2018年10月04日

自衛隊の河野統幕長「自衛艦旗は海上自衛官の誇り。降ろすことは絶対にない」 韓国の「旭日旗」掲揚自粛を拒否

■自衛隊の河野統幕長「自衛艦旗は海上自衛官の誇り。降ろすことは絶対にない」 韓国の「旭日旗」掲揚自粛を拒否(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ひろし ★ sage 2018/10/04(木) 20:43:30.45 ID:CAP_USER9.net
 自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長は4日の記者会見で、韓国側が求めている国際観艦式での自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛について拒否する考えを示した。「海上自衛官にとって自衛艦旗は誇りとしての旗だ。降ろしていくことは絶対にない」と強調した。「自衛艦旗については法律上、規則上、掲揚することになっている」とも述べた。

https://www.sankei.com/politics/news/181004/plt1810040010-n1.html


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:54 | Comment(3) | 国内ニュース

【菅官房長官】柴山文科相の“教育勅語”発言に「コメント控える」 立憲・辻元氏(衆大阪10区)「昔だったらすぐクビ。言語道断」

■【菅官房長官】柴山文科相の“教育勅語”発言に「コメント控える」 立憲・辻元氏(衆大阪10区)「昔だったらすぐクビ。言語道断」★3(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ sage New! 2018/10/04(木) 17:50:04.96 ID:CAP_USER9.net
※夜の政治スレです

菅義偉官房長官は3日の記者会見で、教育勅語について「日本国憲法及び教育基本法の制定をもって、法制上の効力は喪失していると考えている。政府としては、積極的に教育勅語を教育現場に活用しようという考えはない」と述べた。

柴山氏の発言そのものは「承知しておらず、コメントは控えたい」とし、真意の確認などは「必要はない」とした。政府は昨年3月、「憲法や教育基本法等に反しないような形で教材として用いることまでは否定されることではない」との答弁書を閣議決定。翌4月には「政府として教育の場における活用を促す考えはない」との答弁書を閣議決定している。

一方、野党は柴山氏の発言に一斉に反発。共産党の志位和夫委員長は記者団に「教育勅語は、いったん大事が起こったら天皇のために命を投げ出す、ここに核心がある。大臣は基本点を理解していない。非常に重要な発言だ」と批判した。

立憲民主党の辻元清美国会対策委員長は「認識違いが甚だしい。昔だったらすぐクビですよ。言語道断だ」。社民党の吉川元(はじめ)幹事長も、衆院で1948年に排除決議した点に触れ、「排除されたものを、教育をつかさどる文科相が『良いところがある』なんて言うのはまさに憲法違反だ」と資質を疑問視した。(岡村夏樹、山岸一生)

2018年10月3日19時35分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLB35FDWLB3UTFK00V.html

関連スレ
【柴山文科相】戦前の教育で使われた“教育勅語” 「アレンジして教えていこうという動き、検討に値する」★4
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538546926/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:57 | Comment(0) | 国内ニュース

【野放し】小学生女児や女子高校生らに、上下黒っぽい服を着た自転車の男が「パンツ、パンツ」と声掛け。福岡市南区長住

■【野放し】小学生女児や女子高校生らに、上下黒っぽい服を着た自転車の男が「パンツ、パンツ」と声掛け。福岡市南区長住(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 記憶たどり。 ★ sage New! 2018/10/03(水) 16:26:33.83 ID:CAP_USER9.net
https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/454693/

福岡南署によると、2日午後5時ごろから同8時ごろまでの間、福岡市南区長住2丁目付近で、
小学生女児や女子高校生らに対し、自転車に乗った男が「パンツ、パンツ」と声をかけるわいせつ事件が発生した。
男は年齢70代くらい、中肉、上下黒っぽい服を着用し、黒色自転車に乗っていたという。


関連スレ

【社会】自転車の小学生女児を、黄土色帽子と黄土色半ズボンの男が「パンツ、パンツ」と声を掛けながら自転車で追う。福岡市南区長住
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537234097/
2018/09/18(火) 10:28:17.44

https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/450449/
福岡南署によると、17日午後6時ごろ、福岡市南区長住3丁目付近で、自転車で通行中の
小学生女児が後方から自転車で追いかけてきた男に、「パンツ、パンツ」と声をかけられた。
男は年齢70代くらい、黄土色帽子、青色七分袖シャツ、黄土色半ズボンを着用し、
黒色自転車に乗っていたという。

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(1) | 国内ニュース

【ミャンマー】「首長族」消滅の危機 若者の深刻な“首輪離れ”

