2006年04月15日

「ジャージャー麺の発祥地」近代文化財に指定

「ジャージャー麺の発祥地」近代文化財に指定(中央日報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
ジャージャー麺の発祥地である仁川(インチョン)の古い中華料理屋が文化財に指定された。文化財庁は14日、仁川・チャイナタウンにある中華料理屋「共和春」を近代文化財第246号に登録した、と伝えた。
1905年に建てられたレンガ造りの2階建て「共和春」は、清国の建築様式が導入された建物で、ジャージャー麺を初めてお目見えした所、との理由から選ばれた。ジャージャー麺の原産地は中国ではなく韓国だ。
朝鮮(チョソン、1392〜1910)時代末期、海外の文物が入ってくる関門だった仁川港の裏側には、1883年、5000坪にわたる清租界地(外国人居住地域)が設けられ、同地域では中華料理屋が盛業中だった。共和春の主人は、中国人労働者が手ごろな価格で食べられる料理を工夫したすえ、1905年、ジャージャー麺を開発。当時、ジャージャー麺はふ頭の労働者だけでなく、韓国人の外食メニューとしてあっという間に広がった。 (中央日報)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


なんか今日は韓国ネタが多いですねぇ。

人気blogランキングへ

【韓国】「ジャージャー麺の発祥地」近代文化財に指定〔04/14〕


2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/04/14(金) 17:26:28 ID:06P2Hk37
2なら捏造


3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/04/14(金) 17:26:53 ID:MXYbz37U

これには意義がでるだろうな。


4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/04/14(金) 17:27:40 ID:MPzoIC/J
こんなもんしか文化財にできんのかw


8 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/04/14(金) 17:29:49 ID:+QBW3Xp2
炸醤麺(ジャージャー麺)は中国のもんだと思ってたが


17 :殺韓3号 :2006/04/14(金) 17:31:46 ID:JffVDwyB
>>8
きっと炸醤麺(中国のジャージャー麺)とジャジャンミョン(韓国のジャージャー麺)、
中国と日本のラーメンくらい違う料理なんジャマイカ


9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/04/14(金) 17:30:03 ID:D8SlQ5HD
韓国では外国人が土地や店舗を持つことを禁止した。
そこで登場したのが汁無しの麺料理である「ジャージャー麺」
これなら伸びずに担いで売り歩くことが出来る。


11 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/04/14(金) 17:30:26 ID:45WDDnwd
【ジャージャー麺】
ジャージャー麺とは、中国北部で生まれた麺に油で炒めた具入りの味噌をかけた料理のこと。
発祥の中国北部では、一般的に小麦からつくる日本のうどんに似た白い麺を使用しますが、
世界に広がっていく過程でさまざまに姿を変えており、広東省ではスープに入り、韓国では
ハヤシライスのようにグリンピースをのせ、日本では中華麺を使用しています。麺はゆでた
まま熱いこともあれば、水で冷やされていることもあります。

【じゃじゃ麺】
岩手県盛岡市でわんこそば、盛岡冷麺と並んで「盛岡三大麺」と称される麺料理の一つ。
第二次世界大戦前に中華人民共和国|中国東北部(旧満州国|満州)に移住していた岩手県
出身者が、大戦終結後に、満州で食べた「ジャージャー麺(炸醤麺)」を持ち込んだのが始ま
りだといわれている


18 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/04/14(金) 17:31:47 ID:IdYUm7x/
>>11で結論が出たw


20 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/04/14(金) 17:32:34 ID:eBSXENow
ググッてもチャイナタウンで中国系が作って食ったとしか出て来ないのだが・・・


22 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/04/14(金) 17:33:19 ID:JdMH2lQ2
中国様の許可を得てるんですか?ないでしょ?


27 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/04/14(金) 17:35:34 ID:dBdh8Ip1
> 1883年、5000坪にわたる清租界地

どう見ても清の植民地です。
ありがとうございました。




posted by nandemoarinsu at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