2008年09月04日

【国際】世界最古の鉄剣は隕石を原料に作られた…4300年前のトルコの剣を東京理科大チームが分析

■4300年前…最古の鉄剣の謎解明 原料は隕石だった!(MSN産経)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 トルコで発掘された約4300年前の世界最古の鉄剣は、鉄隕石(いんせき)を原料に作られたとみられることが、東京理科大と中近東文化センターなどの共同研究で分かった。人類が製鉄技術を確立する数百年前のもので、これまで製法は謎だった。10日から福岡市で開かれる日本分析化学会で発表する。

 鉄剣はトルコのアンカラ郊外の王墓で70年前に発見された。全長約30センチ(刀身約18センチ)で、柄と鞘は純金製。死後の世界で使う道具として作られた。

 研究グループは、地球の鉄にはニッケルがほとんど含まれないが、隕石の鉄には約5%以上含まれることに着目。鉄剣を所蔵するアナトリア文明博物館(アンカラ)の協力を得て、X線で成分を詳しく分析した。

 その結果、鉄剣にはニッケルが約7%含まれることが判明。地球の鉄鉱石から製鉄したものではなく、鉄隕石から作られた可能性が高いと判断した。

 分析した東京理科大の中井泉教授(分析化学)は、「鉄隕石を切り出し、打ち延ばして作ったのではないか。鉄は当時、金よりも貴重だった。人類と鉄の関係を考える上で非常に意義深い」と話している。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



引用元:【国際】世界最古の鉄剣は隕石を原料に作られた…4300年前のトルコの剣を東京理科大チームが分析(2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
8 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:45:39 ID:m5W5Rcvz0
違うなあ。宇宙人が作ったと考えるほうが自然


11 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:46:29 ID:fxmxJDdTO
当時の水準で言えばオーバーテクノロジーに近いんだろうなあ


37 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:56:40 ID:aL1Z3whz0
>>11
天から振ってきた謎の物質で作った
異常に強靱なソードだ


13 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:46:43 ID:GbPFHtDT0
鉄は加工できたのか?


19 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:49:49 ID:6wSFNf+ZO
>>13指で引き延ばせるくらいの能力があったんだよ。親父が言ってた。


23 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:50:36 ID:TJGC9hfS0
>>13
精錬に比べたら、加工は簡単。
暖めてぶったたけばおk。


20 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:50:21 ID:OoPx52aD0
惑星物質をやってる学生なら誰でもできる研究。

サンプルさえあればね。


21 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:50:23 ID:VTUNCxGPO
オーパーツですか?


24 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:51:34 ID:s0PHaxVeO
東京理科大の人間がスタンド能力を身につけた模様


32 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:54:32 ID:Y+StDXhYO
>>24
大槻教授あたりが「スタンドはプラズマです」とか言い出しそうだなw



28 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:52:20 ID:N83B1tS00
製鉄技術が確立する以前の鉄は、隕鉄から得ていたと推測されていたが
それが実証されたのは始めてのことだ。
それなりに評価できることだよ。
ま、隕鉄から得られる鉄など微々たるものだし、おまけに脆い
どこまでも権威の象徴であって、実用的な意味合いはなかったのだろうな



31 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:54:17 ID:wu3oHB2a0
>>28
Σ(゚Д゚)原作の五右エ門の剣は・・・。


30 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:54:10 ID:DzGzdZm60
「トルコの剣」という記述は違和感バリバリ。
発見された地が現在のトルコ国の領土であるというだけで、ヒッタイトの剣
もしくはアナトリアの剣と書くのが正しい。
当時、トルコという国はなく、トルコ民族も存在していない。
まるで、トルコ人が作った剣であるかの誤解を与えるのは誤った記述方法。


33 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:55:03 ID:t4SKDyYM0
やはり隕鉄だったか


34 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:55:53 ID:guTWaO8e0
そりゃあヒッタイトは世界最初に鉄器をつくった原料が韻鉄だし、むしろ当たり前
だろう。