■【ミャンマー】「首長族」消滅の危機 若者の深刻な“首輪離れ”(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ sage New! 2018/10/03(水) 20:51:56.63 ID:CAP_USER9.net
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181003-00010009-fnnprimev-000-view.jpg

5歳からつけ始め、数を増やしていく“首輪”には不便も

東南アジアの国、ミャンマー。
記者が訪れたのは、日本からも直行便が飛ぶ最大都市ヤンゴンから国内線に乗り換えて、約1時間ほどのところにあるカヤー州パンペット村。
数百年の歴史をもつ「首長族」が暮らす村だ。

出迎えてくれたのは、鳥に餌をやる女性だ。
その首には、幾重にも巻かれた金色のリングがあった。

女性たちが真鍮でできた首輪を巻くという独特の風習を持つ少数民族「首長族」。
現在、ミャンマーの他、国内での紛争を逃れた一部が隣国タイに避難し、保護されている。
ミャンマーでは「カヤン」と呼ばれ、首が長ければ長いほど美しいとされている。
5歳から10歳ころに6個から10個ほどの首輪をつけ始め、その数を増やしていくのだ。

こうして50年以上も首輪をつけているムー・タンさん(68)は、首長族の長老の1人。
とはいえ、首輪をつけたままの生活に不便がないわけではない。

首を保護するため、寝るときは高い枕を使い、横を向いて寝るという。
さらに、「首がかゆい」と感じた時は、アクセサリーとして身に着ける棒を孫の手代わりに使っていた。
.
近代化で美意識に変化「勉強の妨げになる」とも

ムー・タンさんが暮らすこの秘境の村では、女性の首を長くする伝統が数百年もの間、守られ続けてきたが、村ではその伝統を揺るがす大きな問題が起きていた。
それが、若い世代に広がる深刻な首輪離れ。

16歳の少女は「学校に行っているのでつけません。興味もありません」と語った。
さらに、19歳の少女も「16、17歳の時に首輪を外しました。現代っ子だから、首輪はしません」と話す。

ミャンマーに押し寄せる近代化の波によって首輪に対する美意識は薄れ、実生活への支障も首輪離れに拍車をかけているというのだ。

一見すると、そこまで重そうには見えない首輪だが、その重量は5kgもあった。
真鍮製のリングは硬く、容易に外すことはできない。首や足首など、全身につけたリングの重さは10kg近くになることもあるという。

生後3か月の子どもを育てるパンペット村のム・ニーさん(21)も、つけていた首輪を外した女性の1人だ。
勉強の邪魔になったことが、その決断の理由だった。

「17歳の時に一生懸命勉強をしなくてはならなくて、首輪を外しました。両親は何も言わず、理解してくれました」
ム・ニーさんの夫は、「首輪があってもなくても彼女が好きです」と言う。

しかし、首長族の伝統を支えてきた高齢の世代は、廃れゆく文化に危機感を募らせている。
長老の1人であるムー・タンさん(68)は、「孫には『首輪をつけない』と言われました。『教育を受けたいから』と」と言い、ムー・ダンさん(70)も「次の世代が伝統を継承できないのは悲しいことです」と語った。

再びつけることを決めた女性たち…新タイプの首輪も登場

薄れる伝統への価値観。こうした中、パンペット村に変化の兆しも現れつつある。

ミャンマー政府は、首長族の村に外国人観光客が訪問することを6年前に解禁した。
さらに、少数民族ロヒンギャへの迫害で欧米諸国からの旅行者が減少する中、10月からは、日本人や韓国人、中国人の観光ビザを1年間免除し、さらなる観光客を誘致した。
近代化を進める上で、首長族は貴重な外貨収入を得られる観光資源と位置付けているのだ。

こうした動きを受け、一度は首輪を外した女性たちが、再びつけることを決断していた。
「観光収入につながれば」と子どもの頃に外した首輪を再びつけることにしたム・ボアクさん(17)。

※省略

こうした首輪をつけるのをやめた女性たちのために、最近では、2つのパーツに分かれた着脱可能な新しいタイプの首輪も登場している。

かつては、美しさと富の象徴でもあった首輪。
しかし、ミャンマーのカヤン州などに20〜30年前までは数百人いた首長族の女性は、いま大幅に減少している。
国に押し寄せる近代化の波にもがきながら、首長族の村は必死に生き残りを図っている。

10/3(水) 19:56
FNN PRIME
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00010009-fnnprimev-asia&p=1
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(1) | 海外ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