2019年06月20日

【逃走中】小林誠受刑者 逃走後、セブンイレブンでお買い物→理髪店で散髪(19時) 大型量販店駐車場で警察官が目撃も...

■【逃走中】小林誠受刑者 逃走後、セブンイレブンでお買い物→理髪店で散髪(19時) 大型量販店駐車場で警察官が目撃も...★2(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ sage New! 2019/06/20(木) 20:26:29.03 ID:cXV2yMZ39.net
神奈川県愛川町で実刑が確定した男が逃走している事件で、横浜地検は公務執行妨害の疑いで男の逮捕状を取りました。男は逃走中に理髪店などに立ち寄っていた可能性があることが分かりました。

(社会部・青木駿記者報告)
 
小林誠容疑者(43)は逃走後、神奈川県厚木市内のコンビニ店に立ち寄っていたことが分かりました。防犯カメラには小林容疑者がコンビニ店に向かって歩く様子が映っていたということです。

立ち寄っていたのはまだ明るい時間帯で、その後、近くの理髪店で髪を切った可能性も浮上しています。傷害の罪などで実刑が確定した小林容疑者が逃走してから1日が経過し、小林容疑者が逃走に使った車は厚木市内で発見されましたが、その後の行方は分かっていません。

その後の捜査関係者への取材で、小林容疑者は車の発見現場から約3キロ離れた厚木市内のコンビニ店に立ち寄っていたことが新たに分かりました。横浜地検は公務執行妨害の疑いで逮捕状を取り、警察はまもなく全国指名手配にするとみられています。小林容疑者はこの厚木市内に土地勘があるとみられていて、警察はコンビニ店の近くの理髪店に立ち寄り、髪を切って風貌(ふうぼう)を変えて逃走している可能性があるとみて調べています。

2019/06/20 12:34 テレ朝
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000157578.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:34 | Comment(2) | 国内ニュース

【#立憲 】最低賃金1300円に…参院選へ経済政政策「ボトムアップ経済ビジョン」を発表

■【#立憲 】最低賃金1300円に…参院選へ経済政政策「ボトムアップ経済ビジョン」を発表 ★4(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ sage New! 2019/06/20(木) 21:10:59.98 ID:cXV2yMZ39.net
 立憲民主党は20日、参院選に向けた経済政策「ボトムアップ経済ビジョン」を発表した。

 「賃金・所得アップで消費拡大を」と訴え、最低賃金を5年以内に時給1300円に引き上げる目標を明記。家計支援策として給食費無償化や賃貸世帯への家賃補助制度導入などを掲げた。

 所得税、法人税の税率について、個人や企業の負担能力に応じて段階的に設定することも提唱。「消費税率アップでなく、公正な税制改革によって可処分所得増加を実現する」と強調した。 

6/20(木) 18:22
時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00000115-jij-pol
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:16 | Comment(6) | 国内ニュース

【裁判】女子中学生2人を殺害し服役。出所後わいせつ、刑期終え更にわいせつ致傷。「1審の量刑評価は正当」2審も懲役7年判決。福岡高裁

■【裁判】女子中学生2人を殺害し服役。出所後わいせつ、刑期終え更にわいせつ致傷。「1審の量刑評価は正当」2審も懲役7年判決。福岡高裁(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 記憶たどり。 ★ sage New! 2019/06/19(水) 11:15:48.97 ID:JJfD8eWh9.net
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190618-OYT1T50244/

長崎市で昨年6月、小学生の女児(当時7歳)にわいせつな行為をし、けがをさせたなどとして、
強制わいせつ致傷罪などに問われた無職寺本隆志被告(66)の控訴審判決が18日、福岡高裁であった。
野島秀夫裁判長は、懲役7年(求刑・懲役8年)とした1審・長崎地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

被告側は控訴審で「1審判決は量刑が重すぎて不当だ」と主張。高裁判決は、被告が1992年に女子中学生2人を殺害して
服役後、2013年には強制わいせつ事件を起こし、刑期を終えた約4か月後には今回の犯行を決意したと指摘し、
「非難の程度が大きいのは当然。1審の量刑評価は正当」として退けた。

高裁判決によると、寺本被告は昨年6月5日、長崎市内の路上で女児にわいせつな行為をし、腰にけがを負わせるなどした。

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(8) | 国内ニュース

【アンケ】全共闘世代は「逃げ切り世代」なのか? 年収1000万円以上もズラリ。学生運動の参加したことを誇りに思う85%

■【アンケ】全共闘世代は「逃げ切り世代」なのか? 年収1000万円以上もズラリ。学生運動の参加したことを誇りに思う85%(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 記憶たどり。 ★ sage New! 2019/06/19(水) 19:57:42.47 ID:cH5bYXz29.net
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190618-00000015-sasahi-soci

