2021年02月28日

【速報】みずほ銀行 一部ATMやネットバンキングに障害 復旧めどたたず [NHK2月28日 18時59分配信]

■【速報】みずほ銀行 一部ATMやネットバンキングに障害 復旧めどたたず [NHK2月28日 18時59分配信]★6 [孤高の旅人★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 孤高の旅人 ★ sage ▼ 2021/02/28(日) 19:57:35.28 ID:ExbLNBo69
みずほ銀行 ATM障害は全国規模か 依然復旧のめど立たず
2021年2月28日 18時59分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210228/k10012889961000.html

みずほ銀行の一部のATM=現金自動預け払い機が正常に稼働せず、預金の引き出しなどができない状態が続いています。システムに何らかの不具合が起きているためで、影響は全国におよんでいるとみられますが、午後6時45分の時点で復旧のめどは立っていません。

みずほ銀行によりますと、28日午前中から一部のATMが正常に稼働せず、預金の引き出しなどの取り引きができなくなりました。

利用者のなかにはキャッシュカードや通帳がATMから取り出せなくなった人もいるということです。

また、インターネットバンキングの「みずほダイレクト」でも、一部の取り引きができなくなっているということです。

銀行は、システムに何らかの不具合が起きていて、影響は全国に及んでいるとみられるとしていますが、詳しい原因は分かっておらず一部のATMでは取り引きが停止した状態が続いています。

午後6時45分の時点で復旧のめどは立っていないということで、銀行は、原因の特定や影響の範囲などの確認を進めるとともに復旧作業を急いでいます。

一方、イオン銀行やコンビニのATMでは、不具合は確認されていないとしていて、現金の引き出しなどを急ぐ場合にはみずほ銀行以外のATMを利用するよう呼びかけています。

みずほ銀行は2002年と2011年の過去に2度、大規模なシステム障害を起こしていて、おととしには基幹となるシステムを刷新していました。

銀行では「ご不便をおかけしおわび申し上げます。キャッシュカードや通帳が取り込まれた場合、後日、ご連絡、ご返却を致します」としています。

「お取り扱いできなくなりました」
東京・渋谷にあるみずほ銀行の支店では、ATMの画面に「お取り扱いできなくなりました」と表示され、預金の引き出しなどに訪れた利用者が困惑する様子も見られました。

中には、操作している最中にATMが止まってキャッシュカードや通帳が取り出せなくなった利用者もいて、備え付けの電話で担当者に連絡を試みるなどしていました。

通帳の記入に訪れたという50代の女性は「昼ごろに記帳をしようと思ったらATMから通帳が戻ってこなくなり、もう2時間近く待たされています。日曜日のせいか店舗に行員もいないのでなんの説明もなく、困っています。早く復旧してほしい」と話していました。

また、預金の引き出しに訪れたという30代の男性は「ATMが使えなかったので、引き返さざるを得なくなりました。現金が引き出せなくなると日々の生活にも困るので、ほかの手段を考えたい」と話していました。
いずれも復旧のめどは立っていないとのことで、みずほ銀行では、何らかの障害が起きたと見て、影響の範囲などの確認を急いでいます。

銀行では「ご不便をおかけしておりますことをおわび申し上げます」とコメントしています。
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 20:52 | Comment(3) | 国内ニュース

【国際】イスラム国参加の21歳女性、英最高裁がイギリス帰国の訴えを棄却

■【国際】イスラム国参加の21歳女性、英最高裁がイギリス帰国の訴えを棄却 [ブギー★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ブギー ★ ▼ 2021/02/27(土) 21:07:50.99 ID:TurlWjtZ9
イギリスの最高裁判所は26日、イギリスからシリアへ渡航しイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に参加したシャミマ・ベガムさん(21)の帰国を認めない判決を下した。

最高裁は満場一致で、帰国要請が認められなくてもベガムさんの権利は侵害されていないと判断した。

ベガムさんは2015年、15歳でISに参加するためにロンドンからシリアに渡航。2019年2月にシリアの難民キャンプで発見され、イギリスに帰りたいと訴えていた。

これに対しイギリスのサジド・ジャヴィド内相(当時)は、ベガムさんにはバングラデシュ出身の母親を通じてバングラデシュの市民権があるとして、安全保障の観点からベガムさんの市民権をはく奪。しかし、バングラデシュ政府も同国の市民権を認めなかった。

ベガムさんは現在もシリア北部のキャンプに滞在しており、イギリスの市民権回復のために帰国したいと要請していた。

2020年7月には、シリアにいる状態では内務省の判断に抗議できないとして、英控訴院がベガムさんに帰国を認めるべきと判断した。これに対して内務省は「多大な国家安全保障上のリスクを生み出す」として、最高裁に上告していた。

続きはソース元にて
https://www.bbc.com/japanese/56220500
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(13) | 海外ニュース
人気記事