2020年12月23日

【NHKに聞いてみた】なぜスクランブル化できないのか?…「全ての人に必要な情報をお届けする 公共の役割を果たさなければならない」

■【NHKに聞いてみた】なぜスクランブル化できないのか?…「全ての人に必要な情報をお届けする 公共の役割を果たさなければならない」★5 [首都圏の虎★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 首都圏の虎 ★ ▼ 2020/12/23(水) 21:12:54.95 ID:qh6g7WG09
※マネーポストWEB

多くの国民から「高すぎる」との声も出ているNHKの受信料。「NHKは見ないから、受信料は払いたくない」という人も少なくない。なかには「NHKは『スクランブル化』を導入せよ」という声もある。

スクランブル化とは、放送電波を暗号化し、解読する装置がないと受像機(テレビ)で番組が見られないようにすることを指す。「受信料を払う人だけがNHKを見られる」ということであり、“見ない人は払わなくていい”ことになる。

WOWOWなど民間の放送事業者で導入されている仕組みであり、災害などの緊急時にはスクランブルの解除も可能だ。

NHK側がこうした議論に正対しないのは、全員一律に徴収が認められている受信料の収入がスクランブル化で減ることを避けたい意図があるとの指摘が根強くある。

改めて、NHKに「なぜスクランブル化をやらないのか」と問うた。

「NHKは放送法第15条で、公共の福祉のために、日本全国で受信できるよう、豊かでかつ良い番組を放送することが求められており、すべての人に必要な情報をお届けするという『公共の役割』を果たさなければなりません。

また受信料を財源とすることで、特定の利益や視聴者に左右されず、生活の基本となる情報や、豊かな文化を育む多様な番組を、『いつでも、どこでも、だれにでも』提供できます。スクランブル化の導入は、NHKに求められるこうした『公共の役割』と相容れないものと考えます。また、主な海外の公共放送においても、こうした方式を採用しているところはないと認識しています」(広報局)

適切な改革に向け、今後も議論が必要となりそうだ。

※週刊ポスト2020年12月25日号

12/23(水) 7:00配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/d653f0e610681585f7ac1cdf33a9abb39d0b1cd2
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:00 | Comment(5) | 国内ニュース

【中国父さん】天安門事件 日本が「中国の孤立化」回避、外交文書で明らかに「孤立化へ追いやるのは大局的見地から得策ではない」

■【中国父さん】天安門事件 日本が「中国の孤立化」回避、外交文書で明らかに「孤立化へ追いやるのは大局的見地から得策ではない」 [和三盆★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 和三盆 ★ ▼ 2020/12/23(水) 20:32:36.42 ID:rc+aYbS79
 外務省は23日、1989年に中国で起きた天安門事件当時の外交文書を公開しました。文書には、中国の孤立化を避けようと動いた日本の姿勢が記録されていました。

 1989年6月。北京の天安門広場で民主化を求めた学生らに対し、中国政府は軍を出動させ、弾圧しました。公式発表で死者は319人。デモ隊の声を強引に封じ込めた中国の姿勢に、欧米諸国は一斉に非難を強めました。

 23日、外務省が公開した当時の外交記録。事件直後から日本政府が中国の孤立化を懸念していたことが記録されていました。

 「人道的見地から容認できない。しかし、中国を孤立化へ追いやるのは大局的見地から得策ではない」

 情勢分析には、こんな記述も見られました。

 「農民を中心に大多数は政治的自由に無関心」「過度に反応したり、いたずらに感情的になったりすることは禁物」

 人権や市民の声よりも中国政府の立場に配慮したともとれる、日本政府の方針。元駐中国大使の宮本雄二さんは、当時をこう振り返ります。

 「このままやっとくと(中国政府の)改革開放政策が頓挫するかもしれないと、これが一番大きな危機感でしたね。改革開放をやらせることによって中国を国際社会の中に取り込んでいくという、我々の大きな国策でしたから」(元駐中国大使 宮本雄二さん)

 日本は、事件の翌月にフランスで行われたG7サミットの共同宣言に「中国の孤立化を避ける」という文言を入れることに成功。その後、中国との関係は急速に改善へと向かいました。

 「我々としては一生懸命に頑張って、中国に対して結託して大きな制裁を科すということにならないように努力しました。さまざまな人たちのさまざまな思惑の中で、天皇陛下のご訪中が実現するんですけど、その出発点は間違いなく天安門事件における日本の中国に対する姿勢、これが影響していると思います」(元駐中国大使 宮本雄二さん)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4158685.html
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:16 | Comment(2) | 東亜ニュース

【鳥取】「万引き理由に自主退学させられた」元生徒側と県が和解、校長は誤り認め直接謝罪、県は和解金支払い

■【鳥取】「万引き理由に自主退学させられた」元生徒側と県が和解、校長は誤り認め直接謝罪、県は和解金支払い ★3 [ばーど★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ばーど ★ age ▼ 2020/12/22(火) 20:12:48.55 ID:g0YeZuHm9
「万引き理由に自主退学させられた」元生徒側と県が和解、校長は誤り認め直接謝罪

 万引きを理由に県立高校を自主退学させられたのは不当として、元生徒の男性(20)と両親が鳥取県に160万円の損害賠償を求める訴訟を起こし、21日、鳥取地裁米子支部で和解が成立した。

 当時の校長が判断の誤りを認めて直接謝罪したほか、県が和解金80万円を支払う。

 訴状などによると、男性は2016年10月に靴を万引きして警察に補導され、ほかにも万引きの経験があると学校に報告。
 母親は当時の校長から、自主退学しないと退学処分にすると言われ、退学願を出したという。
 原告側は、万引きは重大犯罪ではないのに、退学処分相当だと誤って信じさせられたと主張していた。

 原告側の弁護士によると、当時の校長はこの日、男性と両親の前で「まずは、教育的指導を行うべきところを判断を誤った。当時の学校長として深く反省し、謝罪する」との文書を読み上げた。
 男性と両親は「直接謝罪を受けることができ、前に進めるきっかけにしたい」と話しているという。

 原告側の弁護士は、今回のような「不本意な自主退学」は多いとの認識を示している。
 山本仁志・県教育長は「今後、退学処分の判断を慎重に行うよう努める」との談話を出した。

読売新聞オンライン 2020年12月22日 10時49分
https://news.livedoor.com/article/detail/19420361/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(4) | 国内ニュース
人気記事