2009年05月18日

【社会】農林水産省、「ミツバチ失踪の謎」に挑む研究者を募集 1000万円上限に研究費

■ミツバチ失踪の謎に挑む研究者募集 1000万円上限に研究費(MSN産経)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 果樹栽培などに使われるミツバチが急速に減少し、いまだに原因が解明されていない問題で、農林水産省は13日、ミツバチ“失踪”の謎に挑む研究者グループの募集を始めた。研究費用は1000万円を上限に農水省が負担する。

 農水省によると、ホームページなどで、今月26日まで、大学や研究機関などの研究者グループを募集。審査の上、1グループを選び、研究委託契約を結ぶ。研究者らにはミツバチ減少の実態について調査研究し、原因を解明することが求められる。

 果樹栽培の受粉などに使われるミツバチは、平成20年に農水省が行った調査でも前年比14%減少しており、各地の農家では、ミツバチ不足が問題となっている。

 農水省では、寄生ダニによる大量死や輸入ストップなどが原因と推測しているが、正確な原因は分からないため、根本対策も講じられず、担当者らも困り切っていた。そのため、科学的に研究者を募集することにした。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



引用元:【社会】農林水産省、「ミツバチ失踪の謎」に挑む研究者を募集 1000万円上限に研究費(2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
4 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 18:49:56 ID:EPCDjBNV0
ママを探しにいったんだろ?


5 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 18:50:09 ID:dU6pYTPc0
原因が農薬で研究結果が闇に葬られるに一票。


13 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 18:53:14 ID:ISD4Mo0K0
>>5
ハウス内で農薬散布してるくせにミツバチで受粉させようとか
マジで農家はふざけすぎだよな

死ぬに決まってんだろ


138 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:44:47 ID:zJjtFVZ70
>>13
ハウスでイチゴの受粉させてる農家ですが
農薬使う時は前の晩か早朝に巣箱にふたをしてハウスから離れたとこに巣箱をおく
農薬は普通は1日で毒性が消えるのを使う
農薬を使用し終わってから24時間以上してから巣箱をハウスに入れふたを開ける
(農薬の毒性は家でハエとか蚊を殺すキンチョールより弱い)



6 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 18:50:13 ID:KMdLaEPl0
新型ウィルスが原因
作ったのはアメリカユダヤ


7 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 18:51:44 ID:TxuEowOmO
ハプニング


9 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 18:51:58 ID:aXMu14rZ0
そういや事故米って業者だけのせいってことで閉められたんだっけ?


11 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 18:52:35 ID:kNJjht3dO
面白くない調査は毎度外注


14 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 18:53:17 ID:XcLt67hqO
1000万円あったら、ポスドク一人雇って、少し残るだけ

重要な問題だと認識するならもう一声


16 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 18:54:00 ID:1U7QVlzU0
世界規模で起きてるんだし
1グループなんて言わず
ど〜んとやってみれ


18 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 18:56:01 ID:YdTWiq500
ミツバチもニートになった。
「働いたらまけ」と言ってた。


22 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 18:58:39 ID:ZBBl6ocK0
中華の水資源侵略はどうなってんだ。


23 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 18:58:41 ID:o4dZZ1mZ0
ケムトレイルのせいにキッマテルがな


24 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 18:59:10 ID:8Lf8o8sb0
>>1
そのミツバチ達なら今俺を熱殺しようとしてる所だけど?


45 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:04:25 ID:bcDz0VDW0
>>24
スズメバチ乙


27 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:00:49 ID:5feXX2cPO
少し前にこの題材の映画あったよな。

もしあの映画の通りならgkbr


29 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:01:17 ID:y+BytZB4O
実は蜜蜂は地上で生きることを諦めて地下に潜ることにしたんだ。


30 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:01:44 ID:II4WK2ENO
遺伝子組替食品のせいじゃないか説もあるね。


31 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:01:48 ID:cEINxo1Z0
なんか人類滅亡モノの序章に使えそうなエピソードだね


33 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:01:57 ID:nSAjtFT40
一億の間違いじゃねーの?
研究費に一千万円って。

文部科学省と協調して、10億ぐらい用意しろってんだーって思う。

これアメリカでも大問題になってる。


34 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:02:08 ID:Tsioptfr0
拉致されたのかも


39 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:03:40 ID:LSV8xDa2O
安すぎる
有能な人材がどんどん渡米してるのも頷けるな


40 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:04:02 ID:ydGH04hM0
よつばち!