36 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:56:28 ID:N83B1tS00
ヒッタイトが製鉄技術を確立したが。
しかし当時の製鉄法は鞴が発明される以前であり
ヒッタイトの製鉄法では、大量生産は難しかった
それでも、ヒッタイトの鉄は、何と言ってもこの国しか作れないのだから
ものすごい値打ちものだったらしい
おまけに青銅などとは比べ物にならない兵器であり、ヒッタイトの強さの源にもなった
それこそ大国エジプトと五分する大国であり、何度となくエジプトと戦争を繰り広げたくらいだ


41 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:57:34 ID:nrF7MG6h0
宇宙から来た韓国人が剣を持ってきたと考えるのが自然だろう。


59 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:02:59 ID:OXCq9Jxg0
>>41
ばーか。韓国人が宇宙からくるはずないだろ。宇宙の起源が韓国なんだよ。


42 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:58:09 ID:Ibvbojo40
えっと、この王族が宇宙人ってこと?


45 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:58:34 ID:T2xcOiId0
すげー、でも結構でかい隕石じゃないと無理だよね


48 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:59:16 ID:Pcu9CnIsP
1600年間雨ざらしなのに、錆びない鉄柱がインドにある。
あれを解明してくれ。


70 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:05:04 ID:guTWaO8e0
>>48
オーパーツに数えられるインドの鉄柱のことなら、製造過程で含まれる
リン成分が防錆効果になっている。
古代インド人の意図的な製造法かどうかは知らないけど


75 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:06:07 ID:0Eu0dlCeO
>>48
地中部分は錆びてるよ


86 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:10:06 ID:HtRBqykG0
>>48
アショーカピラーだろ?

あれは作る時に藁を居れてリンが入ってるかららしいと不思議発見でやってた


112 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:28:23 ID:t4SKDyYM0
>>86
アショカピラーはあれがすでに酸化してる状態とかじゃなかったっけ?


50 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 01:59:41 ID:fbQToCwK0
理科大って、厳しい授業で学生を鍛える割には研究パッとしないな


76 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:06:14 ID:UTD5zRRYO
>>50
ついでに就職率も就職先もパッとしませんorz


80 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:07:34 ID:lrLGr7v90
>>76
留年率が日本一の大学ですね


52 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:01:26 ID:Y6qQvlCzO
ただのゲーム脳集団かよ


53 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:01:45 ID:guTWaO8e0
日本でも物部氏は韻鉄を使って武器をつくりのし上がったという説もある。
祖先神のニギハヤヒは速日で流星の意味だとか。


55 :茨木シンフォニー ◆8f5aiXx9Mw :2008/09/03(水) 02:02:26 ID:XTtwpEv40
どこのRPGだよww


57 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:02:29 ID:ejSw9LRP0
今までずっと、世界初の鉄器はヒッタイトかと思ってたけど、実はトルコだったんだな。
知らなかったよ。

俺が高校生のときと比べて、世界史も進化してるんだな。


58 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:02:30 ID:EZmEQpy50
リアルアダマンタイトw


64 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:03:24 ID:0w2yZpbxO
こんなの宗像教授が昔から言ってたじゃん。
なにをいまさら。


65 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:03:33 ID:cgOhBRln0
何か夢あっていいな、こういうのw


66 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:03:39 ID:fi5q+Ybi0
>全長約30センチ(刀身約18センチ)で、柄と鞘は純金製。
>死後の世界で使う道具として作られた。

実用には供しがたいよな
だからこそ伝説にもなるのか


67 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:03:57 ID:xmhtnx710
星の欠片を鍛えた超古代の剣。

・・・って書くと何やら厨臭くなっちまうな。
実際俺が中学生くらいの時の脳内に入ってた気もするしw


69 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:04:29 ID:d6B2EVQV0
古い文献に書かれていた「超高級で軽くて錆びない剣」を見つけ
掘り出したら「アルミの剣」だったっていう話を思い出した。


71 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:05:07 ID:rFVlc0YnO
流れ星を見たとしても、落ちたところを探すのは大変な気がする
昔は空気がきれいだったから流れ星に気づきやすくて拾いやすかったのかな
それともたくさん落下してきたのだろうか


73 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:05:43 ID:4Fw//xTx0
剣の名前を知りたい
おそらく数年後には何かのRPGに使われるだろう


78 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:06:28 ID:S7581pwCO
斬鉄剣なのか?


