2019年01月23日

【防衛省】「低空飛行の事実はない。嫌がらせをしているようなもので残念」 韓国軍が日本哨戒機の低空威嚇飛行を非難

■【防衛省】「低空飛行の事実はない。嫌がらせをしているようなもので残念」 韓国軍が日本哨戒機の低空威嚇飛行を非難 ★8(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ sage New! 2019/01/23(水) 22:03:22.08 ID:eiOUuxR19.net
韓国軍「日本が再び低空で威嚇」 防衛省「事実ない」

韓国軍の幹部は、緊急の記者会見を開き、海上自衛隊の哨戒機が、23日午後、東シナ海で韓国軍の艦艇に対して、低空で威嚇飛行をしたとして、強く非難しました。

韓国軍合同参謀本部のソ・ウク(徐旭)作戦本部長は、23日午後4時半から緊急の記者会見を開きました。

この中でソ作戦本部長は、23日午後2時すぎに東シナ海にある暗礁のイオ(離於)島付近で「海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍の艦艇を明確に識別したにもかかわらず距離およそ540メートル、高度60から70メートルの低空で接近する威嚇飛行をしたことは明らかな挑発行為と見なす」と述べました。

そのうえで、韓国軍による自衛隊機へのレーダー照射問題で、韓国側が、自衛隊機が低空で威嚇飛行したことが問題だとしていることに関連し、「韓国は抑制した対応をしたにもかかわらず、日本はことし、1月18日と22日にも、韓国軍の艦艇に接近する威嚇飛行をした」と主張しました。

また「このような事実に対して、日本政府に再発防止を要請したのに、きょう再び、このような低空で接近する威嚇飛行をしたことは、友好国の艦艇に対する明らかな挑発行為であり、日本の真意を疑わざるをえず、これを強く糾弾する」として、非難しました。

そして「また再びこのような行為が繰り返される場合、軍の行動規則に従って強力に対応していくだろう」と警告しました。イオ島は、韓国と中国が管轄権を争っている東シナ海の暗礁です。

■防衛省幹部「低空飛行の事実はない」

防衛省幹部は、NHKの取材に対し、「自衛隊の哨戒機は、通常の警戒監視活動を行っていたと報告を受けており、低空飛行を行ったという事実はない」と話しています。

また別の防衛省幹部は、「照射問題があって、日韓関係が悪化している中、現場では、通常より一層、注意して活動を行っており、低空での威嚇飛行などありえない。韓国側が事実関係を変えてまで、嫌がらせをしてきているようなもので、今回の発表は非常に残念だ」と話しています。

2019年1月23日 17時14分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190123/k10011788301000.html?utm_int=news_contents_news-main_002
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190123/K10011788301_1901231728_1901231729_01_02.jpg

関連スレ
【岩屋防衛相】威嚇飛行「正確ではない。高度150メートル以上を確保して、適切な運用を行っていた」
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548237882/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:52 | Comment(4) | 東亜ニュース

【韓国氷河期】韓国の新卒大学生、正社員就職は10人に1人

■【韓国氷河期】韓国の新卒大学生、正社員就職は10人に1人(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 AHRA ★ sage New! 2019/01/22(火) 20:33:08.90 ID:Xm55T3lH9.net
※韓スレです

 ソウル市の私立大経営学科に通うKさん(24)は昨年、卒業を2学期先送りした。昨年1学期に卒業に必要な単位は全て取得したが、まだ就職先が見つかっていない。昨年後半には企業10社に願書を送ったが、全て選考を通らなかった。Kさんは「大学に入学してから5年たつが、周囲では就職に成功した同期生はなかなかいない。次の学期にも卒業を延ばし、真剣に就職活動に取り組む」と話した。

 今年の大卒予定者10人のうち、正社員として就職できた人は1人にすぎないという調査結果が示された。非正社員として就職した人を含めても、大学卒業前に職場が見つかった人は10人中2人にすぎないことが分かった。政府の公式統計ではなく、就職専門機関が大卒予定者を対象に実施した調査だが、韓国の大学生が直面する現実を物語っている。

 就職情報ポータルサイト「ジョブコリア」が14日から4日間、大卒予定者のうち「就職意思がある」と表明した974人を対象に調べた結果、これまでに正社員として就職に成功したと答えた学生は11%(107人)にとどまった。インターンやアルバイト、契約社員など非正社員として就職が決まった人も10%(97人)だけだった。残る79%(770人)は卒業を目前に控えても就職先が決まっていない。

 ジョブコリアが3年前に実施した調査と比較すると、就職できた学生の割合はいずれも低下した。2016年1月に正社員として就職が決まったとの回答は全体の約17%だった。また、非正社員として就職が決まったとの回答も22%で、今年の調査結果を12ポイントも上回っていた。当時は10人中4人が卒業前に就職先が決まっていた。ジョブコリア関係者は「長期不況の影響で企業が新規採用に消極的になっているためとみられる」と話した。

2019/01/22 11:01
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/22/2019012280052.html


※関連スレ
【韓国大寒波】韓国名門大学卒業生も難しい就職…大学街に迫る「就職寒波」
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548120256/
【アベノミクス効果】大学生の就職内定率 87.9% 調査開始以来最高に
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547792911/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(4) | 東亜ニュース

【世論調査】マスコミは信頼できない 18〜20歳代は60%と最も多く若い世代ほど「信頼できない」−日本経済新聞

■【世論調査】マスコミは信頼できない 18〜20歳代は60%と最も多く若い世代ほど「信頼できない」−日本経済新聞(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 おでん ★ sage 2019/01/22(火) 17:53:57.25 ID:RlTex8dP9.net
8つの機関や団体、公職を挙げてそれぞれの信頼度を尋ねたところ「信頼できる」が最も高かったのは自衛隊で60%に上った。
5割を超えたのは自衛隊のみで、
次いで信頼度が高かったのは裁判所(47%)、警察(43%)、検察(39%)、教師(32%)の順で、
司法・捜査当局への信頼が高かった。これらはいずれも「信頼できる」が「信頼できない」を上回った。

特に自衛隊についてはいずれの世代も信頼度が6割前後と高く「信頼できない」は7%にとどまった。
平成は災害が相次いだ。過酷な現場で被災者を救出したり、
避難所の支援をしたりする姿などが繰り返し伝えられ、高く評価されているとみられる。

逆に「信頼できない」が多かったのは国会議員で唯一5割を超えて56%だった。
マスコミ(42%)、
国家公務員(31%)が続いた。
いずれも20歳代以上で「信頼できない」が「信頼できる」を上回っていた。

国家公務員とマスコミは「どちらともいえない」が共に4割強だったが、国会議員は32%だった。

マスコミは「信頼できない」と答えた人の割合は70歳以上が20%台だったが、

60歳代が34%、50歳代が41%、40歳代が47%で、30歳代では58%と5割を超えていた。

18〜20歳代は60%と最も多く、若い世代ほど「信頼できない」と答える人が多かった。

本社郵送世論調査
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40237230Q9A120C1905M00/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(2) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