42 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:04:23 ID:cxajxN0F0
研究費1000万てケチり過ぎじゃね?


49 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:05:47 ID:UzAqws+l0
究極の解決策は、遺伝子操作で超萌えな女王蜂を開発


50 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:05:48 ID:DXv2bhLA0
ミツバチコロニー過疎化症候群の原因が特定される
ttp://slashdot.jp/science/09/04/28/017232.shtml


77 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:15:40 ID:B/36f9XS0
農家が受粉で使い終わったミツバチを捨てて毎年輸入してるから

管理されて無い野良ミツバチが増える
       ↓
>>50の寄生虫を拾ってくる確率が上がる
(又は寄生虫が付いた女王蜂が日本に入ってくる確率が上がる)

結局自業自得だということです


51 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:05:59 ID:rWLvcJZi0
もっと金出してちゃんと取り組めよ
箱物なんか作ってんじゃねえよ


53 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:06:30 ID:MTEYbOB10
ニコチン系の農薬だってば
上から撒かれているんだろ
仏ではもうFA出たではないか
使用禁止になったろ
それでも発生したら上から撒かれているって事


54 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:06:31 ID:8Bfx1QRFO
スズメバチ増える→蜜蜂の熱攻撃→スズメバチ一匹に対して蜜蜂四十匹が昇華→蜜蜂居なくなる


55 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:07:10 ID:PEet++tp0
蜜蜂がごっつんこして墜落する動画くれ
あれは可愛過ぎる


60 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:08:18 ID:Gxflm7JO0
>>55
ほい



>>54
ニホンみつばちだけの行動だお


62 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:09:34 ID:8Bfx1QRFO
>>60
そうだったのか、知識が増えたありがとう。


63 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:10:15 ID:PEet++tp0
>>60
さんくす
やっぱかわいい


56 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:07:42 ID:6rst+Ken0
携帯電話基地局の電磁波も当然調査はするんだろうな?

おばけ帯化タンポポの全国大量出現。

両方調査しる


61 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:08:44 ID:hUn5phaX0
女王蜂の独裁に嫌気がさしてクーデター
とかだったら笑う


64 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:10:52 ID:B/36f9XS0
「農家がミツバチを使い捨てにする」
って養蜂家が怒ってる話はスルーですか?


67 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:11:39 ID:qp0Hzw5K0
働いても働いても人間に蜜持ってかれるんだぜ
税金で搾り取られるのが馬鹿らしくなってニートになった俺には
奴らの気持ちがすっごくわかる


68 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:11:48 ID:sWWTn4oQ0
あらたに認可された農薬が原因だって解明されたんじゃなかったっけ
強烈発ガン米も国民にろくに知らせずに終わらせるくらいだから期待できんな。


69 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:12:13 ID:RtWFgP7L0
蜜蜂は飼い主が死んだときはちゃんと教えないとどこかに消えるらしい。
(何かの映画でやってた)
それだけ精神的な生き物らしいから、案外文系の研究のほうが問題を解明したりして。


79 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:16:48 ID:G3OTu1Hj0
>>69
どうやって教えるんだ、ミツバチ同士はボディランゲージでかなり細かい事まで会話できるらしいな
昆虫としては画期的だ。


70 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:12:21 ID:k5pEqJXo0
中国から来る黄砂の影響は関係ないのかな


78 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:16:36 ID:4TJ3xRNa0
ミツバチを使ってる地域でここ10年で更新された農薬を調べてみると・・・


85 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:18:08 ID:bi+R1Zje0
まず実家を探すべき


