2020年10月14日

【ドイツ駅前】ベルリンの少女像 地元当局「当面設置認める」今後の対応検討

■【ドイツ駅前】ベルリンの少女像 地元当局「当面設置認める」今後の対応検討 [どこさ★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 どこさ ★ ▼ 2020/10/14(水) 21:01:50.73 ID:gfRzDFiL9
統一は来年

ベルリンの少女像 地元当局「当面設置認める」今後の対応検討
NHK 2020年10月14日 12時23分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201014/k10012662331000.html

ドイツ・ベルリンの韓国系の市民団体は、
慰安婦問題を象徴する少女像の設置許可を地元当局が取り消したことから
裁判所にこの決定の効力停止を申請しました。
これを受けて地元当局は当面、像の設置を認めるとしたうえで、
今後の対応を慎重に検討していくことにしています。

ベルリンのミッテ区では、韓国系の市民団体が先月、
慰安婦問題を象徴する少女像を公有地に設置しましたが、区は今月8日、
「国家間の歴史的な問題で一方の側に立つことは避けなければならない」
として一転して設置許可を取り消し、
14日までに撤去するよう要請していました。

これに対し団体は少女像の撤去は受け入れられないとして、13日までに、
裁判所に決定の効力停止を申請し、区にも異議を申し立てました。

13日には団体側の発表でおよそ250人が集まって抗議デモが行われ、
団体の代表から請願書を手渡されたミッテ区のフォンダッセル区長は
「賛成と反対の議論にどのようなものがあるのか、
 われわれが十分に検討したのか、
 今一度じっくり考えたい」と述べました。

区は、14日までとしていた少女像の撤去要請は無効になったとして、
当面、少女像の設置を認めると発表しました。

区としては、裁判所の判断を待つとともに、
日本側と団体側が受け入れられる妥協案を模索したいとして、
今後の対応を慎重に検討していくことにしています。

ベルリンの日本大使館は、像の撤去を求めていて
「状況を注視していく」としています。

■加藤官房長官「今後の動きを見守る」

加藤官房長官は午前の記者会見で、
「ドイツ国内の司法手続きであり、今後の動きを見守っていきたい。
 政府としては、
 慰安婦問題についての考え方や取り組みをさまざまな形で説明し、
 国際社会から正当な評価を受けるよう努力を重ねていきたい」
と述べました。続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:11 | Comment(3) | 東亜ニュース

【国際】 強盗シーン撮影中に本物の警察が急襲、俳優陣がTV局を提訴

■【国際】 強盗シーン撮影中に本物の警察が急襲、俳優陣がTV局を提訴 [朝一から閉店までφ★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 朝一から閉店までφ ★ ▼ 2020/10/13(火) 22:28:55.85 ID:s068chj99
記事投稿日:2020/10/13 16:22 最終更新日:2020/10/13 16:22

米国で人気の犯罪捜査ドラマ『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』。そのスピンオフシリーズ『NCIS:ニューオーリンズ』の俳優陣が、制作するテレビ局CBSを訴えたとTMZが報じている。

’17年、強盗が宝石店を襲うシーンの撮影中、演技や衣装があまりにもリアルだったために本物の警官隊が出動。俳優陣は銃を向けられ、一歩間違えば銃殺される瀬戸際だったという。このシーンに出演していた2人の俳優が、「白昼堂々、武装強盗シーンをゲリラ撮影し、警察に誤解を与えた上、命の危険にさらされた」としてCBSに訴訟を起こしたのだ。

撮影が行われたのは、ショッピングセンター内に実在する宝石店だった。

出演俳優は、「周辺店舗や警察には撮影の許可を取ってある」という制作側の言い分を信じたが、スキーマスクをかぶってアサルトライフルを構えた男たちがバンから飛び出し、宝石店を急襲する様子を目の当たりにした隣の店舗のオーナーは迷いなく911に通報。警察にも情報は共有されていなかったようで、間もなく警官隊が到着。強盗の演技をする俳優陣に、実弾の入った銃を向けたという経緯だ。

ともすれば殺されていたかもしれないという恐怖がトラウマとなり、俳優2人は今もなおPTSDに苦しんでいるとしてCBSに対し損害賠償を求めていると報じられている。

https://jisin.jp/international/international-news/1903093/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(8) | 海外ニュース

