2020年12月28日

【速報】南ア変異種、国内初確認 新型コロナ

■【速報】南ア変異種、国内初確認 新型コロナ ★2 [アリス★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 アリス ★ age ▼ 2020/12/28(月) 22:08:31.29 ID:IXiMgDJx9
厚生労働省は28日、新型コロナウイルスに感染した30代女性から、南アフリカで流行しているものと同様の変異種が確認されたと発表した。南ア変異種への感染が確認されたのは国内初。

2020年12月28日21時44分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020122800815
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:12 | Comment(1) | 国内ニュース

【速報】羽田雄一郎氏、死因は新型コロナ。現職の国会議員が新型コロナウイルス感染症で亡くなったのは初めて

■【速報】羽田雄一郎氏、死因は新型コロナ。現職の国会議員が新型コロナウイルス感染症で亡くなったのは初めて★3 [記憶たどり。★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 記憶たどり。 ★ sage ▼ 2020/12/28(月) 21:40:10.50 ID:CD6oWlJU9
https://news.yahoo.co.jp/articles/764d675ce070c0bcb551864c6551d2492d180732

7日に亡くなった立憲民主党の羽田雄一郎参院議員の死因が新型コロナウイルスの感染によるものであることがわかりました。
立憲民主党の福山幹事長が記者会見で明らかにしました。現職の国会議員が新型コロナウイルス感染症で亡くなったのは初めてです。

党関係者によりますと、羽田議員は今月24日に発熱し、27日、PCR検査を受ける予定でした。しかし、体調が急変し、
27日午後、搬送先の都内の病院で亡くなったということです。

羽田議員は、父の羽田孜首相の秘書を経て、1999年に初当選し現在5期目。2012年に民主党政権で国土交通大臣を務め、
今年9月に国民民主党から立憲民主党に合流しました。

上田市の後援会事務所では、関係者が献花台の写真に手を合わせていました。

後援会「千曲会」・若林邦彦会長:
「19日に千曲会の正副会長会議で会ったのが最後。とても元気でした。あまり突然で体中から血が抜けるようです。本当に残念」

立憲民主党県連代表の篠原孝衆院議員は、将来、党の代表になるべき議員だったと無念さをにじませました。

県連代表・篠原孝衆院議員:
「(最後に会った23日は)元気がないとか感じませんでした。いつも通り、淡々と元気でした。だからびっくり仰天、痛恨の極みです。
信じられません。誰からも好かれる、誰からも嫌われない。羽田孜元首相から引き継がれています。だから野党系にとっては大打撃です」

羽田議員に一任していた衆院3区の候補者や、参院補選は「全く未定」ということです。

去年夏の参院選で、羽田さんの選対本部長を務めた杉尾秀哉参院議員は…。

杉尾秀哉参院議員:
「二人三脚で選挙をして、師匠みたいな存在。恩人でもあるし同志でもある。“強い野党をつくる”っていうその遺志は受け継いで、
発展させなければいけない」

県選挙管理委員会によりますと、羽田議員の死去に伴う参議院長野県区の補欠選挙は、来年4月8日公示、25日投票の見通しです。

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:40 | Comment(0) | 国内ニュース

WHO・テドロス事務局長「新型コロナウイルスのパンデミックから教訓を得る時だ」

■WHO・テドロス事務局長「新型コロナウイルスのパンデミックから教訓を得る時だ」 [Felis silvestris catus★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 Felis silvestris catus ★ ▼ 2020/12/27(日) 17:32:57.64 ID:1ASkQdYp9
https://news.yahoo.co.jp/articles/a134409f4941e6df8a09d1f48c5a9a0bec9aeec1
【AFP=時事】感染力がより強い新型コロナウイルスの変異種が世界中で広まる中、一部の欧州諸国では26日、コロナワクチンの接種が始まった。

【写真】変異種でトラック5000台が足止め、小競り合いも 英ドーバー

 欧州連合(EU)の規制当局は21日、米製薬大手ファイザー(Pfizer)と独製薬ベンチャーのビオンテック(BioNTech)が共同開発したワクチンを承認。これを受けEU全27か国では、27日からワクチン接種が始まる予定となっていた。

 同ワクチンの第1便は、感染被害が大きいイタリアやスペイン、フランスなどの欧州諸国に26日朝に到着。老人ホームや介護職員への配布準備が整っている。

 だが一部の国では、26日からワクチンの接種が始まった。ドイツでは、介護施設に入居している101歳の女性が初の接種者となった。ハンガリーとスロバキアでも最初のコロナワクチン接種が行われた。

 これら欧州の3か国に先立ち、中国、ロシア、英国、カナダ、米国、スイス、セルビア、シンガポール、サウジアラビアでコロナワクチンの大規模接種が始まっている。

 しかし、英国で検出され、他の欧州諸国や日本にも広がった変異種ウイルスをめぐっては、不安が消えない。

 新たに定められた「国際疫病対策の日」の27日を控え、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長は26日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)から教訓を得る時だと主張。

「あまりに長い間、世界はパニックと軽視のサイクルをめぐってきた」。テドロス氏はこう指摘し、「われわれは流行を金で解決しようとし、終わったら忘れて次の流行を防ぐために何もしない。目先のことしか見えておらず危険だ。率直に言って理解し難い」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(5) | 海外ニュース
人気記事