86 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:18:44 ID:Iv61SAm40
ここは金使うとこだろ10チームに三千万づつ
最高の成果上げて解消できたチームに
報酬1人につき2千万(上限全員で2億)でいいだろ


88 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:19:18 ID:PJBYm80jO
アメリカでは昔から問題になってんだよね、ミツバチ失踪
一応、電磁波の影響ってのが今んとこ有力な説
個人的には違うと思うけど


94 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:20:35 ID:d6yDb0cE0
ミツバチ「ごめん、歳とったからか甘いもん苦手になっちゃって
     最近は樹液がマイブームなんだけどカブトさんに怒られるんだよね〜」


96 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:21:18 ID:nBsIMThL0
今俺の横で寝てるよ
もう帰りたくないって


109 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:26:13 ID:kY2BiLtc0
必死に集めた蜜を根こそぎ持っていかれたらハチもやり切れないだろうに


110 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:26:16 ID:v1C03K73O
この研究者達も謎の失踪を遂げ、彼等の捜索を依頼された探偵がこの話の主人公。


116 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:29:50 ID:Mat2lX6a0
一千万って馬鹿にするにもほどがあるぜ。
オイラの植えたカボチャも受粉しないで腐って落ちたわ、去年。
近所のアンズも去年から実をほとんどつけない。花は一杯咲くんだよ。


117 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:30:14 ID:bvPIqAuR0
まぁ普通に考えて、何か集団行動するニオイかホルモン系があるんだろ
そのレセプターに拮抗する農薬みたいなものが出て来たんだな。
あぁ、間違いない


118 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:30:36 ID:qavaH29E0
欧州や米国でもかなり前から問題になっていたが
いまだに謎なんだな携帯電話の電波説は否定されたのか


122 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:32:05 ID:AwvJXAkyO
水辺を護岸し、農薬巻き散らして水を殺して動植物を激減させた実績があるからなあ


123 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:33:30 ID:1KvNIvOh0
地磁気の弱体化が生態系を変化させてる・・・


かも知れない


125 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:33:38 ID:3XTnu4rs0
太陽黒点がなくなり、ツルツルになったのが原因だろ。


136 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:40:43 ID:6DQZw3K30
しかしこの金額で「やります!」っていう奴、詐欺師くらいだろ


142 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:47:02 ID:RqMAu842O
>>1

ググレカス


143 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:47:21 ID:wEUabb0Q0
もっと出しても良いんでないの。成果を出した学者には特別報酬とか


145 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:47:59 ID:KI26U4Xr0
使えない天下りに高給だすより、こっちに出せよ。


146 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:49:11 ID:87Kt+c9i0
黄砂が犯人だろ
人間でも黄砂でアレルギー出るぐらいだしね


148 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:52:48 ID:1Oo/4v2x0
この前逮捕された勝手にミツバチ養蜂してたおっさん雇おうぜ


149 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:54:29 ID:GWxg8zdr0
天敵が増えたから


151 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:56:14 ID:hcyWIqGKP
海外からどんどん外来生物が入ってきて数減らしてるんでない


152 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 19:56:28 ID:GsD5op5nO
熊に拉致られたんだと思うわ


155 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 20:01:20 ID:2cGHln3J0
去年、CBSでやってたね。
アメリカでもハチの失踪で困ってるらしい。

ttp://www.cbsnews.com/stories/2007/10/25/60minutes/main3407762.shtml


157 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 20:02:14 ID:0XtaiwMt0
太陽活動の低下による、紫外線量の減少が原因です。
おわりw


158 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 20:04:12 ID:C9AAI3NX0
環境もそれぞれ異なる世界的な現象なら
誰かが意図的にやってることだろう
どんな目的があるのか知らないが
おそらくミツバチに家族を殺されたとか怨恨のある人間の仕業だな


160 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 20:06:20 ID:IiZpd9c60
>>1
働かせすぎ説とかあったなwww


