2020年11月27日

【社会】コロナ不況で職場の雰囲気が悪化「特にバブル世代は仕事ができないのに”生産性を3倍にしろ”と若手を詰めるだけ」

■【社会】コロナ不況で職場の雰囲気が悪化「特にバブル世代は仕事ができないのに”生産性を3倍にしろ”と若手を詰めるだけ」 [potato★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 potato ★ ▼ 2020/11/27(金) 20:45:44.33 ID:zQN2x8Zl9
再び猛威をふるい始めている新型コロナウイルス。2020年は、コロナの影響を受けて劇的に働き方が変化した企業も多い。企業口コミサイト「キャリコネ」には、コロナ禍が世の中に及ぼした影響について、さまざまな口コミが寄せられている。(文:コティマム)

急速に進んだ在宅勤務「定着すれば働きやすい環境になる」

「子どもの看病、病院へ連れて行くなどの理由で突発的に有給休暇を取得する事が許される空気がある。コロナ後は積極的に在宅勤務を取り入れる人も増え、部の出社率は6割ほどになった」(プログラマー/30代後半/男性/正社員/年収400万円)

「コロナ手当も特休もしっかりもらえました。1か月1万円。特休は2日。福利厚生だけは本当に良いと思います。サービス残業も全くありません」(ショップスタッフ/20代後半/女性/正社員/年収360万円)

「コロナの影響で在宅勤務が通常運転になりつつある。週1、2しか出社しない人もザラ。これが今後も定着すれば働きやすい環境になると思う」(その他/20代後半/女性/正社員/年収500万円)

コロナの影響で急速に在宅勤務対応が進んだ企業は多い。在宅勤務に切り替える社員が増え、「無理して出勤しなくても仕事はできる」と証明された企業もあるだろう。在宅勤務は、今後スタンダードな働き方になるかもしれない。
また、社員に手当や特別休暇を与える企業も。緊急事態だからこそ、大変な状況でも働き続ける社員を大切にする企業が求められるだろう。

「担当者同士で仕事を押し付け合う状況で働きにくい」

ハードウェア関連職の30代男性は、「コロナ不況化で職場の雰囲気が非常に悪くなりました」と明かす。

「特に、今までずっと派遣社員に仕事を丸投げしてきた50代のバブル世代の課長やチームリーダーは、仕事が全くできないのに、部下に対して『定時でアウトプットを出しなさい』『生産性を3倍にしなさい』『何でできないんだ?言い訳をするな!』と詰めるだけ。20代〜30代社員に負荷がかかっている状況」

コロナ禍で会社の業績が悪化したことで、職場の雰囲気も悪化。上司から無理難題を押し付けられるような環境下では、積極的に仕事に取り組む意欲が湧くはずもないだろう。

「その結果、担当者同士で仕事を押し付け合う状況になっており、とても働きにくい職場環境になっています」

本来ならば、コロナ禍という誰もが経験したことのない困難な状況だからこそ、励まし合い、協力し合うことが求められる。職場の雰囲気が荒れていては、前代未聞のコロナ不況を乗り越えることは難しいかもしれない。

https://news.careerconnection.jp/?p=105700
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:44 | Comment(0) | 国内ニュース

【岡山発】従業員を「月給2万円」の奴隷扱いで逮捕、家族ぐるみの非人道的な極悪手口「お前が逃げたら、家まで行って親まで殺すからな!」

■【岡山発】従業員を「月給2万円」の奴隷扱いで逮捕、家族ぐるみの非人道的な極悪手口「お前が逃げたら、家まで行って親まで殺すからな!」 [首都圏の虎★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 首都圏の虎 ★ ▼ 2020/11/27(金) 14:33:23.98 ID:XJXknNIo9
「お前が逃げたら、家まで行って親まで殺すからな!」
 
 男性従業員Aさん(62)を、今年1月22日から5月7日までの107日間、脅すなどして軟禁し、働かせた男が11月16日に逮捕された。

 岡山西署によると、その男は、岡山市の不動産管理会社「グローバルパートナー」の社長・横田育弓生(やすゆき)容疑者(55)。嫌疑は労働基準法違反(強制労働の禁止)というものだったーー。

月給は2万円トイレに行くことも許されず
 容疑者は、Aさんが逃げ出さないように「人感センサー」を使い自宅に帰らせず、月給の支払いはわずか2万円。恫喝(どうかつ)、殴る、蹴る、木刀で殴る、板の間に正座させるなどを繰り返していたという。 