81 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:07:42 ID:OXCq9Jxg0
>>78
当時の実情を考えると、どっちかっつーと斬剣鉄だな。


79 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:07:01 ID:aiFb9ESL0
なんかロマンがあるなー(´・ω・`)


82 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:07:51 ID:oxpCk3x50
107 名前: 名も無きマテリアルさん 投稿日: 2007/07/24(火) 17:47:03
中東圏なら古アッシリア期の、銀の40倍、金の5倍の価値があった「アムートゥム」とか、
古代インドの「黒いアヤス」とかがあるよなあ。どっちも鉄のことですが。
古文書の当時としての超金属が、後世にそのまま謎の金属として受け入れられるってのもある。
青銅も鋳造したては黄金色に輝くことが知られてますから、オリハルコンも青銅説があったよね。

日本だと草薙の剣ですが、江戸時代に盗み見られた記録によると、長さ2尺7、8寸(81〜84cm)
菖蒲の葉のような形で中ほどに厚みがあり、白い色をしていたと。
で、白い色からして当然のように鉄剣説と、形が発掘品の青銅剣に似ていることから、白銅説。


88 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:11:02 ID:xwuMKUkh0
三種の神器のひとつ、天叢雲剣は、ヤマタノオロチの尻尾の骨から出来た
と言はれ、名古屋の熱田神宮の御神体である。


90 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:11:17 ID:ODCKCqMO0
隕石だとわかってて作ったとも限らないんだよな。

タイムマシンでインタビューしにいったら
「空から石が? そんなわけないじゃないすか。
 この石は昔からここにあった石っすよ」とか言いそう。


93 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:15:36 ID:vJxKjof8O
日本だと普通は隕鉄で作られた剣や刀は祭事用に使われる……けど中には本当に隕鉄で作られたかどうかはわからないものもあるんだよな。
宗教的に重要なもんだからホイホイ分析させてもらえない。


>>90
むきだしな上にほぼ製鉄不要だから知らなくても仕方ないかも。
偶然の産物とも言えるか。


108 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:27:16 ID:t4SKDyYM0
>>90
「ワスが湧き水を汲みに行ったらの、空でどどーんと大きな音がしたのでいそいで見上げたら
 東の空がそりゃあもう真っ赤っかに光ってたんじゃ! じゃがそれが最後の記憶で
 次に目がさめたときには自宅で寝転がっていたんじゃよ!!」

とかアフレコ付きで言うに決まってる


91 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:12:41 ID:KS3GOhJt0
新撰組関連で有名な 清河八郎 が持っていた剣、流星 が隕鉄を鍛えたもんだったてね


94 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:15:53 ID:HWLkguKx0
ゼロに「本物」を造ってもらおうぜ


103 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:25:30 ID:9Wis0gezO
>>94
承知した――


99 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:21:15 ID:HYBHtChU0
ロマンだなあ


101 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:23:00 ID:nrF7MG6h0
柄が金製ってことは精錬技術があったのに刀身だけ隕鉄から切り出したのか。
金を溶かせる炉があっても鉄は溶かせなかったのか。


102 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:24:21 ID:ZKpXbnd70
初代ダマスカスの製法って未だに謎なんだよね。

今現在あるダマスカスソードは、完全に途切れた伝承を、
試行錯誤で似た物を作り上げたって程度。


まぁ初代ダマスカスの切れ味は、ほとんど伝説的な脚色だが、
浪漫があるなぁ。


104 :窓際政策秘書改め窓際被告φ ★:2008/09/03(水) 02:26:04 ID:???0
( ´D`)ノ<ソース元に画像きますた


MSN産経ニュース

鉄でできた隕石を材料としていることが判明した、世界最古の鉄製品である黄金装飾鉄剣
(東京理科大・中井泉教授提供)
20080905001.jpg


105 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:26:57 ID:NuE+0f+i0
>>104
orz


110 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:27:40 ID:rl3ZZdIZ0
>>104
おお、かっちょええ


111 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:28:19 ID:KS3GOhJt0
>>104
まー鉄だからなー。


114 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:29:04 ID:4F1U4JjI0
>>104
これなんて宝具?


