2019年01月22日

【政府と国民は分けましょう】国際政治学者・三浦瑠麗氏、韓国人の渡航制限は「日本が自身の首を絞める。何の得があるのか」

■【政府と国民は分けましょう】国際政治学者・三浦瑠麗氏、韓国人の渡航制限は「日本が自身の首を絞める。何の得があるのか」★6(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ sage New! 2019/01/22(火) 18:48:41.96 ID:PRGKKT7H9.net
※韓スレ

テレビコメンテーターとしても活躍する国際政治学者の三浦瑠麗氏(38)が、韓国海軍のレーダー照射問題をめぐり、制裁として韓国人の「ビザなし渡航」を制限すべきだとする意見があがっていることを受け、「日本が自身の首を絞めるもいい所の意見」と警告した。

三浦氏は22日、ツイッターでレーダー照射問題により日韓関係が悪化している現状に触れ、「韓国からの観光客にビザなし渡航を認めないなどの意見があるようですが、これは日本が自身の首を絞めるもいい所の意見です」と私見を述べた。

日本は一般旅券を所持する韓国人についてビザなしの入国を認めているが、この査証免除措置を制限することについて三浦氏は「韓国国内に知日、親日を育てるには経済的利益と観光、留学しかないのですから、日本を好きな人を締め出して何の得があるのでしょうか」と疑問を呈し、「政府と国民は分けましょう」と、政治問題とは切り離すべきだとの考えを示した。

2019年1月22日10時13分
日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201901220000197.html

関連スレ
【経済】韓国のビザなし渡航を制限しても日本は特に困らないことが判明 「韓国人は大勢来るがお金は使わない」
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548123775/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:34 | Comment(10) | 東亜ニュース

【レーダー照射問題】「事案の本質は日本の哨戒機の低空・威嚇飛行だ」−韓国国防省

■【レーダー照射問題】「事案の本質は日本の哨戒機の低空・威嚇飛行だ」−韓国国防省★3(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ sage New! 2019/01/22(火) 21:03:04.91 ID:8AQPTLv59.net
日本の哨戒機が「問題の本質」=レーダー照射で−韓国国防省


 韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題で、
韓国国防省は22日、「事案の本質は日本の哨戒機の低空・威嚇飛行だ」と
主張し、日本側に「低空・威嚇飛行」を行ったと認めた上で再発防止策を
取るよう求めた。また、「不適切な世論戦」をやめるよう要求した。

 国防省はホームページに詳細な説明文を掲載し、レーダー照射を重ねて否定。
一連の主張や要求をレーダー照射問題の「結論」と位置付けた。
 日本の防衛省が昨年4〜8月、3回にわたり韓国駆逐艦を撮影したが、
問題提起を受けなかったと発表したことについては、国防省の崔賢洙報道官は
22日の記者会見で、「当時(過去3回)の飛行形態と今回の飛行形態は
大きく異なり、距離も違う」と反論した。
 その上で「こうした部分を総合的に考慮すると、今回と同一視することは
できない」と主張。また、哨戒機が過去3回撮影した写真についても
「撮影の正確な位置などをまず、確認しなければならない」と指摘した。
 これに関連して韓国国防省当局者は「過去3回は、距離1〜2キロ、
高度150メートルを維持し、近接低空飛行はしなかった」と説明した。


時事通信社【ソウル時事】(2019年01月22日17時57分)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019012200683&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:55 | Comment(3) | 東亜ニュース

【センター試験】なぜ国語で「定規使用」が不正行為なのか? 大学入試センターに聞いてみた

■【センター試験】なぜ国語で「定規使用」が不正行為なのか? 大学入試センターに聞いてみた(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 あずささん ★ New! 2019/01/21(月) 21:06:40.24 ID:SVomBkLE9.net
大学入試センター試験は20日、2日間の日程が終わり、全国でカンニングなど4件の不正行為があったことが発表された。

【画像】「不正行為」の具体例
https://www.fnn.jp/image/program/00414270HDK?n=12&s=nc

20日の理科の試験では、宮城県の受験生がスマートフォンで用語検索をし、三重県では受験生がスマートフォンを電卓として使っていたという。
また、東京都では受験生が国語の試験で許可されていない定規を使っていたほか、試験が終わっているのにマークシートへの記入をやめない受験生がいた。これら4人の受験生は、受験した全科目が無効となった。
このニュースが報道されると、ネットでは特に「国語での定規使用」について、「定規当てて読んだから不正ておかしいやろ」「気の毒だけど禁止されている事をしてしまったのだから全科目無効は仕方ないと思う」などと、注目を集めている。
なぜ国語での定規使用が不正行為になるのか。独立行政法人大学入試センターの担当者に聞いた。

全試験において、定規などの補助用具の使用は不正行為

――具体的にはどんな状況だった?
東京の会場で、国語の試験において問題文に定規を当てて読んでいました。複数の監督者でこの行為を確認したことから、不正行為と認定しました。

――なぜ国語で定規を使うと不正行為となるのか?
全試験において、定規などの補助用具の使用は不正行為としています。なお、不正行為の具体的な内容は「受験上の注意」に記載しています。「受験上の注意」は、出願の際の受験案内に記載しているほか、HPへの掲載、受験者に受験票と一緒に送付して、確認していただいております。

定規使用は、さまざまな科目で例年見られる不正行為
――定規を使える場合もあるとか?

識字障害など何らかの理由で定規が必要な方には、配慮として認める場合はあります。ただし、事前に「受験上の配慮申請書」とともに「医師の診断書」の提出が必要となります。
――今回ネットで話題になったが、過去にもある不正行為なの?

はい、さまざまな科目で、例年見られる不正行為のひとつです。
――来年、見直されることは?

例年確認されている不正行為であり、今すぐに見直すということはございません。

今回の定規もそうだが、「受験上の注意」に記されている不正行為は、警告や注意などはなくいわゆる一発アウトだという。
大学入試の本番は、2次試験などこれからだ。センター試験が良かった受験生も今一度、注意事項をしっかり読んで、これからの試験に臨んでほしい。

ソース/YAHOO!ニュース(FNN PRIME)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010008-fnnprimev-soci
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(11) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