 そんな傷害などの容疑で5回も逮捕され、すでに起訴されていた。非人道的な扱いはさらにあり、

「Aさんは職場の椅子で寝る程度。トイレにも行くことが許されず、排尿・排便でさえ自分の席のビニール袋にさせられていたようです」
 
 とAさんの知人。

「さらに、日常的に暴力を受けていていたため、洗脳、マインドコントロールをされていたようです。
 
 加えて、Aさんと同居する親に不審に思わないように、“仕事が忙しくて帰れないから”と、ときどき電話をかけさせていました。さすがに何度か逃げ出したことはありましたが、そのたびに会社の役員である容疑者の父親が連れ戻していました。母親もAさんに暴力をふるうなどして、家族ぐるみの犯行の可能性もあります」(同・知人)

 4か月近くも従業員を帰さずに働かせ続けるとは、ブラック企業も真っ青だが、人を人とも思わぬ横田容疑者はどんな人物なのか――。

「不倫暴露」の過去、第2の被害者が明かした「手口」が明らかに。さらに容疑者の両親を直撃すると、「逮捕は何かの間違いでは」など、思わぬ言葉が返ってきて……。『元民主党・姫井由美子議員との不倫を暴露した男、従業員を「月給2万円」で「107日間軟禁」の奴隷扱いで逮捕〈第2の被害者が告発した、洗脳・乗っ取りの手口とは〉』を、11月27日、11時配信のYahoo!ニュース有料記事にて【全文公開】する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/00aa176445ae3e4b8037609dd732f860dc2e49be
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:16 | Comment(1) | 国内ニュース

【民法】精子提供で生まれた当事者が訴え “出自を知る権利 明記を”「成人してから知らされ親子関係が壊れた」…

■【民法】精子提供で生まれた当事者が訴え “出自を知る権利 明記を”「成人してから知らされ親子関係が壊れた」… ★3 [どこさ★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 どこさ ★ ▼ 2020/11/26(木) 01:59:13.06 ID:imYw5mbf9
第三者から精子や卵子の提供を受けることによって生まれた子どもの親子関係を民法で特例的に定める法案について、精子提供で生まれた当事者などが「出自を知る権利」を盛り込むべきだと訴えました。
議員立法の形で提出されたこの法案は、第三者から卵子の提供を受けて妊娠・出産したときは、出産した女性を母親とし、夫の同意を得て夫以外から精子の提供を受けて生まれた子どもは夫を父親とするとしています。

今月、参議院本会議で可決され、衆議院に送られていますが、生まれた子どもが精子の提供者の情報などを知る「出自を知る権利」などの課題については、おおむね2年後をめどに検討するとされています。

この法案をめぐって、第三者からの精子提供で生まれた当事者などが、24日、会見を開き、「出自を知る権利」について、問題を先送りせず、法案に当初から盛り込むべきだと訴えました。

さらに、親を含めた当事者がさまざま葛藤を抱えることを前提にした相談体制や、容姿や学歴、才能などに応じて高額な謝礼を支払うといった商業的なあっせんの規制などについても検討が必要だと呼びかけました。

精子提供で生まれた当事者で、会見した石塚幸子さんは「私は成人したあとに突然事実を告知され、信頼していた親に裏切られたと感じて信頼関係が崩れてしまったし、隠さなければならない技術で私は生まれたのかと、自分を肯定的に受け止めることもできなくなりました。早い段階で事実を伝え、知りたいときに提供者の情報を知ることができるよう、法律にも明記してほしい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201124/amp/k10012728401000.html?__twitter_impression=true
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(9) | 国内ニュース

【ヤクザ】門松、熊手、クリスマスツリー…「みかじめで購入」は業者にも罰則、都改正暴排条例で“悪習”打破

■【ヤクザ】門松、熊手、クリスマスツリー…「みかじめで購入」は業者にも罰則、都改正暴排条例で“悪習”打破 [香味焙煎★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 香味焙煎 ★ sage ▼ 2020/11/22(日) 10:47:48.62 ID:ZPa5e2CP9
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、大きな影響を受けた飲食店などでは新たな思いで、正月飾りの準備を考える時期を迎えている。
警視庁は10月、東京・渋谷の業者に門松を購入させ、実質的な「みかじめ料」を得たとして、暴力団幹部らを摘発した。正月飾りのほかクリスマスツリーなども縄張り内の店に買わせ、資金を得る手法は慣習化し、都内の繁華街にはびこっている可能性があるという。
新型コロナの影響で資金難に陥る組もある中、警視庁は「古くからの資金源も断ち、さらに追い詰めていく」と厳しい姿勢で臨む。

(続きはソースでお読みください)

産経ニュース
https://www.sankei.com/premium/news/201122/prm2011220010-n1.html
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(0) | 国内ニュース
人気記事