117 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:30:57 ID:6UNWdZVX0
>>104
初見じゃどっちが柄か分からんだろうな
黄金のツルハシと言われたら納得してしまいそう


118 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:31:31 ID:0Eu0dlCeO
>>104
お〜


125 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:37:05 ID:6ncEKSDK0
>>104
朽ちず穢れず
黄金の力とはかくあるものか


115 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:29:12 ID:OqHFfR9/0
クリスナイフ
物防0 魔防8 状◎
便利だよな


116 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:29:40 ID:MuzfGJvG0
>>115
ロマサガ3か


119 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:31:37 ID:lJ5t11TjO
あえて斬鉄剣「流れ星」とか言ってみる。


122 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:34:11 ID:S7581pwCO
>>119
ほんとに刀身流れちゃってるよ


123 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:35:20 ID:Uaj0A8Ov0
へー、なんかロマンだねぇ。

当時の他の武具なんて一刀両断して、刃こぼれ一つしない伝説の武器。
その武器が天から下された材料で作られたから天意は我にありってとこか。

鉄剣を巡って諜報や争いも多く、秘密を暴かれて数百年後に
量産される様になり天意も失墜と。


124 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:35:30 ID:peA7PF1M0
この前製鉄前は隕石か青銅って話を本で読んだけど、なんで新発見みたいな記事なんだろ


132 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:47:25 ID:1qYvUeLd0
>>124
それを裏付ける証拠が出たからだろ。


133 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:48:18 ID:5Ve8j2gW0
>>124
隕鉄が、人類が最初に利用することが出来た鉄の元祖だろうってのは、100年以上大昔から言われているよな
すっごく当たり前のことを、科学的に確かめただけだよな
しかも、最古の刀剣について改めて確認されただけで、鉄器一般については、もっと前からわかっていたと思う

まあ、ロマンを感じるのは確かだが


139 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:52:48 ID:1qYvUeLd0
まあ、隕石って珍しいとはいえ地表に転がってるものだから、
 「珍しい岩が転がってる」
   ↓
 「献上しよう」
   ↓
 「加工して象徴にしよう」
という流れになっても不思議ではないわな。


141 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 02:59:07 ID:5Ve8j2gW0
>>139
というか、この刀剣に限らず、元々、鉄は隕鉄を加工することで利用されてきた
砂鉄から精製する技術が確立したのは、ずっと後
元々は隕鉄こそが鉄の供給源で、この剣に限った話じゃない

あと、>>133を書き込んだ後、ちょと調べてみたら、やっぱり、この剣より古い他の多くの鉄器については
とっくに科学的にそのことが確認されていた模様

この記事の見出しも、正確には「最古の鉄剣"も"(他の鉄器と同様)やっぱり原料は隕石だった!」程度

ただ、天からもたらされる有用な金属に、当時の人々が何か神秘性を感じていたかもしれないって見解には同意


154 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 03:12:32 ID:1qYvUeLd0
>>141
なるほどねえ。

天然の材料が加工されてってパターンが多かったなら、
中には鉄以上の硬度を持った材料を使ったケースもあり得るって事かねぇ。

加工できて、硬くて、かつ天然のものってあるんだろうか。
素人考えだが、隕石がアリなら、それこそ合金のようなモノもありそう。



143 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 03:01:50 ID:cw7rh7gU0
オリハルコンってイマイチわからん。
調べてみるとアトランティスのレア銅って感じで、
認識としてもそういうもんだったけど、
ゲームとかでは神秘の力の超常金属で……


150 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 03:09:20 ID:5Ve8j2gW0
>>143
プラトンって人が書いた本の中に、アトランティスっていう「今はもう存在しない島(都市国家)」の話が出てくる
で、「その国ではオレイカルコスがたくさん取れるよ」って記述が出てくる
オレイカルコスが何であるかは、説明が書いてないのでわからないけど、記述から、どうやら何かしらの軽い金属らしいと推測できる
そんなに貴重なものでもなく、たくさん取れて、よく利用されていると書かれているだけ
これを現代英語(?)で読むと、オリハルコンになる