【非正規職員】最高裁、アルバイトや契約社員へのボーナスや退職金認めず “不合理格差に当たらず”

■【非正規職員】最高裁、アルバイトや契約社員へのボーナスや退職金認めず “不合理格差に当たらず” ★4 [ブギー★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ブギー ★ ▼ 2020/10/13(火) 21:38:25.01 ID:Sra6CJ0j9
非正規で働く人たちが正規雇用の人たちと同じ仕事をしているのに、ボーナスや退職金が支給されないのは不当だと訴えた2件の裁判で、最高裁判所は、いずれも不合理な格差に当たらないとする判断を示しました。

大阪医科大学の研究室で秘書のアルバイトをしていた50代の女性は、正規の職員の秘書と仕事の内容が同じなのにボーナスなどが支給されないのは不当だとして、大学側に賠償を求めました。

判決で、最高裁判所第3小法廷の宮崎裕子裁判長は「大学では、正規の職員は業務内容の難易度が高く、人材の育成や活用のために人事異動も行われ、正職員としての職務を遂行できる人材を確保する目的でボーナスが支給されている。一方、アルバイトの業務内容は易しいとうかがわれる」と指摘しました。

そのうえで「ボーナスが支給されないことは不合理な格差とまではいえない」と判断しました。

また、東京メトロの子会社「メトロコマース」の契約社員らが、駅の売店で正社員と同じ業務をしていたのに退職金などが支給されないのは違法だと訴えた裁判でも判決が言い渡されました。

最高裁判所第3小法廷の林景一裁判長は、「退職金は労務の対価の後払いや、続けて勤務したことに対する功労の性質もある。正社員は複数の売店を統括し、サポートやトラブル処理などに従事することがあるが、契約社員は売店業務に専従し、一定の違いがあったことは否定できず、配置転換も命じられない」と指摘しました。

そのうえで、退職金を支給しないことは不合理な格差に当たらないとする判断を示しました。

一方で、2件の判決ではボーナスも退職金も、不合理な格差と認められる場合には、違法と判断することもありうるとし、あくまで今回の個別のケースに対する判断だとしています。

労働組合「よくない流れを作ってくれた」

兵庫県尼崎市を中心に、およそ30年にわたって労働者への相談や支援活動を行ってきた「武庫川ユニオン」も13日の判決を注目していました。

判決について、小西純一郎副委員長は「企業側が、今回の判決を活用して、『アルバイトにはボーナスはいらないとか退職金はいらない』と言いだすと、非正規にとっては非常に大変だと思う。よくない流れを作ってくれたなと思います」と懸念を示しました。
加藤官房長官「公正な待遇の確保に向け進めていく」
加藤官房長官は、午後の記者会見で、「厚生労働省で判決内容を精査しているが、もともと民と民の訴訟にかかる判決でもあり、内容についてコメントすることは差し控えたい。政府として、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保、いわゆる『同一労働同一賃金』の実現に向けた取り組みを進めていきたい」と述べました。続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(5) | 国内ニュース

【名古屋】「自転車のサドルをなめる男がいる…」 面識ない女性(18)にストーカー行為か 会社員の男(47)を逮捕

■【名古屋】「自転車のサドルをなめる男がいる…」 面識ない女性(18)にストーカー行為か 会社員の男(47)を逮捕 ★2 [ばーど★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ age ▼ 2020/10/13(火) 19:15:39.11 ID:DnJlIm/q9
 名古屋市で面識のない18歳の女性の自宅などに押し掛けるストーカー行為をしたとして47歳の男が逮捕されました。

 ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されたのは、名古屋市中村区の自称会社員、小室裕達容疑者(47)です。

 警察によりますと、小室容疑者は9月28日から10月5日の間、3回にわたって、中村区内に住む面識のない18歳の女性の自宅などに押し掛け、ストーカー行為をした疑いがもたれています。

 調べに対し、小室容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。

 9月5日と28日に女性の自宅の自転車置き場で「自転車のサドルをなめる男がいた」という通報があり、防犯カメラの映像などから小室容疑者が特定されました。

 警察は、詳しい動機や余罪について調べています。

10/12(月) 20:54 メ〜テレ(名古屋テレビ)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c87a04f64f0b1f19571f3c5af1bb137662895446
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:34 | Comment(0) | 国内ニュース
人気記事