2020年01月02日

【やっちゃった!東京地裁】ゴーン氏のフランス籍パスポート、東京地裁が携帯許可していた!東京地検

■【やっちゃった!東京地裁】ゴーン氏のフランス籍パスポート、東京地裁が携帯許可していた!東京地検(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 みつを ★ sage ▼ 2020/01/02(木) 19:38:56.62 ID:3LUBJTZL9.net
【やっちゃった!東京地裁】ゴーン氏のフランス籍パスポート、東京地裁が携帯許可していた!東京地検

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020010200172&g=soc

ゴーン被告が仏パスポート携帯 保釈中の住居捜索、無断出国解明へ―東京地検

2020年01月02日19時32分

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)が中東レバノンに無断出国した問題で、ゴーン被告が東京地裁にフランスのパスポート携帯を許可されていたことが2日、関係者への取材で分かった。東京地検は被告の保釈中の住居を家宅捜索。警視庁に協力を要請し、出入国管理法違反などの容疑も視野に住居周辺の防犯カメラ映像などの解析を急いでいる。


 家宅捜索は約4時間におよび、地検の係官とみられる数人は午後6時すぎ、押収物を詰めたとみられるキャリーケースや手提げかばんを手に出て行った。

<関連ニュース 日産自動車前会長 ゴーン被告>

 関係者によると、ゴーン被告は昨年4月、地裁に海外渡航の禁止などを条件に再保釈を許可され、地裁が指定した都内の一軒家に居住。パスポートを弁護人に預けることも保釈条件に盛り込まれており、弁護団が仏、レバノン、ブラジルのパスポートを預かり、保管した。

 その後、ゴーン被告が国内滞在を続けるにはパスポートを常時携帯する必要が生じ、弁護団が地裁に条件変更を請求。地裁は1冊を鍵付きケースに入れた上、弁護団が鍵を保管する条件で、携帯を許可したという。

 弁護団はゴーン被告の出国が明らかになった同12月31日、記者団に仏を含むパスポート計3冊を預かっていると説明。ゴーン被告は何らかの理由で仏パスポートを2冊所持していた可能性がある。
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:33 | Comment(10) | 国内ニュース

【韓国】フッ化水素製造技術確立か 高純度で大量生産可能と発表

■【韓国】フッ化水素製造技術確立か 高純度で大量生産可能と発表 ★ 2(2ちゃんねるSC)


引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 みつを ★ sage ▼ 2020/01/02(木) 19:57:41.86 ID:3LUBJTZL9.net
統一まであと2秒

https://this.kiji.is/585407934140269665


韓国、フッ化水素製造技術確立か
高純度で大量生産可能と発表
2020/1/2 19:01 (JST)
c一般社団法人共同通信社



 【ソウル共同】韓国の産業通商資源省は2日、日本政府が昨年7月に輸出規制を強化した「フッ化水素」について、韓国の化学メーカーが高純度で大量生産が可能な製造技術を確立したと発表した。フッ化水素は半導体の洗浄に使われ、規制強化前は日本からの輸入に頼っていた。

 日本から韓国向けフッ化水素の輸出額は規制強化後に急減。韓国メーカーが確立したとする製造技術が採算面でも問題なく、安定供給につながれば、日本の製造会社への打撃が長期化する可能性がある。

 同省によると、化学メーカー「ソウルブレーン」が液体のフッ化水素の不純物を「1兆分の1」まで抑えられるようになったとした。
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:23 | Comment(3) | 東亜ニュース

【話題】豚肉派か牛肉派か サケ派かブリ派か 東西で分かれる食べ物の好み

■【話題】豚肉派か牛肉派か サケ派かブリ派か 東西で分かれる食べ物の好み(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 首都圏の虎 ★ sage ▼ 2020/01/01(水) 12:16:48.70 ID:NDi3WIIJ9.net
日本全国、どこでも同じものを食べていると思いがちだけど、統計データを見ると、地域による違いがあることがわかる。お正月の食べ物も地域によって差があるんだ。似ている地域、異なる地域を比べて、その理由を考えてみよう。小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」2020年1月号は「発見!47都道府県ランキング」を特集。各都道府県の特徴を詳しく分析した。そこに掲載された記事を紹介する。
.

*  *  *
 みんなが普段食べている肉じゃがやカレーライスには、何の肉が入っている? 東日本では豚肉が多く、西日本では牛肉が多い。年末年始に食べる「年取り魚」も、東日本は主にサケ、西日本はブリと、東西で分かれている。

 この違いは、消費量の違いを示した都道府県別の分布図にもはっきりと表れている。豚肉の消費量(年間、1世帯当たり)が最も多いのは北海道、次いで青森県、新潟県。サケの消費量(同)が最も多いのは青森県、次いで北海道、岩手県。豚肉もサケも東日本で消費量が多く、西日本では少ない。

 一方、牛肉の消費量(同)が最も多いのは京都府、次いで奈良県、和歌山県。ブリの消費量(同)が最も多いのは富山県、次いで石川県、島根県。牛肉とブリは西日本で消費量が多く、東日本では少ないことがわかる。この違いはどこから来るのだろう?

 西日本ではかつて農耕に牛が使われていたので、牛は身近な食料だった。東日本では農耕に馬を使っていたけれど、馬は食用に向いていないため、簡単に育てられる豚の飼育が広まった。

 サケの消費量が多い東日本には、サケが遡上する川が流れる。ブリの消費量が多い西日本は、ブリの漁獲高も多い。身近にとれる食料をよく食べるうちに、その地域の食文化となり、今に伝わっていると考えられる。

1/1(水) 11:30配信
アエラドット
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191227-00000085-sasahi-life
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(2) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ ブログパーツ