そこから、アトランティスという失われた島では、オリハルコンという魔法の金属が使われて痛んだよ、とロマンを馳せる人がいる
軽いという記述から、空を飛べるような浮遊能力を持っている、と解釈する場合もある(ナディアとか)
ここにヒントを得て、ゲームやファンタジー作品の中で、架空の特別な金属としてオリハルコンが登場することになる


153 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 03:11:55 ID:N83B1tS00
>>143
諸説はあるけど、石英のことではないかとか言われているね
ま、アトランティスも、大西洋の巨大文明ってのは後の人の空想であり
プラトンは西の大いなる海にある文明としか言っていない
多分、クレタ島の文明のような、地中海の島の文明のことだったのだろう。
あまり過剰に考える必要はないよ


147 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 03:06:04 ID:NpxD0Wiy0
オルハリコン、オルハリコンと…
この西洋カブレどもが!
大和民族ならばヒヒイロカネと呼べ!


148 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 03:06:55 ID:jmed9/zh0
太古の鉄って、粉末にしたアルミ粉に鉄鉱石を入れて
テルミット反応で生成してたんだっけ?
そりゃ貴重だよな……


149 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 03:08:51 ID:qAXA3wPv0
何を今さら。鉄なんて金銀と違って鉱石から冶金しないと作れない、自然には存在しない物質
唯一例外として宇宙外から飛来する隕石=隕鉄しかなかったってのに


151 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 03:11:19 ID:SKTUgMdI0
>鉄は当時、金よりも貴重だった
アルミにもそういう時代があったんだよね。空き缶拾ってタイムスリップすればその世界で億万長者か。


155 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 03:15:20 ID:3Bi7ndRbO
いや、宇宙人が宇宙で作って地球に持ってきたんだよ!
あ!宇宙船があるくらいなら剣なんか使わないか

でも、ロマンあるなぁ
( ^ω^)


158 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 03:21:55 ID:peA7PF1M0
知らないことを誇るのはやめようよw


160 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 03:24:56 ID:kDZlcSMr0

みんなの話を聞いてると鉄って貴重な存在だったんだな。

だから攻撃にも防御にも強い日本刀って世界的に価値が高いんだね。


175 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 04:00:21 ID:VtJ71Kvl0
弓と矢なら破壊しなければならないところだったな


186 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 04:58:54 ID:df9cGuUb0
今の文明が滅びたら、アルミニウムとか魔法の金属扱いだろうな


190 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 05:03:15 ID:v2UseY5I0
アルミニウムって、昔の時代は少ししかできないから
金銀やダイヤモンドなんか比べ物にならないくらい
ヤバイって学校がいってた
1円てアルミニウムですよね
なんか不思議じゃね?


193 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 05:25:30 ID:fAV5/qk70
草薙の剣って鉄の剣だったらしいな
当時は銅の剣が主流だったから、鉄の剣というだけで相当強かったんだろう
あと、鉄の剣は草を薙ぐことができたのでそう呼ばれてる
銅剣はすぐ錆びるから、草を薙ぐことができなかったそうだよ


199 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 06:04:22 ID:BjUjycSb0
古代製鉄なら宗像教授シリーズを読め

なぜかアツイ漫画だ


215 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 07:28:49 ID:PWEFa1SK0
中二の巣窟スレ


221 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 07:32:37 ID:1OtJXoU90
岩に刺さっていたこの剣を引き抜いた主人公は
悪魔の巣食う経団連に行き、4輪駆動の巨人と戦ったという


224 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 07:37:19 ID:SmS/P4AP0
藤子Fの漫画にヒッタイトの製鉄を扱ったものがありましたね


251 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 08:19:53 ID:XGuB7RRFO
たとえるなら、空を駈ける一筋の流れ星だな……


263 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 08:33:17 ID:tN2z7JWs0
金の時代、銀の時代、銅の時代、青銅の時代、鉄の時代、チタンの時代(多分今ここ)
次はなんだろ


265 :名無しさん@九周年2008/09/03(水) 08:36:20 ID:HR3ORrDqO
>>263
カーボンの時代だな


278 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 08:43:22 ID:tN2z7JWs0
>>265
ダイアの時代か