162 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 20:08:01 ID:i0OppLWyO
100年に一度のハチリンピックがあって、みんなそこに行ってるんだよ。


166 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 20:09:12 ID:gwsD7wKe0
そんな深刻なのかよ
どのくらい生態系に影響あるんだ


174 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 20:12:31 ID:6vBYl8zN0
>>166

生態系というより農業が壊滅する


168 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 20:10:07 ID:d2Xl9/R1P
調査結果次第では暗殺されませんかね・・・


171 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 20:10:57 ID:qQ8O0qwzO
携帯電話の電波に一票。
伝書鳩も経路を見失うというし…
受粉は人力になっちゃうのかなぁ。


172 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 20:11:23 ID:Y/zuXpTA0
FBIのモルダー捜査官に依頼しろ。


175 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 20:13:06 ID:oo8mUOzGO
ハチのムサシは死んだのさ♪


178 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 20:18:27 ID:ZeGjvJR/0
ちなみにミツバチは

1)太陽光の偏光と紫外線を頼りに花を見つける。
2)極めて社会性に富んだ動物である。

太陽活動の変化で最も変動が激しいのは紫外線量である。
なんだかいつもと違うぞということで、ミツバチは迷う。
社会的動物なので、個体数を減らして食料消費と組織の温存を計る。

以上ですw


182 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 20:36:16 ID:ip3iTEm6O
働きバチが女王バチのカリスマ性に疑問をもちはじめたから


192 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:03:16 ID:L2zEJyNi0
原因が都合が悪かったらどうせもみ消すくせに。


196 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:06:10 ID:QqWYivid0
自由と民主主義を求めて


199 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:12:01 ID:7HORu72s0
黄砂もウイルスも関係ない国で起きているので説得力がありません。
家の屋上庭園には20年以上、分蜂を繰り返してきたミツバチが住んでいました。
まずNTTのアンテナが立つと、蜂はクレーンの中へ巣を移動させました。
さらに近くにauのアンテナを設置すると、建物の反対側へ移動しました。
そして今年auが3社共同の強力なアンテナに換えると、蜂は失踪しました。
携帯が原因なのは間違いありません。


209 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:16:27 ID:WA5INx9D0
>>199
> 黄砂もウイルスも関係ない国で起きているので説得力がありません。
> 家の屋上庭園には20年以上、分蜂を繰り返してきたミツバチが住んでいました。
> まずNTTのアンテナが立つと、蜂はクレーンの中へ巣を移動させました。
> さらに近くにauのアンテナを設置すると、建物の反対側へ移動しました。
> そして今年auが3社共同の強力なアンテナに換えると、蜂は失踪しました。
> 携帯が原因なのは間違いありません。

なるほどぉ。なんだか説得されてしまった。
ハチのGPSが誤動作しちゃって、戻れなくなるのかな?

なんだか最も正解な気がしてきた。
ハチがアンテナで失踪したのは実体験の話?

スズメは関係ないかな?


214 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:21:10 ID:7HORu72s0
>>209
auのアンテナ外したら、スズメは戻って来たよ。
ハチは戻らないけど。


204 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:14:49 ID:widHdr/S0
ミツバチ失踪って最初に聞いたのはアメリカだったような気がするけど
実は世界同時だったんかな


207 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:15:40 ID:QqWYivid0
こんな年収じゃ研究者が失踪するわ


210 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:17:28 ID:XNj/OJ0H0
CBSドキュメントで見たなあ。
多分アメリカのその手の会社に研究結果売ったほうが、何十倍もの金になると思うわ。


212 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:20:45 ID:QqWYivid0
アメリカの原因と日本の原因が同じだとすると
何かとてつもない前兆を捉えてるのかもしれない。


215 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:22:21 ID:psYgmUYr0
遺伝子組み換えの影響は?
もしくはハチインフルエンザとかw


218 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:25:13 ID:QqWYivid0
しかも上限だぜ?
下手すると100万くらいしかよこさない可能性もある。
残りは農林省の飲み食いで消える。


222 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:30:17 ID:VBMR/hIU0
ちょっと一緒にスズメも頼むわ
最近ホント見なくなったんだよ
朝もチュンチュンが無くなった


223 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:30:22 ID:/Fe8urMO0
農水省に「げえいん(変換ry)は電波と農薬散布だお」ってメールしたら
いくらくれんのけ?


