2019年09月04日

【日本新聞協会】「新聞を開いて僕は世界を知った」…今年度の「新聞週間標語」入選作が決まる

■【日本新聞協会】「新聞を開いて僕は世界を知った」…今年度の「新聞週間標語」入選作が決まる(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 かばほ〜るφ ★ sage ▼ 2019/09/04(水) 16:41:32.83 ID:V78tfkY49.net
新聞を開いて僕は世界を知った=今年度の新聞週間標語
2019年09月04日15時05分

10月15日から始まる第72回新聞週間を前に、日本新聞協会は4日、今年度の「新聞週間標語」入選作を決めた。

代表標語は徳島市の小林大樹さん(14)の作品「新聞を開いて僕は世界を知った」。
応募総数は1万4235編だった。
 
佳作には宮崎市の与那嶺節子さん(72)の「生き方は ひとつじゃないと 知る紙面」など10編が選ばれた。

時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019090400721


2019年度(第72回)「新聞週間標語」入選作一覧

代表標語 1編
新聞を開いて僕は世界を知った

佳作 10編(順不同)
生き方は ひとつじゃないと 知る紙面
移りゆく時代に変わらぬ信頼感
新聞は 変わる時代の 確かな目
新聞で 増える知識と 減る偏見
どう思う?問いかけている今朝の記事
広げよう 視野と未来と新聞を
人ごとが 我がことになる 新聞で
記事を読み 新たな時代の 風を読む
変わる世を 確かに伝える 今日の記事
新聞を 広げてシェアする 夢・希望

https://www.pressnet.or.jp/about/recruitment/slogan/index.html
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:58 | Comment(12) | 国内ニュース

【スモールチェンジ】お菓子の容量を減らす事実上の値上げが話題 ネット上では批判声も

■【スモールチェンジ】お菓子の容量を減らす事実上の値上げが話題 ネット上では批判声も(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 Toy Soldiers ★ ▼ 2019/09/03(火) 19:06:34.58 ID:5oqcWKZl9.net
 気づけば菓子が少なくなっていたり、牛乳の量が減っていたり…。

 値段は据え置き、容量やサイズを小さくする事実上の値上げ「シュリンクフレーション」が話題となっている。原材料費の高騰や消費量の低迷など、メーカー側はさまざまな理由を挙げるが、背景には何があるのか。(大渡美咲、田中徹)

 ブルボンは来月17日出荷分から、人気商品「ルマンド」や「アルフォート」などの5種類のビスケット商品の内容量を変更すると発表。
ルマンドは13本から12本に、アルフォートは11枚から10枚になる。同社は「原材料や燃料費、運送費の値上がりが続き、自助努力だけで対応するのは困難」としている。


 カルビーも7月22日、人気菓子「かっぱえびせん」の1袋の内容量を90グラムから85グラムに減らした。
「サッポロポテト」も85グラムから80グラム、「さやえんどう」も70グラムから67グラムに少なくしたという。
ブルボン同様、輸送費や原材料価格の高騰が要因で、担当者は「自助努力のみでは価格維持することが極めて困難になった」と説明している。

 こうしたシュリンクフレーションとみられる事例は、ほかにも相次いでいる。

 ハウス食品は、レトルトカレーの「カレーマルシェ」を平成29年2月、1パックの内容量を20グラム減らして180グラムにした。
商品のリニューアルに際し、電子レンジ対応の特殊なパッケージに変更した際、外箱のサイズは変えずに空気抜きの穴を設ける必要があったため、
「どうしても容量を少なくせざるを得なかった」(担当者)。リニューアルで経費もかかっており、値段を据え置いたという。

 明治は、28年に「おいしい牛乳」を1リットルから900ミリリットルに変えた。
自社の飲用実態調査で牛乳の消費量が過去10年間で1割落ちたとする結果や1リットルを飲みきるまでの日数が延びているとする状況を勘案し、容量を減らす決断に踏み切った。

 担当者は「牛乳を余ることなくおいしく飲んでいただきたいという思いがある。
(価格を見直さなかったのは)キャップ式の容器とすることで利便性を高め、容器の遮光性を高めて風味を落ちにくくするなど付加価値を高めたため」と力を込めた。

 こうした現状について、東京大学大学院の渡辺努教授(マクロ経済学)は、「原材料費の高騰などが要因の商品小型化の波は、以前からある」としつつ、
「メーカー側も、小型化には製造工程を変えるなど費用と手間がかかる。値上げするにしても、世の中の賃金が思うように上昇せず、
消費者が価格に敏感になっている社会情勢では(価格を)上げたくても上げられないのでは」と推測した。

 10月には消費税が8%から10%に上がり、さらなる「加速」も懸念されるシュリンクフレーション。
公式的に発表しないまま小さくなった商品もあり、インターネット上では《ステルス値上げ》《スモールチェンジ》などと批判も上がる。

 消費者が変更前の商品と比較し、容量が減ったことを検証する書き込みや投稿なども相次いでいる。
不二家の人気菓子「カントリーマアム」も、インターネット上で「小さくなった」と指摘され、以前の商品と現在の商品を並べた画像が話題を呼んだ。

 ただ、不二家によると、カントリーマアムに関しては単純に容量を減らしているわけではないという。
担当者によると、原料高騰により枚数が変わるほか、季節や地域ごとにさまざまな味を投入するなど戦略的に販売。「容量や枚数は、その都度変えている」と説明している。

■シュリンクフレーション 商品の値段が変わらないまま容量が小さくなる実質上の値上げのこと。
英語で縮むという「シュリンク」と、物価が上昇する「インフレーション」を合わせた造語。容量の変更に気がつかない消費者も多く「隠れ値上げ」とも呼ばれている。

https://news.livedoor.com/article/detail/17018477/
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(7) | 国内ニュース

【東京五輪】旭日旗の持ち込み禁止せず 韓国側の決議に組織委が方針…「政治的宣伝とはならない」

■【東京五輪】旭日旗の持ち込み禁止せず 韓国側の決議に組織委が方針…「政治的宣伝とはならない」 ★2(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ sage ▼ 2019/09/03(火) 21:23:25.82 ID:FHoSsZzy9.net
※トマト煮だ

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は3日、韓国国会の文化体育観光委員会が旭日旗の競技会場への持ち込み禁止措置を組織委などに求める決議を採択したことを受け「旭日旗は日本国内で広く使用されており、旗の掲示そのものが政治的宣伝とはならないと考えており、持ち込み禁止品とすることは想定していない」との方針を明らかにした。

 旭日旗は戦前、日本の陸海軍旗として使用された。韓国などでは「侵略の象徴」と受け止められている。

 8月29日に行われた決議では「侵略と戦争の象徴である旭日旗が競技場に持ち込まれ、応援の道具として使われることがないよう求める」としている。

2019年9月3日 17時5分
共同通信
https://news.livedoor.com/article/detail/17025274/
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:21 | Comment(1) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