2020年09月19日

【100%】携帯料金下げ、大容量プラン焦点 …大手幹部「本気度を感じている。値下げに向けて対応をせざるを得ない」

■【100%】携帯料金下げ、大容量プラン焦点 …大手幹部「本気度を感じている。値下げに向けて対応をせざるを得ない」 ★2 [ばーど★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ age ▼ 2020/09/19(土) 19:03:20.98 ID:8F4LuXr/9
菅義偉首相は18日、官邸で武田良太総務相と会談し、携帯料金値下げの「具体的な結論」を出すよう指示した。武田氏は会談後、「百パーセントやる。やるかやらないかの話だ」と強調した。値下げ幅は「1割程度では改革にならない。海外では健全な競争原理を導入し、7割ほど下げた国もある」と述べた。

ある携帯大手の幹部は「政権の本気度を感じている。値下げに向けて何らかの対応をせざるを得ない」と話す。

昼の武田総務相…

2020/9/18 23:00 (2020/9/19 5:14更新)日本経済新聞 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64080780Y0A910C2EA2000/
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:33 | Comment(3) | 国内ニュース

【新聞離れ】 スクープ! 朝日新聞が遂に500万部割れ 実売は 「350万部以下」か

■【新聞離れ】 スクープ! 朝日新聞が遂に500万部割れ 実売は 「350万部以下」か★4 [ARANCIO-NERO★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ARANCIO-NERO ★ ▼ 2020/09/19(土) 20:25:08.14 ID:wTI8xj4V9
号外速報(9月18日 22:10)

新聞離れに歯止めが掛からない中、朝日新聞の販売部数(朝刊)が8月についに500万部を割ったことが分かった。
400万部台に落ち込んだのはおよそ55年ぶりのことだ。

新聞販売関係者の間では、読者に配達されないまま廃棄される「押し紙」の分を差し引いた実売部数は300万〜350万部程度との見方が強い。

10年で300万部失う惨状

日本ABC協会のまとめによると、朝日新聞の8月の販売部数は499万1642部で、前月比2万1千部、前年同月比43万部の減少となった。
朝日新聞の販売部数は1980年代末から2009年にかけて800万部台を誇っていたが、14年12月に700万部を割り、18年2月には600万部を下回った。

<後略>

https://facta.co.jp/article/202010041.html続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:16 | Comment(2) | 国内ニュース

【2019年】出生数は過去最少86万5,239人、合計特殊出生率1.36…厚労省

■【2019年】出生数は過去最少86万5,239人、合計特殊出生率1.36…厚労省 ★8 [記憶たどり。★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 記憶たどり。 ★ sage ▼ 2020/09/19(土) 13:24:14.79 ID:1peTsQ7V9
厚生労働省は2020年9月17日、2019年人口動態統計(確定数)の概況を公表した。出生数は前年(2018年)比5万3,161人減の86万5,239人で、1899年の調査開始以来過去最少を更新した。合計特殊出生数は、前年の1.42から0.06ポイント低下し、1.36となった。

人口動態調査は、日本の人口動態事象を把握し、人口や厚生労働行政施策の基礎資料を得ることが目的。出生・死亡・婚姻・離婚・死産の実態を表すものとして毎年作成しており、2020年6月発表の概数に修正を加えた確定数として公表した。調査期間は2019年1月1日〜12月31日。

 2019年の出生数は86万5,239人で、前年の91万8,400人から5万3,161人減った。4年連続で減少し、1899年の調査開始以来過去最少となった。母の年齢(5歳階級)別では、15〜44歳の各階級と50歳以上で前年より減少。14歳以下と45〜49歳で増加した。

 合計特殊出生率は1.36。前年の1.42から0.06ポイント低下した。母の年齢(5歳階級)別でも、すべての年齢階級で低下。もっとも合計特殊出生率が高い年齢階級は30〜34歳だった。

 出生順位別でみても、出生数と合計特殊出生率ともにすべての出生順位で前年より減少・低下。母の年齢(5歳階級)別と出生順位別をあわせてみると、出生数は20〜39歳の各階級でいずれの出生順位も前年より減少したが、40〜44歳の第3子以上と45〜49歳の第2子および第3子以上などは前年より増加した。合計特殊出生率は20〜34歳の各階級ではいずれの出生順位も前年より減少したが、35〜39歳と40〜44歳の第3子以上などで前年より上昇した。

 一方、死亡数は戦後最多となる前年比1万8,623人増の138万1,093人。出生数と死亡数の差である自然増減数はマイナス51万5,854人で、13年連続の減少となった。婚姻件数は、前年比1万2,526組増の59万9,007組と、7年ぶりに増加した。離婚件数は、前年比163組増の20万8,496組であった。

