2021年03月05日

【スガーリン】菅義偉「反対する官僚の更迭当然」発言に「独裁」「恐怖政治」と批判続出

■【スガーリン】菅義偉「反対する官僚の更迭当然」発言に「独裁」「恐怖政治」と批判続出 [potato★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 potato ★ ▼ 2021/03/05(金) 12:53:21.78 ID:jckMsiAd9
3月3日、参議院の予算委員会に出席した菅義偉首相(72)。しかし、そこでの答弁が“恐怖政治”と批判を呼んでいる。

同委員会で、立憲民主党の森ゆうこ議員(64)は東北新社に勤める菅首相の長男らによる総務省の幹部官僚への接待問題を追及。森氏が総務相の持つ放送事業の許認可権限の重要性についての認識を問うも、菅首相は「総務大臣には放送事業に関する許認可権限がある」とオウム返しするなど、議論は平行線をたどる。

続けて、森氏は菅首相が自身の著書『政治家の覚悟 ―官僚を動かせ―』の中で、第一次安倍内閣で総務大臣を務めた際に「大臣として人事権を行使して官僚のなかに緊張感が生まれた」と綴っていたことに言及。

菅首相は、同省の担当課長が、菅首相が構想していたNHK改革の方針と反対の方針を持っていたことを人伝てに聞いたうえで、「それだったら違う人に代わってもらったほうがいいだろう」と更迭した経緯を説明。そのことによって「緊張感が走った」と釈明した。

そして、森氏が「何も言えなくなると思ったんじゃないですか?」と詰め寄ると、菅首相は語気を強めてこう答弁した。

「それはやはり政策に反対する人については、政治家としてせっかく大臣になったわけですから、自分が掲げてきたそうした政策を実現するということは、当然なことではないでしょうか」

また聞きでありながら、“自身の方針に反対する官僚の更迭は当然”と語った菅首相。強権的な菅首相の姿勢には、SNS上で批判が続出した。

《逆らうものは飛ばす。それ「独裁」って言いませんか?菅総理が間違ってたら誰が修正するんでしょう?恐怖政治で、イエスマンばかり揃えても、何にもなりませんよ》
《「政策に従わない官僚」の更迭は構わないと思いますが、「政策に反対する官僚」の更迭は当然ではないと思います》
《わたしが官僚だったら、大臣の意向に沿うようなことしか言えない。それが忖度の始まりで、その結果が今だ》

2021/03/05 06:00
https://jisin.jp/domestic/1958812/
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:33 | Comment(8) | 国内ニュース

【飲食】十分に加熱されてない低温調理チャーシューは食中毒のリスク 有名ラーメン店主が注意呼びかけ

■【飲食】十分に加熱されてない低温調理チャーシューは食中毒のリスク 有名ラーメン店主が注意呼びかけ [シャチ★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 シャチ ★ ageteoff ▼ 2021/03/04(木) 23:01:45.04 ID:eJxvzLsw9
低温調理したチャーシューがレアっぽく見えるとして、ラーメン店で人気になっているが、著名店の店主がツイッターで注意を促している。

 チャーシューが食中毒の原因になったケースが過去5年間で数件あり、正しい知識を持っていないと危険だというのだ。

■「芯温が63℃になってから30分」を守るよう訴え

「知識の無い低温豚チャーシュー ホントやめて下さい」

 名物の「鶏そば」で知られる東京・西早稲田のラーメン店「らぁ麺やまぐち」の山口裕史店主は2021年3月1日、「今一番言いたい事」として自身のツイッターでこう訴えた。ラーメンに乗ったレアっぽく赤身が残るチャーシューの画像をアップしており、身近なこととして危機感を覚えたらしい。

 牛や豚のレバ刺しが社会問題になり、政府が2015年に豚レバーなどの生食も禁止する法改正に踏み切ったこともきっかけに、厚労省のサイトでは、中心部の温度が63℃で30分間以上加熱しなければいけないことを飲食店などに呼びかけている。

 山口さんは、このことを知っているか注意喚起したうえで、次のように続けた。

「一回何かあったらラーメン業界のみならず豚肉の低温調理自体が禁止になるよ 意識高い系じゃなくて知識高い系にしましょうよ 悪いけど今後ヤバそうなのは全残しします 我々が動かないとダメ!」

 このツイートは、ラーメン愛好者らの間で大きな話題になり、2万件以上もの「いいね」が寄せられている。

 実際、「チャーシュー 低温調理」などでツイッター検索すると、ラーメン店などで提供された赤くてレアっぽいチャーシューの画像が次々に出てくる。もちろん、赤みがかっていても十分加熱されている可能性もあるが、「芯温63℃で30分」の基準が守られているのか不安になる人も多いようだ。※以下ソースで


3/4(木) 20:13配信 J-CASTニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f1a070a3a3ec73caed477f9238de828e0fc16c3
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(0) | 国内ニュース

【児童文学】ドクター・スース作品、人種差別描写の6作絶版へ

■【児童文学】ドクター・スース作品、人種差別描写の6作絶版へ [チミル★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 チミル ★ sage ▼ 2021/03/03(水) 08:39:43.90 ID:gXqqoM229
【3月3日 AFP】世代を超えて親しまれてきた米絵本作家ドクター・スース(Dr. Seuss)の作品のうちの6作が、現代では人種差別的とみなされる描写があることから絶版が決まった。出版社のドクター・スース・エンタープライズ(Dr. Seuss Enterprises)が2日、発表した。

絶版が決まったのは「If I Ran the Zoo」や「The Cat's Quizzer」、「And to Think That I Saw It on Mulberry Street」などで、作中には「日本人」や「アラブ人」とされる人物や、茶わんと箸を手にした「中国人の男の子」といったキャラクターが登場する。

発表が行われた3月2日は、スースの誕生日だった。スースは本名をセオドア・スース・ガイゼル(Theodor Seuss Geisel)といい、1904年、米マサチューセッツ州で誕生。生涯で60作以上の絵本を出版し、代表作の「キャットインザハット(The Cat in the Hat)」、「グリンチ(How the Grinch Stole Christmas」、「緑色のたまごとハム(Green Eggs and Ham)」など、児童文学史に残る人気作品を世に送り出した。作品は数十言語に翻訳され、世界で6億5000万部以上を売り上げている。

だが米国では最近、スース作品の多くでマイノリティーの描き方に問題があるとの批判が高まっていた。2019年、学術誌「青少年文学における多様性研究(Research on Diversity in Youth Literature)」に発表された論文では、50のスース作品を検証。登場する有色人種のキャラクター45人のうち43人にオリエンタリズム的な特徴があると結論したほか、スースが1920年代に反黒人・反ユダヤ人的な漫画を雑誌で発表したことや、第2次世界大戦(World War II)中に日本人に対する差別的なプロパガンダを手掛けていたことも指摘された。

https://www.afpbb.com/articles/-/3334550
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(6) | 海外ニュース
人気記事