2019年10月15日

【韓国】鳩山元首相、朝鮮人強制動員被害者800万人にひざまずいて謝罪 各メディアが大きく報道

■【韓国】鳩山元首相、朝鮮人強制動員被害者800万人にひざまずいて謝罪 各メディアが大きく報道(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ニライカナイφ ★ ▼ 2019/10/15(火) 17:49:04.53 ID:6tvnsBd69.net
☆もうポッポは韓国に帰化するしかない

◆ 強制動員の歴史観た鳩山 "日、真実に直面している"

鳩山由紀夫前首相が12日、釜山南区国立日本強制動員の歴史観で強制徴用被害者の写真を見て手を合わせて哀悼している。
日本の強制動員実像を知らせ犠牲者を哀悼するために、2015年にオープンしたこの歴史観に鳩山元首相が日本の政治家の中で初めて訪問した。

鳩山由紀夫前首相が12日、釜山南区国立日本強制動員の歴史観で強制徴用被害者の写真を見て手を合わせて哀悼している。
日本の強制動員実像を知らせ犠牲者を哀悼するために、2015年にオープンしたこの歴史観に鳩山元首相が日本の政治家の中で初めて訪問した。

「日本人がここを訪れ、謙虚に歴史的真実を直視したらと思います」

代表的な進歩政治家である鳩山由紀夫前首相が12日、釜山南区国立日本強制動員の歴史観を訪れ、このように述べた。
鳩山前首相は、2015年12月に強制徴用の惨状を記録しようと開館したこの歴史観を日本の政治家の中で初めて訪れた。

彼は「当時、約2000万人だった朝鮮人のうち800万人が軍人と軍属、あるいは労働者として強制動員され、命まで失う作ったという事実について深く謝罪する」とし「日本人はこのように歴史の中で多くのことを学び、戦争加害者としての責任を持って未来を開いていくべきだ」と述べた。
彼はゲストブックに「植民地時代に多くの苦痛を与えた側の無限責任の下、心からの謝罪します。永遠の平和のために」と書いた後、4、5階展示室を見学した。

鳩山前首相は歴史観の関係者に強制徴用被害者のうち、現在の生存者数と展示遺物の名前、用途などについての質問など、大きな関心を見せた。
炭鉱労働者、日本軍慰安所再現モデルの前に立った時に深刻な表情を浮かべて両手を集めたまま頭を下げ哀悼した。

続いて7階追慕公園追慕塔で献花をした後、観覧を終えた。
鳩山前首相は、2015年のソウル西大門刑務所歴史館を訪れ、昨年慶南陜川原爆被害者を訪問してひざまずいて謝罪した。

展示物の前両手集めたまま頭を下げて「800万人韓国人被害者に謝罪 "
https://t1.daumcdn.net/news/201910/14/donga/20191014030130275adzj.jpg

https://news.v.daum.net/v/20191014030129403

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:45 | Comment(4) | 東亜ニュース

【巨大台風襲来】決壊多発、崩れた「堤防神話」…国の水害対策、財源厳しく「早めの避難」が重要に

■【巨大台風襲来】決壊多発、崩れた「堤防神話」…国の水害対策、財源厳しく「早めの避難」が重要に(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ sage ▼ 2019/10/14(月) 18:00:43.89 ID:0CcZCpWU9.net
台風19号の記録的な大雨は、全国の延べ140以上の河川で氾濫を引き起こした。国土交通省は堤防整備など水害対策に力を注ぐが、財源にも限りがあることから急速には進まない。今回のように甚大な被害をもたらす巨大台風は今後も恒常的に襲来する恐れがあり、専門家は「堤防神話」からの脱却を訴える。

この台風で堤防が約70メートルにわたり決壊した長野市の千曲川では住宅地など広範囲が浸水。氾濫箇所を映像で見た岡山大…

2019/10/14付日本経済新聞 朝刊
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO50960610T11C19A0NN1000/
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(13) | 国内ニュース

多摩川氾濫から一夜…「世田谷セレブエリア」想定外の惨状 住人「雨が降っても、槍が降っても、大丈夫だと思っていたのに...」

■多摩川氾濫から一夜…「世田谷セレブエリア」想定外の惨状 住人「雨が降っても、槍が降っても、大丈夫だと思っていたのに...」 ★4(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ sage ▼ 2019/10/14(月) 17:00:14.93 ID:0CcZCpWU9.net
「雨が降っても、槍が降っても、大丈夫だと思っていたのに」――。浸水した自宅で泥かき作業をしていた世田谷区在住の男性は、こう言って肩を落としました。

