.
などだが、いずれも「触っていない」ことを証明するためのもの。こうした防衛策も通用しなくなる。
.
では、「匂いを嗅いだかどうか」や「いやらしい目で見たかどうか」が裁判の争点になった場合、お互いにどう立証することになるのか。銀座ウィザード法律事務所の代表、小野智彦・弁護士が言う。
.
「女性側は『匂いを嗅がれた』という主張だけで戦えるでしょうが、男性側は『嗅いでいない』ということを立証しなければならず、至難の業だと思います。
.
かつて、『触れた』容疑をかけられ勾留された人の無罪を証明するために、実際に事件のあったJR埼京線の車両に乗り、証言をもとに2人の立っていた位置の距離をメジャーで測り、手が届くかどうかを検証しました。しかし、触ってもいない痴漢容疑の場合、こうした検証による反論もできません」
.
迷惑防止条例違反で有罪判決を受ければ「6月以下の懲役又は50万円以下の罰金」に処せられる。勾留されて無断欠勤などになれば会社に知られてしまうし、家庭が崩壊する可能性もある。
.
巻き込まれないための対策はあるか。数多くの痴漢容疑者の弁護を担当してきた弁護士の甲本晃啓氏が言う。
.
「電車内で女性のすぐ近くに立たないというのが、唯一の防衛策と考えられますが、満員電車では難しいでしょう。女性が近づいてきたら背中を向けて目をつむり、次の駅で降りて乗り換えるなどしか、策は考えつきません」
.
もはや“男性専用車両”の登場が冗談抜きで待たれる時代になった。
.
※週刊ポスト2018年4月13日号

2018.04.05 16:00
NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20180405_664155.html

関連スレ
【触らない痴漢】決め手は女性側が不快と思うかどうか…“目が合っただけ”で痴漢の容疑がかけられることも★6
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1522749863/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:14 | Comment(6) | 国内ニュース

【文書】大阪航空局などの機密文書840枚が大阪市内の路上に散乱。国土交通省が発表

■【文書】大阪航空局などの機密文書840枚が大阪市内の路上に散乱。国土交通省が発表(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 記憶たどり。 ★ sage New! 2018/04/04(水) 12:57:19.93 ID:CAP_USER9.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000027-mai-soci

国土交通省は4日、大阪航空局と気象庁大阪管区気象台の廃棄書類約840枚が大阪市内の路上に
散乱していたと発表した。国交省は散乱文書を回収したが、個人情報が書かれた機密性の高い
内部文書も含まれていた。

国交省によると、文書は航空局や気象台で作成された危機管理マニュアルなど。
個人情報が記載された連絡網も含まれていた。

2日午後0時20分ごろ、大阪市北区西天満1の交差点で、通行人から「路上に書類が落ちている」と連絡があった。
廃棄書類を処理する民間業者が車で運搬中に落とした可能性がある。外部に流出していないか調べる。

機密性のある文書は裁断などが必要だが、一般ごみとして捨てられており、経緯を調査している。
国交省は「文書の散乱は誠に残念で、再発防止につとめる」との談話を出した。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(3) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