228 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:33:32 ID:QqWYivid0
>>223
実験とか観察でそれを証明しなきゃいけないんだよ。


232 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:35:59 ID:2ZhPQCXk0
ハチの世界にも花粉症が発生して、餌を集められなくなって餓死しちゃってるんじゃないの?


233 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:37:00 ID:OFOmUdBF0
太陽活動の停滞が長引いているけどその辺りも関係あるのかねぇ。

ミツバチは自然界の電磁波を感知して巣に正確に戻るが、
太陽からの電磁波が強くても弱くても困るよな。


237 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:40:17 ID:QqWYivid0
しかし、意外と原始的な方法で受粉してるんだな。
自然の恵みとは良く言ったもの。


246 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:52:58 ID:0vG2Ik8G0
たしか農薬だという説(ネオニコチノイド系)
と養蜂さん向け女王蜂の輸入の少なさが重なったらしいね

ただネオニコチノイド系説は議論の余地があるとか
ttp://wiki.tenteki.org/index.php?%A5%CD%A5%AA%A5%CB%A5%B3%A5%C1%A5%CE%A5%A4%A5%C9


248 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:55:12 ID:7HORu72s0
>>246
女王蜂の輸入と自然界の日本ミツバチの現象は関係ありません。
禁輸説は最も説得力がない。


251 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 21:58:21 ID:zezqzsar0
田んぼに、菜の花、レンゲを植えれば
すべて解決

昔の人の知恵だ


252 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 22:01:49 ID:zezqzsar0
果実などの糖分の甘い蜜を与えすぎ
蕎麦、レンゲ、菜の花などの昔からの花の蜜を与えよ


255 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 22:03:31 ID:gXWxrn9k0
たぶん、こんな端金では解決しないという問題提起だよ


259 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 22:09:08 ID:QqWYivid0
飼育群数にもよりますが、1群当たりの標準採蜜量は
西洋バチ40kg/年間
日本バチ 7kg/年間

だそうです。
西洋のほうがよく働くんだね。


263 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 22:12:04 ID:7HORu72s0
日本ミツバチは小さいし、巣あたりの数も少ないから


266 またコピペですが 2009/05/13(水) 22:17:09 ID:QqWYivid0
どう猛性______ 日本バチは温和で殆ど人を刺さない
管理の手間_____日本バチは殆ど手間が不要、西洋バチは管理をさぼれば終わり
越冬________日本バチは寒さに強く自然界でも越冬可、西洋バチは保温管理が不可欠
逃亡性_______西洋種は家畜化されていて逃亡はない。日本種は何時でも野生に帰る。

へ〜、意外だなあ


268 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 22:18:10 ID:jBkLs9yoO
この間、ミツバチが凄いデカイ蜂に攻撃されてた
ああいう猛毒もった蜂にやられちゃうんじゃないのか?


282 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 22:27:53 ID:Qov/ZDZg0
宇宙人のしわざだと思う


286 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 22:30:17 ID:Mg1SRmlZ0
>>282
それだ!


294 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 22:42:12 ID:OFOmUdBF0
>>282
地球外生命体ってわけじゃないにしても、ヒトが感知できない天文的な
現象が要因のひとつってのは現時点では否定できないね。


287 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 22:31:47 ID:DXv2bhLA0
少しでも蜜蜂の助けになればと思い、近所の公園にクローバーの
種をばらまいてる。
秋になったら、レンゲの種もまく。


288 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 22:32:11 ID:GWxg8zdr0
電磁波の仕業とすればパナウエーブ研究所に頼むしかないな


299 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 22:50:39 ID:ZR3m6FJ4O
>>288
ワロタw