10月12日から13日にかけて、東日本を縦断した台風19号。各地で記録的な降水量を観測し、いくつかの河川で氾濫が発生しました。

東京都と神奈川県の境を流れる多摩川も、その1つ。東急田園都市線・二子玉川駅付近で氾濫が確認され、12日夜から各種メディアで報道されました。しかし、実際に現地を歩いてみると、当初報道されていたよりも被害は広い範囲に及んでいる状況が明らかになりました。
.
■一夜明けても濁流が続く

台風襲来から一夜明けた10月13日。記者は東京・府中市の是政橋から、多摩川の河川敷を下流方面に向かって、自転車で走り始めました。時刻は7時30分。上り始めた太陽がまぶしく照りつけます。

橋の上から多摩川を望むと、河川敷には等間隔で巨大な水たまりが確認できます。野球場の内野部分が外野部分よりも一段低くなっており、この部分に川からあふれ出した水がたまっているようでした。

土手の上のサイクリングロードを走り始めると、多摩川の状況を確認しようとしているのでしょうか、思ったよりも多くの人が河川敷や川の近くを歩いているのが目につきます。雨は上がったとはいえ、時折、吹き返しの強風が吹いているので、極めて危ない印象です。

河川敷には至るところに大きな水たまりが残っており、自転車で走ることは不可能。カメラを望遠にして川面を見ると、嵐の日の海と見まがうばかりの激流です。風も強く、空を飛ぶ鳥も前に進めない状況でした。
.
■調布市内でも汚泥が堆積

調布方面まで進むと、8時10分頃に多摩川原橋に差し掛かりました。水かさはまだまだ高く、橋げたの数メートル下まで水面が迫っていました。しかし、徐々に交通量が増え始め、橋の上はかなりの数の自動車が走っていました。

さらに数分、自転車をこぐと、京王相模原線の鉄橋にたどり着きました。この時間はまだ運休中。鉄橋の下の河川敷には、流れ着いた巨木が大量に確認できました。

この付近は、河口から26キロメートルほどの地点。漁場監視員が魚の生息状況を確認していたほか、河川監視員が水門などの被害状況を調査していました。

一方、視線を陸側に向けると、そこには悲惨な状況が広がっていました。調布市染地の多摩川住宅周辺の道路は泥だらけの状態。多摩川に関する報道ではもっぱら二子玉川周辺が取り上げられていますが、浸水被害は二子玉川よりも上流の調布付近から発生していた可能性があります。

実際、街路樹には人間の腰くらいの高さまで泥が付着。ぬかるんでいる箇所も多く見られ、泥にハンドルを取られてスリップしている自転車も見かけました。

■狛江以東では河川敷が水浸しに

狛江市付近まで進むと、水量は一段と増加します。河川敷に取り残された大きめの魚を本流に戻してやろうとする男性の姿が確認できました。

小田急線の線路下をくぐると、いよいよ世田谷区に入ります。河川敷には警視庁の白バイ練習場がありますが、ここも一面が泥に覆われた状態。現地に着いたのは9時頃でしたが、職員とみられる男性たちが泥かきなどの作業を行っていました。

さらに数分、自転車を走らせると、視線の先に二子玉川ライズのビル群が見えてきました。この辺りからは河川敷も水浸し。多摩川と野川が合流する地点では、水の通り道が縦横無尽に走り、本来の川の流れもわからない状況になっていました。通行止めになったサイクリングロードでは、不安そうに多摩川を見つめる近隣住民の姿もありました。

ここで一度、土手を離れ、二子玉川駅方面に向かいます。9時30分頃にはすでに東急線が運行を再開しており、駅前は普段の様子を取り戻しつつあるようでした。

しかし、再び多摩川に近づくと、調布と同様の泥だらけの光景が広がっていました。土手のすぐ横の住宅地では、住民が総出で泥かき作業の真っ最中。多摩川の様子を見に来た住民も合わさって、かなり混沌とした状況になっていました。
.
■被害地域は二子玉川周辺だけではなかった

10/13(日) 17:10
MONEY PLUS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-00010001-moneyplus-bus_all&p=1
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(8) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