2020年01月15日

【みなさまのNHK】149億円の赤字予算に…受信料値下げで43億円減収 2020年度

■【みなさまのNHK】149億円の赤字予算に…受信料値下げで43億円減収 2020年度 ★2(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ age ▼ 2020/01/15(水) 20:05:50 ID:kUPzPJDf9.net
NHKは15日、2020年度の収支予算と事業計画を高市総務相に提出した。総事業収入は19年度予算比で43億円減の7204億円。今年10月に予定されている受信料値下げが減収の要因。支出は7354億円で、収入を149億円上回る赤字予算となった。

事業支出は前年度比76億円増の7354億円。うち、常時同時配信などのインターネット活用業務費に約170億円を計上。この額は受信料収入の約2・4%で、同局のインターネット実施基準で上限と規定している2・5%の枠内に収めた。

2020/01/15 17:51
https://www.yomiuri.co.jp/culture/20200115-OYT1T50227/
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:00 | Comment(5) | 国内ニュース

【話題】ショックなことを聞いて「ガーン」と言ったらオジサン?

■【話題】ショックなことを聞いて「ガーン」と言ったらオジサン?★2(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ひぃぃ ★ sage ▼ 2020/01/14(火) 23:23:23 ID:PybUIX0Q9.net
 年齢が30代後半になってくると肉体的にはまだまだ若い人には負けないと思っていても、咄嗟に出た言葉で「オジサン」を実感してしまうことがあります。Twitterユーザーの真昼造船さんも、そんな経験をしたようです。

 真昼造船さんは1月8日、自身のTwitterに、知人から「ショックなこと聞いて『ガーン』て発声するの、もう中年以上だけらしいよ」と言われ、思わず「ガーン」と感じてしまったエピソードを紹介。すると、このツイートに約2万件のリツイートと、5万件以上のいいねが付き、多くの人から共感されているようです。

 筆者も今年で41歳。「ガーン」世代と言っても過言ではありません。体力的にはまだまだ大丈夫だと思っていても、普段使っている言葉に自分の「オジサン化」を感じることが多くなってきました。

 例えば、以前テレビ業界で働いていた時、番組チェックのために、後輩の同僚に「あの番組、ビデオに撮っておいて」と頼んだのですが、その後輩から「ビデオって……」と笑われたことがあり、自分の「オジサン化」を実感しました。

 真昼造船さんに話を伺ったところ、知人というのは30代後半の友人だそうで、その友人が「最近、『ガーン』を使ったら、20代前半の人にちょっと引かれた」と話していた流れで、ツイートの会話になったとのことです。たしかに、これは引かれてしまうかもしれませんね……。

 現在43歳で、最近は「流行ってる音楽やファッションに全く興味が無くなった」と話す真昼造船さん。「気持ちだけでも若くいたいものですが、なかなか体力も落ちてくる年齢なのでしんどいです」と話していました。

 みなさんは、どんな時に「オジサン化」「オバサン化」を実感しますか?また、これを使ったら中年以上と感じる言葉は何ですか?(佐藤圭亮)

2020年1月14日 13時0分 おたくま経済新聞
https://news.livedoor.com/article/detail/17661369/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(2) | 国内ニュース

【北海道】「抑えられなかった…もう育てられない。無理です」発達障害の小6長男に暴行 子供3人抱える介護士47歳シングルマザー逮捕

■【北海道】「抑えられなかった…もう育てられない。無理です」発達障害の小6長男に暴行 子供3人抱える介護士47歳シングルマザー逮捕 ★4(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ age ▼ 2020/01/14(火) 23:08:27 ID:BTR6bv3b9.net
 小学校6年生の長男の腹を蹴ったとして北海道平取町の介護士の女(47)が、暴行の疑いで逮捕されました。女は長男含め子供3人を抱えるシングルマザーで、長男は発達障害でした。

 警察によりますと、女は小学生の長男や長女、次女の計3人の子がいて、2020年1月12日午後8時40分ごろ、自宅で小学校6年生の長男の下腹部を2回蹴った疑いが持たれています。

 女はこの日の日中、長男に洗濯物を干すよう頼み出かけましたが、長男はやり終えず洗濯物をベッドの下に隠しました。女が帰宅後、洗濯物を見つけ、さらに、ベッドの下にカビが生えたり、腐った食べ物が出てきたということです。

 食べ物は、女が仕事をしている間に、子供たちが食べるために用意した食事の一部で、長男が好き嫌いをして残したものとみられます。

 長男にケガはなく、長女と次女にもケガはありません。

 警察によりますと、長男は対人コミュニケーションの障害から生きづらさを抱えるとされる「自閉症スペクトラム障害(ASD)」などの発達障害で、頻繁に家出を繰り返していたということです。

 2018年9月には、女が家出をした長男の頭をたたいたり、耳を引っ張る暴行をした疑いで書類送検されましたが、不起訴処分となっています。

 家庭の支援していた役場職員の女性が、女から暴行の話を聞き、警察に通報しました。

 調べに対し女は「怒ったとき開き直られたので、我慢できず感情に任せてしまった」と容疑を認めたうえで、「また手を挙げたら捕まってしまうと思っていたが自分で自分を止められなかった。もうこの子を育てられない。無理です」と供述しています。

 3人の子供は児童相談所に保護されているということです。

1/14(火) 17:15
北海道ニュースUHB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000009-hokkaibunv-hok
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(3) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ ブログパーツ