283 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 08:47:37 ID:VPNBrVxu0
>>263
シリコンに決まっておろう


294 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 08:55:07 ID:ZnuxTVcM0
4300年前で剣かよ
人類は争いが好きなんだな


309 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 09:00:49 ID:9UAqi9bhO
学生の頃、分析科学やってるやってる友人の家で「Analyst」ってビデオ見たらケツに突っ込んでるのだった


342 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 09:25:58 ID:1ZqEFhAl0
ヤンジャンでやってた「にらぎ鬼王丸」だな。
「星の鉄」ってのを集めて刀作るマンガ。


349 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 09:30:46 ID:a3AVdcAJ0
鉄の剣と銅の剣ってそんなに攻撃力が違うものなのかな?棍棒と大根を比べるようなもん?


352 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 09:32:35 ID:1ZqEFhAl0
>>349
相手が1人だけなら大して変わらんだろな。
問題は重さじゃないかと。


353 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 09:32:35 ID:v8amPunDO
>>349
根本的に硬度が違うからなぁ


356 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 09:33:20 ID:GwY0Q3ae0
>>349
青銅は硬いんだけど脆くて折れるんだよ
鉄は粘りがあるからそう簡単には折れない


364 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 09:37:39 ID:tRLxyeSZ0
「はがねのつるぎ」持てるようになれば一人前


412 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 10:08:28 ID:9en963340
オリハルコンと聞いて思い出すもの

トリトンはオーバー40代
ドラクエはアンダー40代


419 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 10:14:13 ID:l2HMw7EX0
>>412
男塾のオリンポス16闘神は〜?


417 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 10:12:36 ID:chO2UD9d0
どっちかというと、検査の制度や分析能力よりも、この鉄剣を検査
できるようにした政治力と交渉力が評価されるというわけだな。


423 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 10:17:05 ID:l2HMw7EX0
ちなみにミスリル鉱については実在する

伝記においてドワーフだけが精錬できる金属ってのがヒント、つまりは自然界には存在しない鍛冶屋による合金ってこと
ミスリル=真鍮 これガチ


428 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 10:23:16 ID:hss7XEYl0
>>423
ミスリル=アモルファス銀って説を昔のTRPG雑誌で見たことがある。



442 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 10:41:26 ID:15e81567O
ステンレスの回のパイナップルアーミー自重





っても無意味かw


445 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 10:48:43 ID:hss7XEYl0
>>442
あれはアルミの剣だったかと


453 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 10:59:15 ID:L9KeCJJ4O
>>445
ケツにハートマークの焼き印を捺された司教が可哀想だった
アルミじゃ金にゃならね。幼馴染みの金持ちざまぁwww


490 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 12:20:26 ID:6bscClGn0
ウィキ見ていたら隕石の保持数は日本が一番だと書いてあった
確認されている最古の隕石も日本のものだとも
なにげにすげー


496 :名無しさん@九周年:2008/09/03(水) 12:37:15 ID:7iTxk2aI0
攻撃力いくつ?
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


banner_04.gif←よろしければ・・・



宗像教授伝奇考(第1集)


posted by nandemoarinsu at 23:33 | Comment(8) | TrackBack(0) | 科学ニュース

この記事へのコメント
  1. Posted by at 2008年09月05日 00:14
    普通に考えて隕鉄だし、そう言われてきたからな
  2. Posted by at 2008年09月05日 00:58
    ま、今回の発見でこれまでの議論が証明されたわけだ。よかった、よかった。
  3. Posted by at 2008年09月05日 01:22
    後の弓と矢である。
  4. Posted by at 2008年09月05日 01:59
    日本は研究分析においては世界一だからな
  5. Posted by at 2008年09月05日 07:35
    >>30に同意だな
    「トルコの剣」はないわ
  6. Posted by   at 2008年09月05日 13:29
    宗像教授流星剣〜とおもたら楽天で出てた
  7. Posted by at 2008年09月05日 14:15
    ときどきVIPが怖くなる。すごい知識だなこいつら・・・
  8. Posted by at 2008年09月07日 10:37
    星屑の剣だな
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