2021年02月05日

【ハゲ】ハゲが治ると好評のAGA薬プロペシアの服用者は、高い確率で自死を選ぶと報告される

■【ハゲ】ハゲが治ると好評のAGA薬プロペシアの服用者は、高い確率で自死を選ぶと報告される [猪木いっぱい★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 猪木いっぱい ★ ▼ 2021/02/04(木) 18:58:57.91 ID:f+bIJaGv9
新たに公開された法廷文書やその他の記録によると、メルク社と米国の規制当局は、2011年に人気のある薬のラベルを更新した際に消費者に潜在的なリスクを警告しないことを決定した際に、同社のハゲ治療薬プロペシアを服用している男性の自殺行為の報告について知っていたことを示しています。

メルクの内部記録は1月下旬、ニューヨーク州ブルックリンの連邦判事が、プロペシアが持続的な性機能障害やその他の有害な副作用を引き起こしたと主張する訴訟の数年間で提出された11の文書を封印解除するための2019年のロイターの申し立てを認めたことで、メルクの内部記録が公開された。

警告に関する2011年の決定以来、FDAは、プロペシアまたは薬のジェネリック版を服用している人々の間で自殺や自殺願望の700以上の報告を受けています。

それらには少なくとも100人の死亡者が含まれていました。

健康データ会社IQVIAによると、抜け毛のためのフィナステリドの米国での年間処方件数は、2020年には240万件以上に増加し、2015年の2倍以上になっています。

ヨーロッパとカナダの規制当局は、フィナステリドを服用している男性の間で同様の報告を引用して、ラベルに自殺願望の警告を必要としていますが、研究では、この薬がそのような考えを引き起こすことが証明されていないことに注意してください。

今日に至るまで、米国のラベルには自殺についての言及はない。

2009年の社内の「リスク管理」評価によると、メルクは早くもプロペシアを服用している男性の自殺を含む200件以上のうつ病の報告を知っていました。

メルクは、重篤なうつ病や自殺行動の報告があまりにも少なく、安全性データの「日常的な」モニタリング以上のものを正当化するには、これらの事例の詳細が十分ではないと判断しました。

メルクのリスク分析から2年後の2011年には、FDAは、自殺に関連した警告を表示せず、潜在的なリスクとして「うつ病」を薬剤のラベルに追加するように会社の要求を検討していました。

FDA のアナリストは、以前に報告されていない政府の文書によると、自殺に関連する警告を追加することについて意見が一致しませんでした。

以下略

解説:5ちゃんねるはこれからも自然で健康的な発毛情報をお伝えします。
我々は自ら死を選んだりしません。

gooqle翻訳一部割愛詳細はリンク先へ
https://www.reuters.com/article/us-merck-propecia-suicide-exclusive-idUKKBN2A32XU
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(4) | 科学ニュース
人気記事