2019年08月19日

【東京五輪】IOCも想定外? 五輪テスト大会でわかった日本の暑さ

■【東京五輪】IOCも想定外? 五輪テスト大会でわかった日本の暑さ ★ 5(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 みつを ★ sage New! 2019/08/19(月) 21:49:12.01 ID:rrtUyCkN9.net
https://www.asahi.com/articles/ASM8J4PSVM8JUTQP010.html

IOCも想定外? 五輪テスト大会でわかった日本の暑さ
有料記事
2019年8月19日13時30分

 東京五輪の招致委員会が「温暖で理想的な気候」としていた東京の夏は、猛烈な暑さだった。各競技団体や選手は今夏、テスト大会で様々な「暑さ対策」を講じ、1年後の本番に備えているが、開始時間やコースの変更を求める声もあがっている。

 国際オリンピック委員会(IOC)は20年五輪の開催都市を募る際、「7月15日から8月31日まで」の開催を求めていた。前回64年の東京五輪が行われた秋だと大リーグなど、欧米の人気スポーツと重なるため、多額の放映権料を払う海外のテレビ局に配慮した。東京五輪の招致委はIOCに提出した立候補ファイルで、大会日程について「この時期の天候は晴れることが多く、かつ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である」と記している。

 しかし開催決定後、酷暑対策で男女マラソンなどの開始時間が変更に。さらに今夏、馬術のテスト大会でも選手から開始時間の変更を求める声が出た。

 コースの変更を求める選手も。陸上男子20キロ競歩世界記録保持者の鈴木雄介(富士通)は五輪のレース1年前の7月31日朝に実際のコースを歩き、気候や路面状況を確認。「自分にできるのはベストコンディションをつくることと、暑さに慣れること」と話しつつ、「ほぼ日陰がなくて脱水になってもおかしくない。可能ならコースを再考してほしいと思った」と訴えた。

 8月12日から3日間行われた総合馬術のテスト大会では大会中、馬が大半の時間を過ごす厩舎(きゅうしゃ)にエアコンが完備され、選手から「世界的にもトップクラスの施設」と好評だった。

 ただ、東京湾に面する海の森ク…
残り:1055文字/全文:1727文字

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:03 | Comment(6) | 国内ニュース

【世論調査】「ホワイト国」から韓国外し約7割が評価 − 共同通信

■【世論調査】「ホワイト国」から韓国外し約7割が評価 − 共同通信(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 僕と彼女と週末に ★ sage New! 2019/08/18(日) 21:30:53.41 ID:/He+nmiL9.net
共同通信社が17、18両日に実施した全国電話世論調査によると、

政府が、輸出管理で優遇する「ホワイト国」から韓国を外すことを閣議決定した対応について、
68・1%が「評価する」と答え、「評価しない」の20・1%を大きく上回った。

一方、今後の日韓関係については「懸念している」が62・4%で、「懸念していない」は32・4%だった。

安倍内閣の支持率は50・3%で、前回調査の48・6%から1・7ポイント増えた。不支持率は34・6%だった。

https://www.nikkansports.com/general/news/201908180000985.html

関連スレ
【時事世論調査】安倍内閣支持率、3.9%増の47% 不支持率30.8% 政党支持率も記載
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565955281/
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(1) | 国内ニュース

【東京五輪】トライアスロン五輪会場、1日で水質改善!実行委「大腸菌死んでなくなった」前日はスイム中止

■【東京五輪】トライアスロン五輪会場、1日で水質改善!実行委「大腸菌死んでなくなった」前日はスイム中止 ★2(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ sage New! 2019/08/18(日) 16:30:58.04 ID:78H4pViO9.net
トライアスロン五輪会場、1日で水質改善「大腸菌死んだ」前日はスイム中止

  東京五輪テスト大会を兼ねて、最終日は五輪新種目の混合リレーが行われた。前日のパラトライアスロンでは、水質の悪化によりスイムが中止となったが、この日は通常通り実施。大会実行委員長を務めた日本連合の大塚真一郎専務理事は「(海水の)大腸菌が死んでなくなった」と説明した。


 16日午後1時の水質検査では、大腸菌の値が国際連合(ITU)が定める上限の2倍を超え、水質リスクが4段階で最も悪い「レベル4」に達したとして、17日のレース前にスイムの中止を決断。ただ、17日午後1時の検査結果では大腸菌のレベルが著しく低下し、最良の「レベル1」まで改善したという。

 11日に同会場で開催されたオープンウォーター(OWS)のテスト大会では選手から悪臭が指摘する声も挙がったが、トライアスロン選手からは「臭いは気にならなかった」という意見が多かった。

 一時的な水質悪化の原因としては、台風10号の接近による降雨によって増加した河川の水が流れ込み、下水等も流入した可能性が高いとみられる。視察した東京五輪組織委員会の高谷正哲スポークスマンは「過去の調査で、お台場海浜公園は降雨の後に水質が悪くなる傾向にある。ただ、(17日は)日も照って水質が回復したのでは」と話した。

 水質だけでなく、暑さも大きな課題だ。15日に行われた女子は暑さによる熱中症のリスクを考慮し、通常10キロのランを半分の5キロに短縮した。テスト大会は4日間で予備日がなく、また交通規制も必要なことから競技日程や開始時間を柔軟に変更することができないことから、フォーマットを変更してでも予定通り競技を実施するしかなかった。

 五輪本番の大会運営は組織委員会が行うが、今回テスト大会を主催した日本連合は、運営や日程などで露見した課題を報告、進言するという。組織委大会運営会の森泰夫次長は、日本連合とも話し合いながら暑さや水質などの対策を改めて検討するといい、「選手が安全に競技を行えることが一番重要なこと」と強調した。

8/18(日) 12:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00000064-dal-spo
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(3) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