今から半世紀前、日本には「革命」や「社会変革」を目指す学生があふれていた。
ベトナム反戦運動などをきっかけに1968年から69年にかけて、大学で授業のストライキや構内のバリケード封鎖が相次いだ。
東大安田講堂も学生に占拠され、69年1月には警視庁の機動隊が突入し、封鎖を解除した。いわゆる「東大安田講堂事件」である。
その後、69年9月に全国78大学が参加して「全国全共闘」が結成される。
いつしか、その若者たちは「全共闘世代」と呼ばれるようになった。

来るべき社会の理想像を熱く語りあった若者たち。一方で、卒業後は長い髪を切って就職し、
「モーレツ社員」と呼ばれながら高度経済成長期とバブル時代を走り抜けた。そのことから、
全共闘世代は日本が最も豊かな時代を生き、老後を満喫する「逃げ切り世代」と呼ばれることもある。
最近では、学生時代に鍛えた論破術で人を言い負かすことは得意でも、組織ではお荷物扱いされて「老害」と批判されることも多い。

しかし、ある世代をひとくくりにして、単純な印象から評価をすることはおかしなことだ。
どの世代でも、性格の悪い人もいれば、尊敬されている人もいる。全共闘世代には、闘争に敗れた後に故郷に戻り、
次なる夢として医療や農業などの分野で地域を支えることに人生を捧げた人も多い。
もちろん、70年代に入って学生運動が下火になっても活動を続け、現在は獄中で過ごしている人もいる。

そこで、戦後の一時代をつくった全共闘世代の実像に迫るため、プロジェクトが立ち上がった。
呼びかけ人となったのは、全共闘運動に関わった有志で、かつての仲間たちに75問にのぼるアンケートを依頼した。
設問もユニークで「全共闘あるいは何らかの政治社会運動はあなたの人生観を変えましたか」といったものから、
現在の年収や資産、天皇制や現在の政治に対する態度、そして辞世のことばもたずねている。

「全共闘世代の大半はすでにリタイアしています。過去の経験を『若い時代の美しい話』にするのではなく、
失敗や全共闘世代の矛盾の記録も後世に残し、一つの時代を生きた者たちからの教訓としてほしい。
いわば、私たちの“遺書”を残すということです」

回答は現在も受付中で、続々と興味深いものが集まっている。元日本赤軍の重信房子氏やよど号ハイジャック事件で国際手配され、
現在も北朝鮮で暮らす小西隆裕氏からも回答が寄せられた。

いったい、全共闘世代とはどんな人たちなのか。6月3日時点の中間集計から、その“実像”を紹介しよう。
なお、回答者の全体像として、設問の「全共闘運動あるいは何らかの政治社会運動にどのような形で参加しましたか」では、
「活動家として参加」と回答した人が6割を占めている。この人たちは学生運動に確信派として参加したという前提で、回答をご覧いただきたい。

まずは年収から。日本で65歳以上の高齢者世帯の平均所得は308万円(平成30年版高齢社会白書)、全世帯の平均所得は545万円となっている。
69年の安田講堂事件の時の学生運動家たちを全共闘世代の中心と考えると、回答者のほとんどが70歳前後の高齢者だ。
回答を見てみると、やはり年金暮らしの人が多く、全体の約4割が年収250万円以下。100万円以下と答えた人も複数いた。

ちなみに、麻生太郎財務相が受け取りを拒否したことで問題となっている「老後が30年続けば、約2000万円が不足する」
との金融庁報告書は、高齢者夫婦で年金を含む年収が約250万円の世帯が想定されている。全共闘世代はまだ「高齢者」の仲間入りをしたばかり。
年収250万円以下の人たちは、長生きをするなら、あと2000万円以上を何らかの手段で稼がなければならない。もちろん、現在の年収が低い人は
さらにその額が大きくなる。

251万〜400万円の層も全体の約3割を占める。この層には非常勤職員などで年金以外の収入を得ている人も多い。
ただ、年齢を重ねると働く場所は少なくなっていくことが予想されるので、数年後に250万円以下に下がってしまう人もいるだろう。
年金財政の危機は、全共闘世代を直撃している。

プロジェクトは「全共闘運動50周年『続全共闘白書』編纂実行委員会」と名づけられた。「続」とついているのは、25年前に同様の企画を実施し
『全共闘白書』(新潮社)として出版されたことがあるためだ。同プロジェクトの事務局を務める前田和男さんは、こう話す。

※以下、全文はソースで
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(8) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