295 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 22:45:52 ID:gs9cvhxs0
なんかかっけーな

もっと研究費が高ければ


298 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 22:49:13 ID:QqWYivid0
もう疲れました。探さないで下さい。


308 :名無しさん@九周年: 2009/05/13(水) 22:58:46 ID:YEd+26KX0
死骸が大量に落ちてるのでなければ、繁殖数が少なくなったと
考えるのが妥当だろう。


366 :名無しさん@九周年: 2009/05/14(木) 01:47:31 ID:2CGFJtvRO
藤岡弘探検隊にやらせればいいよ。消えたミツバチの謎を追えとかで


386 :名無しさん@九周年: 2009/05/14(木) 05:09:01 ID:paYGCDhn0
うちのミツバチがさ、一千万円じゃ原因を教えてやんないって言ってる
もうちょっと色付けて欲しい


444 :名無しさん@九周年: 2009/05/14(木) 12:12:05 ID:GEOSHK/C0
研究するまでもないだろ。

ミツバチは、いるところにはイーパイいる。

普通に虫や自然の生き物にとって住めない環境になったエリアが広がっただけの事だろ。
ミツバチに限らず、蝶、トンボ等、いろいろな虫が姿を消してるエリアが広がってる。
当たり前にいるはずの蟻さえいないところが増えてる。
しかも減少してるのは虫だけじゃない。
生態系に影響のない生き物が急増してる現象もある。

ミツバチに限っていえば、
巣があれば大騒ぎして駆除。
開発、景観重視の草刈、街路樹植樹等で花開く野草が激減。
園芸栽培された花ばかりが街中にある状態。
栽培された花は虫がつかないように殺虫、除虫、防虫処理。
天敵であるスズメバチは、自然が少ないので肉食傾向が強くなる。
ミツバチが絶滅する条件が揃いすぎる。

今すぐにでも出来る事として、ミツバチの巣駆除はやめるべき。


450 :名無しさん@九周年: 2009/05/14(木) 12:32:21 ID:LjGrKyNf0
恐竜も滅ぶ数年前はこんな会話していた
「最近さー、裸子植物が減って、被子植物が増えたよなー、裸子さんどこに
いるんだろう」みたいな


466 :名無しさん@九周年: 2009/05/14(木) 13:22:43 ID:SP9W3ucM0
ていうか、このネタについて先駆的に取り組んで来た連中ってのは
全然いないわけ?w 誰にでもはっきりわかるレベルになって初めて腰を上げるってさ
はっきりいって研究者として役に立ってねえだろw


470 :名無しさん@九周年: 2009/05/14(木) 13:30:13 ID:4Z4Dwqq20
>>466
海外ではやってる。
だから今更感。
原因研究の障害となっているのは移動しすぎで環境要因を定めづらくしている養蜂家自身。

ちなみに移動しない養蜂の場合はこんなこと起きてない。
だから移動しない養蜂に頼れで正解。

ホタルだって川の水が変わるだけでまともに光らなくなったりするから
昆虫はなるべく環境を変えないほうがいいの。
同じ平野部や盆地内での移動ならともかく何百キロとか何千キロも巣ごと移動させて受粉させてりゃ
おかしくなって当たり前。


471 :名無しさん@九周年: 2009/05/14(木) 13:31:02 ID:w2yfhmbY0
>>466
予算もおりないのに本腰入れられるわけがないじゃないか。
農水省がやっと予算出すっつってもたったの1000万円だよ。
誰がやるか。やりたくてもできないんだよ。


489 :名無しさん@九周年: 2009/05/14(木) 23:06:28 ID:1tPZnNgE0
幼虫に王乳をたくさん与えて人工的に女王蜂を生み出してる人がいたけど
ああいう人の見地はどうなんだろうね。
分泌物の成分は細部にわたって以前と変わってないのか…、はたまた
王乳自体の成分に変わりはなくとも幼虫が女王蜂に成る比率は
以前と変わってないのか。


