2021年09月26日

【中国】コーラ1.5リットルを10分で一気飲みした男性、体内でガスが溜まり酸欠状態になって死亡

■【中国】コーラ1.5リットルを10分で一気飲みした男性、体内でガスが溜まり酸欠状態になって死亡 [ニライカナイφ★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ニライカナイφ ★ ▼ 2021/09/26(日) 21:25:41.23 ID:BS7ykBTC9
中国人男性がコーラ1.5リットルを10分で飲み干した後に死亡。
肝臓学を扱う医学誌「Clinics and Research in Hepatology and Gastroenterology」で症例報告された。

22歳男性は胃の膨らみと激しい痛みを訴え病院へ駆け込んだ。
北京朝陽医院の医師には「涼むため6時間前にコカコーラを一気飲みした」と話していたようだ。

CT検査を行ったところ、肝臓の主血管や腸管にガス(気腫症)があるのが認められた。
急激に炭酸飲料を取り込んだことで腸内にガスが溜まり、圧力のせいでガスが門脈に漏れ出したようだ。
またこれが原因で虚血性肝炎も生じ、肝臓への酸素供給が不十分になったことで、臓器に致命的な損傷を与えたと医師らは考えている。

医学誌に症例報告を行ったQiang He医師は、即座に男性患者の消化器系からガスを抜くことに。
しかし肝機能障害により治療から18時間後に容態が悪化し、帰らぬ人となってしまった。

ただしコーラの一気飲みが直接的な原因だったかどうかは分かっていない。
英UCL大学のNathan Davies教授は「たかだか1.5リットルの炭酸飲料を一気飲みして亡くなる可能性は非常に小さく、まったくありえそうもない確率」と指摘。
細菌感染でガスが体内に溜まったと教授は考えており、「症例報告だけでは結論は下せない」と述べている。

http://yurukuyaru.com/archives/86828268.html
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:24 | Comment(3) | 東亜ニュース

【速報】 中国、コロナ流行の2年前に武漢研究所でコロナを遺伝子操作し人への感染力を高め、外に放つ計画をしていたことが判明

■【速報】 中国、コロナ流行の2年前に武漢研究所でコロナを遺伝子操作し人への感染力を高め、外に放つ計画をしていたことが判明 ★2 [お断り★](5ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 お断り ★ ▼ 2021/09/25(土) 21:11:02.22 ID:Ks+hi0549
武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実験を計画していた
新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が発生する2年足らず前に、中国・武漢ウイルス研究所の科学者たちが、コロナウイルスの遺伝子を操作して人間への感染力を高め、それをコウモリの生息する洞窟に放つ計画を立てていたことが分かった。
新型コロナウイルスの起源調査に取り組んでいる科学者や活動家のグループが公開した、数多くの文書の中から、このような計画が提案されていたことが分かった。米ジョンズ・ホプキンズ大学によれば、世界ではこれまでに、新型コロナに感染した470万人が死亡している。

Newsweek 2021/9/24
https://m.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/09/post-97147_1.php
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:29 | Comment(5) | 東亜ニュース
人気記事