2020年10月25日

WTO次期事務局長選 日本、韓国候補を不支持へ 韓国候補が当選した場合、公平性に影響しかねないと判断

■WTO次期事務局長選 日本、韓国候補を不支持へ 韓国候補が当選した場合、公平性に影響しかねないと判断 [Felis silvestris catus★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 Felis silvestris catus ★ ▼ 2020/10/25(日) 20:58:27.60 ID:2HplvvQN9
※統一849

https://news.yahoo.co.jp/articles/1cd1f807b32b6d111d02dbf9d0347829ccab0846
 政府は、韓国とナイジェリアの2人に絞られた世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選を巡り、韓国候補を支持せず、ナイジェリアの候補を推す方針を固めた。韓国は日本による輸出規制強化を不当としてWTOに提訴しており、韓国候補が当選した場合、紛争解決手続きの公平性に影響しかねないと判断したもようだ。複数の政府関係者が25日、明らかにした。

 近くWTO側に日本の立場を伝える。WTOは各加盟国にどちらを支持するか聞き取りし、11月上旬までに次期事務局長を選ぶ予定だ。

 最終候補は、韓国産業通商資源省の兪明希通商交渉本部長と、ナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相。
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:34 | Comment(1) | 海外ニュース

助け合い「何もしない」が半数近く 厚労省のネット調査

■助け合い「何もしない」が半数近く 厚労省のネット調査 ★3 [どこさ★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 どこさ ★ ▼ 2020/10/24(土) 04:04:52.69 ID:F5E3h3vw9
 地域での住民や知人同士の助け合いの意識について尋ねたところ、半数近くが「何もしない」と答えたとの調査結果を厚生労働省がまとめた。23日に閣議決定された2020年版の厚生労働白書に盛り込まれた。厚労省は「家族や住民団体、NPO法人などの力も活用しながら、新たなつながりや支え合いをつくる必要がある」としている。
 調査は昨年12月にインターネットで実施し、18歳以上の男女3千人から回答を得た。地域での医療や福祉への関わり方について、していることを複数回答で尋ねたところ、「関われることはないので何もしない」が46・9%で最も多く、「日常の困りごとについて、友人・知人同士で助け合う」の32・1%、「近隣住民同士で助け合う」の27・1%を上回った。
 65歳以上の高齢者人口は40年ごろにピークを迎え、未婚の高齢者も増えると見込まれる。白書では、日常で助けを頼れる人がいない高齢者は1990年の44万世帯から、2015年に160万世帯に増え、40年には230万世帯になると推計。支え合う意識がさらに薄まることが心配されている。(山本恭介)

朝日新聞 2020年10月23日 16時45分
https://www.asahi.com/articles/ASNBR4W7LNBRUTFL002.html?iref=comtop_7_03続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(4) | 国内ニュース

【遊技】「初めてパチンコしたけど面白くなかった。1000円だけ使って帰った」 業界は新規ユーザーをどう逃がしたか

■【遊技】「初めてパチンコしたけど面白くなかった。1000円だけ使って帰った」 業界は新規ユーザーをどう逃がしたか★3 [ひぃぃ★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ひぃぃ ★ sage ▼ 2020/10/24(土) 21:41:51.19 ID:CfJ302nu9
パチンコ業界ニュースサイト「グリーンべると」が、今年5月に掲載した記事で「パチンコ・パチスロプレイヤー調査2020」の内容を紹介している。それによると、年に1度以上パチンコを打つ遊技参加者は、2019年は1021万人。前回調査から4.8万人の微増だったという。

この調査結果は新型コロナウィルス感染症によって、全国のホールが自主的に営業を休止する前のこと。次回の調査では遊技人口が減っていることは確実だ。庶民の娯楽としてスタートしたパチンコは今や、庶民から娯楽の選択肢から除外されつつある。(文:松本ミゾレ)

■初心者にはわからないことだらけ 娯楽として内輪向けになり過ぎたパチンコ

パチンコ業界は、2000年代の初頭までテレビCMで機種の周知徹底も出来ていたし、サラ金全盛期の頃は大勢のユーザーが血眼になって群がる鉄火場だった。当時はマイクで店員が射幸心を煽るのもOKだったし、店内では良い台を巡って喧嘩が起きることも。そのような時代から、20年もかからないうちに業界は冷え込んでいる。

今では閑古鳥の鳴くなか、マニュアル通りの笑顔を貼り付けた店員が徘徊し、ユーザーも、バカみたいなデザインで、耳と目を悪くする殺人音量・殺人光線の演出を繰り出す台にひたすら耐えている。僕はかろうじて面白かった頃のパチンコを知る世代だけど、今のパチンコの面白さを、パチンコを知らない人たちに布教できる自信はない。

現状、ホールに設置されているパチンコって、既に新規ユーザーの獲得については諦めている節もある。残ったヘビーユーザー相手に、いかに粘らせるか。これを念頭に作ってるんじゃないか? と思われる台は多い(たとえば期待できない演出は意図的に発生頻度を下げられる調整をユーザーが行えるなど)。

新しいお客さんが店に入ったとしても、ゴテゴテした筐体のせいで、遊ぶ際に重要な“目安”となるデータカウンターが隠れてしまうという致命的な台を、果たして打つのか。しかも三店交換方式のせいで店員が景品交換所教えてくれないのは昔のまま。初心者に全然フレンドリーではない。

少ないユーザーからいかに搾り取るかには躍起になるけど、新しいユーザー開拓の方法が分からないのが現状のパチンコ業界と見える。

たまに無料パチンコ教室だなんて言って、無料でパチンコをさせる企画を打つホールもあるけど、あんなのでわざわざ若い新規ユーザーが集まるはずがない。そんなものに参加しなくても、娯楽は今の時代、いくつもあるわけだし。訴求力がないのだ。

2020年10月19日 17時0分 キャリコネニュース
https://news.livedoor.com/article/detail/19082491/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(6) | 国内ニュース
人気記事