まあ、地磁気やら電磁波やらもあるし、要因がわからないんだから狭いカテゴリの
者たちで徒党を組んで研究しないで多方面の情報と照らし合わせて謎解き
したほうがいいよね。


490 :名無しさん@九周年: 2009/05/14(木) 23:16:49 ID:l0bbZM9K0
>>489
日本じゃ難しいねぇ
同じ分野でも学校や教授の派閥でもめるし


492 :名無しさん@九周年: 2009/05/14(木) 23:18:41 ID:yOCUfDSxO
>>489
じーちゃんがハウス栽培用にミツバチ飼ってた時は、女王蜂が生まれたら他の女王蜂候補が生まれないように幼虫を食うから、別の巣に即移してたなぁ。
それで1シーズンに10箱作って温室に離してた。
ずっと監視したり勘も必要だから今は幼虫のまま別けてるのかも知れないけど、ある程度ギリギリまで巣で育てないと女王蜂をうめない未熟な女王蜂になるんだそうだ。
環境よりも蜂の取り方が問題。あとはミツバチを捕食するスズメバチが増えすぎ。
巣をダメにされるからスズメバチやアシナガバチは逆に減らさないとミツバチは増えない。


498 :名無しさん@九周年: 2009/05/15(金) 02:57:18 ID:1gI0d6AqO
深刻と言ってる割に、役人一人すら雇えない程度のお金しか出ませんw
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


banner_04.gif←よろしければ・・・



ミツバチ飼育4枚群入門キット「楽天シニア市場」

posted by nandemoarinsu at 08:00 | Comment(31) | TrackBack(2) | 国内ニュース

この記事へのコメント
  1. Posted by at 2009年05月18日 08:44
    研究費安いなと思うけど1億とか言ったらこんな事に1億なんて高い!
    そんな金があるなら国民に云々と文句言う輩が多いんだろうなぁと思う
  2. Posted by at 2009年05月18日 08:59
    まぁね、多分知らない人は
    「蜂蜜が取れなくなるだけでしょ?」
    位の考えしか持って無いと思う。

  3. Posted by at 2009年05月18日 09:16
    明治時代に日本じゃ出来ねーよ、といって金渋っていた頃と変わらないと
  4. Posted by at 2009年05月18日 09:17
    「ハチはなぜ大量死したのか」
  5. Posted by   at 2009年05月18日 09:56
    ここ数年で世界的に変わった環境の一つとして、やっぱケータイだよなあ。
  6. Posted by at 2009年05月18日 10:08
    これ確かアメリカミツバチに起こってる現象でニホンミツバチは違うんじゃなかったっけ?
  7. Posted by at 2009年05月18日 10:23
    農薬と携帯の電磁波が有力か・・・
    化学物質過敏症と電磁波過敏症。
    免疫系が弱くなるってとこが似てる気がする。
  8. Posted by at 2009年05月18日 10:35
    ミツバチ!頑張れよ!

    バーニング!
  9. Posted by at 2009年05月18日 11:27
    何が原因かはっきり証明するのは難しそうだな。
    農薬やら太陽やら電波やら意見が分かれてるし、1000万円で十分研究するのは無理ぽ。
  10. Posted by at 2009年05月18日 11:30
    むしろ蜂蜜の殆どが蜂蜜風シロップだと言う事に気づくべき。
  11. Posted by at 2009年05月18日 11:36
    たったの1000万かよ
  12. Posted by at 2009年05月18日 12:53
    1年後に学生を対象とした論文コンペ実施。
    最優秀賞は500万円+農水省官僚になれる権利。
    他に佳作3名に賞金100万円。
    残りはコンペの広報+運営資金。

    この方が「研究費の上限1000万円」よりよっぽど効果あるんじゃね?
  13. Posted by at 2009年05月18日 13:12
    6
    日本のミツバチは、何の異常も起きていないようだね。そのかわりに日本の奴はまるで働かない。働きたくないでござる!!絶対に働きたくないでござる!!!
  14. Posted by rere at 2009年05月18日 13:48
    はちみつ大好きだぜ。
    酢と混ぜて適度に薄めて飲めば栄養ドリンクみたいなもんだしな。

