2020年06月02日

【速報】東京アラート発動。レインボーブリッジが赤く染まる

■【速報】東京アラート発動。レインボーブリッジが赤く染まる [記憶たどり。★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 記憶たどり。 ★ sage ▼ 2020/06/02(火) 22:16:26.17 ID:KTJIA/HL9
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060200833&g=pol

東京都は2日、新型コロナウイルスの感染者が新たに34人確認されたと発表した。
これを受け、小池百合子知事は同日夜の対策本部会議で、感染再拡大の兆候が表れた際に
警戒を呼び掛ける「東京アラート」を初めて発動した。

都は、東京アラートに関し、(1)1日の新規感染者20人未満(直近7日間平均)
(2)感染経路不明者の割合50%未満(同)(3)週単位の感染者増加比が1未満―の目安のうち、
一つでも上回った場合は病床など医療提供体制も考慮して発令を検討することにしている。
 
アラート発動に伴い、レインボーブリッジと都庁を赤くライトアップする。
2日時点で、1日の新規感染者は16.3人(直近7日間平均)、感染経路不明者の割合は50.0%(同)、
週単位の感染者増加比は2.15で、二つの目安が上回っている。
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:36 | Comment(1) | 国内ニュース

【社会】産業医が分析、新型コロナ禍の中、4月の日本の自殺率はなぜ2割も減ったのか

■【社会】産業医が分析、新型コロナ禍の中、4月の日本の自殺率はなぜ2割も減ったのか [かわる★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 かわる ★ ▼ 2020/06/02(火) 20:34:00.14 ID:xs0lZHkV9
厚生労働省のまとめによると、2020年4月の自殺者数は前年比約20%減。新型コロナウイルスの感染拡大予防で、多くのビジネスパーソンがリモートワークに移行したことによる、仕事や生活の環境の変化が自殺者の減少につながったという見方もあります。実際はどうなのでしょうか。ビジネスパーソンの心の問題に詳しい産業医の井上智介さんに伺いました。

自殺率が下がった理由
「自殺者数が減った」という今回のニュースを聞いて、産業医としてはちょっと意外に思いました。というのは、リモートワークによって、孤独感を強く感じる人が増えて、自殺が増えるのではないかと心配していたからです。これは、うれしい誤算といえます。

そもそも自殺に至る条件というのは次の3つがあります。

@所属感の減弱
A負担感の自覚
B自殺する能力がある
@「所属感の減弱」とは、どこにも所属していない孤独や孤立といった気持ちが強いとうつ状態に陥り、自殺を誘発します。先にお伝えしたように、今回の新型コロナウイルス問題でリモートワークが増えると、この感覚が強くなる人が増えるだろうと予想されましたが、蓋をあけてみると、孤独感よりもむしろ気持ちが安定する人が多かった。これは想定外でした。

?「負担感の自覚」というのは、自分が周りに迷惑をかけている、負担を強いているという気持ちが強いほど、自殺に至りやすいということです。しかし、今回こういう状況下で、自分だけでなく周りも仕事ができなくなったり、迷惑をかけたりしている。みんな同じだよねという感覚が生まれて、ふだん自己否定の強い人も、そう感じなくなったということが考えられます。

?「自殺する能力がある」。これは文字通り、自殺を実行できる力があるということです。若者が自殺すると「若いのにどうして」と周りは嘆きますが、若いと高いところに登れるし、自分を刺す力も持っているし、自殺というのは若いからこそできるわけです。寝たきりの人は動けないので自殺できません。しかし、新型コロナウイルス問題で外出制限がかけられたため、高いところに登ったり、ナイフを買いに行ったりすることが難しくなってしまった。この能力が奪われてしまったことが、自殺に歯止めをかけたのではないでしょうか。

そう考えると、今回の新型コロナウイルス災禍で自殺が減ったのは、主にAと?の力が落ちたことが要因になったといえるでしょうね。

苦手な人からのフィジカルディスタンシングが可能に
続きはhttps://president.jp/articles/-/35749?page=2続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:30 | Comment(4) | 国内ニュース

夜の街 飲食業関連のコロナ感染者増加 全体の3割に 東京

■夜の街 飲食業関連のコロナ感染者増加 全体の3割に 東京 [うずしお★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 うずしお ★ ▼ 2020/06/01(月) 22:32:36.14 ID:mpXvXDpm9
東京都によりますと、都内で新型コロナウイルスへの感染が確認された人の中で、いわゆる夜の繁華街での接待を伴う飲食業に関わる人の感染が増えているということです。

都によりますと、6月1日までの1週間で感染が確認された90人のうち、およそ3割に当たる26人が、夜の繁華街での接待を伴う飲食業に関わる客や従業員だということです。

その前の1週間は、感染が確認された48人のうち、夜の繁華街に関係する人はおよそ1割に当たる5人で、ここ1週間で増加傾向にあるということです。

また、こうした感染者には20代の男性が多いほか、全体の半数が新宿エリアの飲食店の関係者だということです。

中には飲食店で20人から30人が集まって開かれたイベントで6月1日までに少なくとも4人の感染が確認された例もあるということです。

都の担当者は「緊急事態宣言は解除されているので自粛というわけではないが、基本的なマスクの着用やソーシャルディスタンスの確保など、できるだけ感染防止に努めてもらいたい」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200601/k10012454381000.html
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(5) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ ブログパーツ