2021年02月07日

【国土交通省】首都高料金改定へ、長距離値上げ

■【国土交通省】首都高料金改定へ、長距離値上げ [チミル★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 チミル ★ sage ▼ 2021/02/05(金) 17:55:14.96 ID:WSS7uiK89
国土交通省は5日、首都高速道路の料金を来年4月から改定する方針を明らかにした。普通車で最大1320円としている上限料金を見直し、長距離を走った場合は値上げする一方、午前0〜4時の深夜割引を導入する。同日開いた社会資本整備審議会部会で報告した。詳しい料金体系はこの春に示す。

首都高や、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)など、首都圏の高速道路は建設費や需要の違いなどから、料金体系がばらばらだった。国交省は2016年、原則として同水準になるよう統一したが、首都高を35.7キロ以上走行した場合は、距離に関係なく上限料金が適用されている。

https://this.kiji.is/730343806828396544
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 18:50 | Comment(4) | 国内ニュース

【金融】地銀、まだフロッピーディスクを使っていた

■【金融】地銀、まだフロッピーディスクを使っていた ★2 [ニライカナイφ★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ニライカナイφ ★ ▼ 2021/02/07(日) 10:25:52.22 ID:VaLXITbV9
◆ 「まだフロッピー」の現実 地銀、現状維持が改革阻む

「まだフロッピーディスク(FD)を使っているのかと驚かれるが、これが現実なんです」。
3.5型の雄だったソニーが国内販売を止めて10年。

山形市の山形銀行事務センターには、今も多い日で1日400枚が県内各地から郵送されてくる。
業務を担う山銀システムサービス業務第一部長の剣持勇が、重ねられた束を前に苦笑いした。

利用するのは自治体や中小事業者など「現状維持」を望む約1000の取引先。
山形市幹部は「最も安価で合理的」と強調する。

▽続きは有料記事なので、無料記事のみ引用しました
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFB160VR0W0A211C2000000/
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 13:00 | Comment(1) | 国内ニュース

【定期】肛門にエアコンプレッサーで空気を注入した男性が死亡

■【定期】肛門にエアコンプレッサーで空気を注入した男性が死亡 [potato★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 potato ★ ▼ 2021/02/07(日) 10:32:26.57 ID:8DLcXMHP9
 世の中、便秘に悩む人は少なくない。海外には、自己流で解決しようとした結果、命を落としてしまった人がいる。

 インドのマディヤ・プラデーシュ州の病院で、便秘解消のためにエアコンプレッサーで直腸に空気を注入した男性が死亡したと海外ニュース『Hindustan Times』『Times of India』が1月17日までに報じた。

 記事によると、同州カトニ地区在住の男性(年齢不明)は、便秘で悩んでいたという。男性は友人の35歳男に、「便秘を解消したい。エアコンプレッサーを使って、直腸に空気を入れてくれないか」と頼んだそうだ。男性と友人は、豆の加工工場に勤務する同僚同士。このエアコンプレッサーは、豆を乾かすときに使われる機械で、ノズルの先から空気が勢いよく噴き出る電動工具だったと伝えられている。

 友人の男はよく考えずに男性の頼みを承諾。エアコンプレッサーのノズルを男性の尻に差し込み、空気を注入すると、お腹が膨れて男性は意識を失ったという。男性は近くの病院に搬送されたが、治療のかいなく死亡が確認された。担当の医師は、「内臓が損傷を受けていた。これが死につながった」と話している。死因については、現在司法解剖の結果待ちだという。

 男性の死亡を受けて、警察は捜査を開始。取り調べ対象となった友人は、男性の体内に空気を注入したことを認めたため、1月16日に過失致死傷の疑いで逮捕された。今後、裁判が開かれる予定だ。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では、「病院へ行きなさい」「下剤を使えば解決するのに」「いや、薬を使いすぎて効かなかった」「なぜ空気を入れて押し戻す? 掃除機で吸い出す発想の方が正しいと思う。いずれにしても自己判断は危険」「先月も似た事件があった。参考にしたのか?」「便秘はつらい。思い悩んで自殺したのかも」など様々な声が上がった。

 マディヤ・プラデーシュ州では、同様の死亡例が約2カ月前にも発生している。
 海外ニュースサイト『Times of India』『Republicworld』が2020年12月に報じたところによると、勤務先の経営者らから、エアコンプレッサーで空気を体内に注入されるなどの暴行を受けた男性が死亡したという。

 同年11月8日、砕石工場で働く40歳の男性が、賃金の支払いをめぐり、経営者の男(年齢不明、以下A)と言い争いになった。Aは男性を殴り、他の従業員3人とともに、エアコンプレッサーで男性のお尻から空気を注入したそうだ。

 男性は意識を失ったようで、Aらは男性を病院に連れて行った。Aは、医師や男性の家族に「胃の不調が原因」と説明。しかし事件発生から2日後に男性は意識を回復した。男性は「賃金の件で経営者に話に行ったら、暴行を受けた。エアコンプレッサーで尻から空気を注入された」と家族に話したという。しかし男性の容体は急変、亡くなった。家族は通報し警察は捜査を進めているが、逮捕者などが出たなどの続報はない。

 コンプレッサーなどの工具を使って、体内に空気を送り込むなど、危険極まりない。どのような状況であっても、命のリスクがあるような行動は慎むべきであろう。

・ソース
2021年2月7日 6時0分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19657131/
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:58 | Comment(0) | お馬鹿ニュース
人気記事