    こういうのもある。
    蜂蜜酒
    ttp://www.konjiru.com/sake/kiku/contents000001.htm

    遺伝子組み換え作物が一つの原因じゃないかって話しは聞いたことある。
  15. Posted by at 2009年05月18日 14:31
    1000万って、多くても2人の研究員しか維持できねーじゃん。
    1000万x5グループとかは、最低でも必要だろ
  16. Posted by at 2009年05月18日 14:44
    もし携帯が原因だと必ず隠蔽されるから永遠に謎のままだな。
  17. Posted by at 2009年05月18日 15:53
    昔作物泥棒とかあったが
    その辺の関係で中国人が
    日本の安全だったり高級品だったりする蜂蜜ほしさに
    ミツバチ盗んでんじゃねえの?
  18. Posted by at 2009年05月18日 16:09
    スズメバチのせいだろ
  19. Posted by at 2009年05月18日 17:30
    ミツバチ使ってるラボって数が少なそう。配分先は実質決まってたりしてw
    年間1000万というと、ポスドク一人+機材1,2個+消耗品って所かなあ。農水省的にはその程度の問題ってことなんですね。
  20. Posted by at 2009年05月18日 17:46
    農林水産省はこれでも
    大盤振る舞いしている
    つもりなんだろうな
  21. Posted by at 2009年05月18日 18:59
    国民一人あたり8銭・・・
    もう少し出しても良かろうて。
  22. Posted by at 2009年05月18日 19:31
    >>13
    うわ〜馬鹿だ〜
  23. Posted by at 2009年05月18日 20:20
    いっしーもっと予算獲得頑張れ
  24. Posted by at 2009年05月18日 21:42
    こういうのは農水省の管理が悪いという理由付けでもして職員のボーナス減らしてでも賞金上げるべきだよなあ。
  25. Posted by at 2009年05月18日 22:47
    80年代後半から輸入を始めた西洋ミツバチの病気・ウィルス当たりが原因に一票。
    農薬が原因なら散布の時期に蜂を移動させたりするだけである程度対応できるから、そっちの方が楽なんだけどね。
  26. Posted by at 2009年05月18日 23:14
    俺を5人雇える件
  27. Posted by at 2009年05月19日 02:27
    携帯やらの電波が原因だったらアメリカよりも先に日本で問題になるって。
    アメリカで問題になって、時期を置いて日本に来たということは、寄生虫か伝染病が原因じゃない?
  28. Posted by   at 2009年05月19日 17:37
    ここは税金使うところだろうに
    一千万ってどんだけ研究者なめてんだよ
  29. Posted by at 2009年05月20日 08:34
    ミツバチも少子化してんじゃね?
  30. Posted by at 2009年05月30日 02:57
    京都にHAARP基地があるからでは?
    ミツバチのそばで携帯電話を発信状態にすると、ミツバチは痙攣を起こして
    しまうくらい電磁波を嫌うらしい。
    環境ホルモンや農薬よりも電磁波が
    原因だと思うな。そこらじゅうに
    携帯の電波塔が急増してるから。
  31. Posted by at 2009年06月02日 02:32
    なんでこんなに,付け焼刃の知識でなんの根拠もない ワタシのすいり を偉そうに展開しちゃうやつ多いの?
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ここは酷いけいよん!ですね
Excerpt: Business Media 誠:誠 Weekly Access Top10(2009年5月9日〜5月15日):自動車業界はアニメを作るべき http://bizmakoto.jp/makoto/a..
Weblog: 障害報告@webry
Tracked: 2009-05-19 00:22

逆.えんで37マ.ン稼げたwww
Excerpt: ツレがもうかったっていってたから試してみたらマジでナマでハメまくってるだけで37マ.ンもらったw しかも中.出しが当たり前だしwww ⇒ sersai.com
Weblog: マ.ラ太郎
Tracked: 2009-05-24 06:06


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