 なお、合計特殊出生率とは、調査年次の15〜49歳の女性の年齢別出生率を合計したもの。1人の女性がその年齢別出生率で一生の間に生むとしたときの子どもの数に相当する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a974decc73cedc597bd0c564aecd3559b4a9ffe1続きを読む
posted by nandemoarinsu at 15:00 | Comment(2) | 国内ニュース

【カナダ】テスラで自動運転中にシート倒し昼寝 パトカー追跡で自動的に加速、時速150キロに…危険運転で逮捕

■【カナダ】テスラで自動運転中にシート倒し昼寝 パトカー追跡で自動的に加速、時速150キロに…危険運転で逮捕 [ばーど★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ age ▼ 2020/09/19(土) 13:34:05.02 ID:8F4LuXr/9
■カナダ警察、テスラ車オーナーを「運転していなかったため」危険運転で逮捕

寝るなら乗るな、乗るなら寝るな

カナダ・アルバータ州で、時速150kmで走行するテスラModel Sのドライバーが危険運転のため逮捕され、起訴されました。罪状は危険運転ではあるものの、別にあおり運転などをしていたわけではなく、むしろ”運転していなかった”ことが問題でした。

7月9日、カナダ王立騎馬警察(RCMP)は高速2号線で挙動の不審な自動車が走行しているとの通報を受けました。

そのクルマは少なくとも時速140km/hで走行し、運転席も助手席も人影は見えず、完全にリクライニングを倒して寝ているのではとのことでした。

RCMPが現場に向かったところ、当該の2019年型テスラModel Sを発見。自動運転を使用しているように見えました。

パトカーが後方から接近し回転灯を点灯させたところ、テスラは自動的に加速し始めたため、警察はレーダー測定器で走行速度を計測、時速150kmで走行していることを確認したため、警告を発してドライバーを起こして停止させました。

まだ20代前半のドライバーは、警察によってその場で速度違反と過労運転による24時間の免停措置がとられました。さらに危険運転容疑によって起訴され、裁判所の召喚状を受け取ったとのことです。

9月19日
https://japanese.engadget.com/canada-tesla-autopilot-not-driving-225046433.html
-----
■テスラ自動運転中にシート倒し昼寝、時速140キロ出し訴追 カナダ

カナダ・アルバータ州で米テスラの電気自動車を自動運転中、昼寝をして時速140キロメートル以上の高速走行をさせたとして、カナダ人の男が危険運転の罪で訴追された。

アルバータ警察によると、問題の車は運転席と助手席の両方のシートを完全に後ろに倒し、前席の2人がともに寝ている状態で走行していたとみられる。

通報を受けて警察車両が緊急警告灯を点灯して接近し、他の車が進路を譲ると、問題のテスラ・モデルSはスピードを上げたという。

この事件で、運転していたブリティッシュ・コロンビア州の男(20)が訴追され、12月に裁判所に出廷することになった。

男は当初、速度違反により24時間の免許停止の処分を受けたが、のちに危険運転の罪に問われた。

「車はスピード上げた」

この事件は7月、アルバータ州の州都エドモントンの南100キロほどの、ポノカ近郊で起こった。

警察のダリー・ターンブル氏はカナダのCBCニュースに、「車がどこに向かっているのか、窓の外を確認している人が誰もいなかった」と話した。

同氏の話では、警察車両が警告灯をつけたところ、前方を走行していた別の車が道を空けるとともに、テスラは加速したという。

「車内に人の姿は見えなかったが、進路が空いたため問題の車はスピードを上げた」

「警官として勤続23年以上で、その大半で交通取り締まりに当たっているが、言葉が出ない。こんなことは一度もなかった。もちろん、以前はこんなテクノロジーはなかったが」

年内の完全自動運転目指す

テスラの電気自動車は現在、自動運転のレベル2で走行している。運転者は常に注意を払って対応できる状態を保ち、両手をハンドルに乗せておくことが義務付けられている。

テスラ創業者のイーロン・マスク氏は、同社の車が年内に、完全な自動運転を実現することを目指していると表明している。

一方で、実際の路上試験では、解決が必要な「細かい問題がたくさん」見つかっているとしていた。

(英語記事 Tesla driver charged over 'napping while speeding')

9/18(金) 16:52 BBC News
https://news.yahoo.co.jp/articles/3f68a34bc7a2af8c0fbff5e49f98d7350dbc4b56続きを読む
posted by nandemoarinsu at 14:06 | Comment(0) | 海外ニュース
人気記事