2019年02月12日

【豊洲市場】連絡通路の天井崩落、フォークリフトの「ツメ」を上げたまま走行で 月1回のハイペースで穴があく状況

■【豊洲市場】連絡通路の天井崩落、フォークリフトの「ツメ」を上げたまま走行で 月1回のハイペースで穴があく状況(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ sage New! 2019/02/12(火) 16:16:51.37 ID:2d0aN8Si9.net
・8日未明までに豊洲市場で発生した天井崩落事故について、ゲンダイが報じた
・穴は縦2m弱、幅1mほどのもので、落下地点には破片が散乱していたとのこと
・市場関係者は「人にぶつかったら大事故ですから、怖かった」などと話した

 昨年10月に開場した東京都の豊洲市場。7日には、地下水から環境基準の最大130倍超の有害物質ベンゼンが検出されたことが発覚。不安の種は尽きないが、また新たな問題が発生した。ナント、建物内の天井が崩落してドデカイ穴がポッカリと開いたというのだ。

JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

■「ドーン」と大きな音が

 天井が崩落するという重大事故が発生したのは7日夜から8日未明で、卸売場棟と仲卸売場棟を1階部分で結ぶ「連絡通路」だ。現場を目撃した市場関係者はこう言った。

「連絡通路は、ターレ(小型トラック)やフォークリフトが常に行き交うのでガチャガチャとうるさいんです。しかし、7日夜中は突然、『ドーン』とひときわ大きな音が響き渡ったので驚きました。何事かと見に行くと、天井に大穴が開いて鉄骨が露出していましたよ。穴の大きさは縦2メートル弱、幅は1メートルくらい。床には天井から落ちてバラバラになった破片が散乱していた。人にぶつかったら大事故ですから、怖かった」

 日刊ゲンダイの調べで、この連絡通路の天井が崩落したのは7日夜の1回だけではないことが分かっている。ある買い出し人は、「開場直後にも連絡通路天井に大きな穴が開いていた」と打ち明けていたからだ。実際、都によると、7日夜を含めて、これまで計6回、連絡通路の天井が崩落していた。月1回以上のハイペースだから、働いている業者はおちおち仕事していられないだろう。

 連絡通路の天井の高さは約3メートル。市場関係者の間では「フォークに高く積み上げた荷物が天井に当たったのか」との声が上がるが、詳しい原因は分からない。

 そこで日刊ゲンダイが都に問い合わせると、「フォークリフトの荷物を積載する部分の『ツメ』を高く上げたまま走行し、それが天井に引っかかったとみられます」(豊洲市場管理課)と返答。さらに「原因が分かっている場合は、当事者に弁償してもらっている。これまでも、事故が起こるたびにフォークリフトの運用について、厳重に注意喚起している」(同管理課)と説明したのだが、まるで業者が悪いと言わんばかり。

■「都にも責任」

 この都の対応に対し、「その言い分はおかしい」と言うのは建築エコノミストの森山高至氏だ。

「フォークのツメを下げたまま走行すると、人や障害物に衝突する危険があります。ですから、市場のみならず一般的な工事現場でも、荷物を積んでいないのであれば、ツメを高く上げた状態で走るのが常識。天井が高かった築地時代からフォークを使っている業者であれば、ツメを下げて走る危険性を意識しているでしょう。連絡通路を高く設計することができなかった都にも責任はあると思います」

「築地を守り、豊洲を生かす」――は、2017年の都議選直前に小池都知事が言ったスローガンだが、少なくとも今のところ豊洲を「生かす」ことはできていない。むしろ、すでに「瀕死」状態に近いと言っていい。いい加減、すべての責任をきちんと取らせるべきだ。

2019年2月10日 9時26分
日刊ゲンダイDIGITAL
http://news.livedoor.com/article/detail/16000701/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:51 | Comment(14) | 国内ニュース

【東亜】「天皇、慰安婦に謝罪」文喜相氏の発言に 日本ネットユーザー「逆鱗に触れた」と伝える

■【韓国紙ビビる】「天皇、慰安婦に謝罪」文喜相氏の発言に 日本ネットユーザー「逆鱗に触れた」と伝える★3(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 AHRA ★ sage New! 2019/02/12(火) 19:09:58.20 ID:oUwzR0rx9.net
※韓スレ

「慰安婦問題」を天皇の直接謝罪を通して解決しようと提案した韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の発言が日本ネットユーザーの間で論争になっている。

これに先立ち、文議長は今月8日に米ブルームバーグのインタビューの中で「戦争犯罪の主犯の息子である天皇が慰安婦問題に対して謝るべきだ」と述べた。この発言は10日、日本メディアを通じて一斉に報道された。

日本メディアは「両国関係に再び悪材料が発生した」と懸念を伝え、文議長のインタビューは韓日両国間の新たな外交争点に広がる兆しだ。

このような状況で、文議長の発言関連記事は日本最大のニュースポータル「Yahoo!Japanニュース」の国内面で、ネットユーザー間の論争の種に浮上した。

ブルームバーグのインタビューによると、文議長は慰安婦問題と関連して「一言あればいい。日本を代表する首相、あるいは私としては近く退位する天皇が(謝罪することが)望ましいと考えている」と述べた。

これに対し、フィリピンを訪問中の河野太郎外相は10日に記者団と会い、「韓国政府から議長発言に対する説明があった」と紹介した後、「発言には気をつけていただきたい」と苦言を呈したという。

だが、河野外相の一言が共同通信を通じて報道されて論争が一気に広がった。

河野外相の発言を扱った共同通信のYahoo!記事には、11日午後5時現在、文議員と韓国に対する毒舌を浴びせる内容を中心に数千個のコメントがつけられ、一部のコメントには数万人が「そう思う」をクリックしている。

コメントの中には「(日本政府は)遺憾砲台ではなく実力行使をする必要があります」「天皇陛下に対する言及は、明らかにその逆鱗に触れた」「気をつけるレベルではない、大問題である」等の反応を示したものがあった。

また「この発言は今までの物とはレベルが違う。これで遺憾で終わったら、日本は国ではない」「無礼千万極まりない発言」「日本に侍魂がある事を期待する」などのコメントもあった。

毎日新聞も「日韓の和解を模索する中での発言とみられる」としつつも「(日本憲法上、政治関与が禁止されている)天皇の政治利用を促しているとも受け取れる内容で、日韓双方で批判を招きそうだ」と報じた。

天皇は1868年の明治維新を契機に最高権力者であり神のような存在としてあがめられた。だが、日本が太平洋戦争で敗戦した後、1948年マッカーサー将軍の圧力で当時の裕仁天皇は国民の前で「私は人間だ」とするいわゆる「人間宣言」をしたりもした。

現行の日本憲法は天皇の地位に対して「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」と規定している。

朝日新聞の報道によると、文議員側は同紙に対して「(インタビューの)他の同席者にも確認したが、文氏は(天皇に関し)『戦争犯罪』という表現は使っておらず、『戦争当時の天皇の息子』と述べたと思う」とし、記事が引用した文氏の発言を一部否定した。

文議長側は「天皇が訪韓の意思を明らかにしており、元慰安婦の手を握って謝罪すれば、心のしこりが解けるのではないかというのが文氏の趣旨だった」と説明したと同紙は伝えた。

一方、2012年には当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領が「日王(天皇)が韓国を訪問れたければ、日帝強占期の時に日本が犯した悪行と蛮行に対して心から反省しなければならない」と述べて両国間関係が一気に冷え込んだことがある。

2019年02月12日06時58分
https://japanese.joins.com/article/102/250102.html?servcode=A00§code=A10&cloc=jp|main|top_news
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:17 | Comment(3) | 東亜ニュース

【直葬】葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に〈週刊朝日〉

■【直葬】葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に〈週刊朝日〉 ★4(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 孤高の旅人 ★ sage New! 2019/02/11(月) 19:25:55.04 ID:q1ECvAVo9.net
葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に〈週刊朝日〉
2/11(月) 8:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190208-00000014-sasahi-life

「こういう弔いの形もありなんだなと思いました」

 東京都在住の田中一也さん(仮名・59歳)。おととし、11歳年上のいとこをがんで亡くした際に、通夜や葬儀・告別式をしない“お別れ”を経験した。あっさりした性格だったいとこは生前から、「死んだときは、一切何もしなくていい」と意思表示していた。

 都内の病院で田中さんや家族がいとこをみとった翌日、遺体は病院からいとこが住んでいた千葉市の火葬場へ直行。田中さんを含む近親者7人が火葬場に集まり、火葬を終えた後、近くの葬祭会館で軽く食事をして解散した。ものの1時間半で全てが終わった。

 九州出身の田中さんにとって葬儀といえば、通夜から多くの親戚や知人が集まって、1泊2日で行うイメージ。だからいとこの弔い方には驚いたという。

「読経も戒名もなし。すしは“竹”。ビール中瓶1本でお別れだった。その後、出勤できたぐらいあっさりとしていた」

 一抹の寂しさはあったものの、いとこの闘病生活は1年強におよび、心の準備はできていた。近親者でみとったので、故人と向き合えたという感覚もあった。

「これぐらいシンプルでいいのかもしれない。(通夜、葬儀・告別式をやる一般的な)葬儀で若い僧侶の説法に感動することもないし、通夜の食事もおいしいわけではないし。僕が死んだときも直葬にしてもらおうかと思うこともあります」(田中さん)

 形式的な儀式を極力省いた葬儀のかたち「直葬」がいま、都市部を中心に増えている。直葬とは、故人が亡くなった後、安置所か自宅に遺体を運んで安置し、その後、直接火葬場に移し、荼毘に付すという方法。近親者のみで行う。会葬者を呼んで通夜や告別式を営み、それから火葬する一般的な葬式に比べて、お金もかからない。

「ここ15年ほどで“葬儀はシンプルにしたい”という明確なポリシーを持った人が増加傾向にあります」

 こう話すのは、終活や葬式の相談・施行などを行う「葬儀を考えるNPO東京」代表の高橋進さんだ。かつて直葬は、故人が身寄りのない人や困窮者の場合に、自治体が葬儀費用を賄って行われる方法だった。

以下はソース元で

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(9) | 国内ニュース

【国際】ドイツ人の42%「中国は米国より信頼できるパートナー」と回答

■【国際】ドイツ人の42%「中国は米国より信頼できるパートナー」と回答★2(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 僕らなら ★ New! 2019/02/11(月) 13:00:35.01 ID:eAo9qYil9.net
2019年2月11日、中国紙・環球時報(電子版)は、ドイツ人の半数近くが「中国は米国より信頼できるパートナー」と考えていることが最新の世論調査で明らかになったと報じた。

ドイツの放送局ドイチェ・ヴェレ(電子版)の9日付報道として伝えたもので、「伝統的に米国寄り」のドイツの非営利団体Atlantik-Bruckeと研究機関Civeyが共同で行った調査によると、回答者5000人のうち、57.6%が「ドイツは米国ともっと距離を取るべき」としたのに対し、「米国にもっと近づくべき」としたのは13%にとどまり、回答者の85%は現在の米独関係を否定的に評価し、42.3%が「中国は米国より信頼できるパートナー」と回答したという。

https://www.recordchina.co.jp/b686738-s0-c30-d0054.html
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(5) | 海外ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