2006年04月16日

高麗茶道 日本に深い影響<上>

高麗茶道 日本に深い影響<上>(民団新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
臨済宗の僧・栄西の茶会様式も類似

作法広めた高麗遺民
朝鮮朝の拝仏政策で渡日

 草庵茶室の狭小な空間に侘(わび)、寂(さび)の小宇宙を創出する日本の茶道。日本オリジナルと信じられていた千利休に至る日本茶道の確立期に、高麗時代の茶道が大きな影響を与えていた。また、日本に中国(宋)から茶の儀礼を伝えたとされるのが臨済宗の僧・栄西だが、彼の茶会の様式も、本家の宋のスタイルより高麗の茶礼により似ている。日本茶道の発祥に高麗の茶道が深くかかわっていた事実を検証する。
 栄西が日本に茶を伝える半世紀ほど前、高麗を訪れた宋の使節の日記(『高麗図経』)に、高麗の茶会を記録した部分がある。
 そこでは、「高麗式作法では暖かい茶が飲めない、中国にはない1日3回の供茶を行い、茶を薬としてありがたがっているだけだ」など、侮蔑的表現で高麗の茶会は宋のものとは似て非なるものだと述べている。ところがこの高麗の作法が、栄西が宋から日本に伝えたとしている茶会の作法に非常によく似ているのだ。 京都五山のひとつ、臨済宗・建仁寺では、栄西の誕生日の4月20日に四頭茶礼という茶会が開かれる。これは14世紀末(室町時代中頃)に書かれた『喫茶往来』という本の記述通りにとり行うもので、栄西の往年の作法をよく伝えているとされている。
 『喫茶往来』の様式は後に千利休が確立した茶会の様式にも強い影響を与えており、日本茶道の原点というべきものである。詳細は省くが、茶道具の使用法、茶に対する考え方、茶の飲み方(3回の供茶など)が『高麗図経』に書かれている高麗式作法とそっくりなのである。栄西は、宋から直接に帰国したのではなく、帰路に高麗に立ち寄り、高麗式作法を日本に伝えた可能性も十分に考えられる。(※一部略)(民団新聞)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


本当に"起源"が好きですねぇ。

人気blogランキングへ

【韓国】 韓国の歴史は語る 日本茶道は日本のオリジナルではなかった 単に茶会王国の高麗時代を真似ただけ


2 :Ψ :2006/04/16(日) 15:59:50.92 ID:nYg8pfQf0
こいつらってこんなことばっかり言ってんのな


9 :Ψ :2006/04/16(日) 16:00:42.14 ID:X12+pTss0
中国から伝わったとか誰でも知っているようなことを何故今蒸し返してくるの?


12 :Ψ :2006/04/16(日) 16:02:08.87 ID:BweOdYFE0
朝鮮にはオリジナルの文化が一切ないから
必死に日本から奪おうとしてるけど
この時代は資料もたくさんあるし朝鮮の相変わらずの
捏造なのは立証できるだろ


24 :Ψ :2006/04/16(日) 16:10:38.33 ID:QMi/pUgD0
高麗の「茶道」って…  チョンは「〜道」って意味がわからんのかな?
単なる「作法」でないところに日本独特のものがあるのだが。

単純にお茶(飲み物)の伝統的な作法、飲み方を定めたようなものなら世界中に存在するわ。
アフリカの部族にだって、その部族に伝わる伝統的なお茶の作法があるっつーのに。


29 :Ψ :2006/04/16(日) 16:13:11.60 ID:ba0Zt9lh0
マヂレスすると、たしかに高麗には茶道のようなものはあったけど、それは、
景色の良いところでお茶をいただくってものだったらしいな。

だいたい、この高麗式の茶道が日本に伝わったっていう記録も無いみたいだしな。


45 :Ψ :2006/04/16(日) 16:18:04.24 ID:QMi/pUgD0
>29
> マヂレスすると、たしかに高麗には茶道のようなものはあったけど、それは、
> 景色の良いところでお茶をいただくってものだったらしいな。

単なる茶「会」じゃねーのw 


42 :Ψ :2006/04/16(日) 16:16:58.70 ID:9sM3hvszO
そもそもどこがオリジナルとか関係ないじゃん!!
今現在日本で高度な精神性を持った文化として受け継がれ発展していることが重要じゃん!!
そういう精神性がわからずに無茶なウリナラ起源を主張することこそが、茶道がウリナラ起源じゃないことの証明じゃん!
「無茶」だけにな。


46 :Ψ :2006/04/16(日) 16:18:16.35 ID:MHvWM8HS0
日本茶道って、形として抹茶と緑茶どっちを言ってるのかがわからん
ソース見る限り写真はむしろ中国茶道が近いように思う
抹茶の方とは明らかに違うし、緑茶の方は世界各地に似たようなのはあると思う


59 :Ψ :2006/04/16(日) 16:25:37.06 ID:zn5Vat1k0
そもそも
侘(わび)・・・茶道
寂(さび)・・・俳句
なんだけど


63 :Ψ :2006/04/16(日) 16:28:47.80 ID:dKPy83RW0
お茶の木は中国から朝鮮を通ってきた
千利休が確立したと云われる
韓国には「茶道」はない、茶礼と呼ばれ日本の茶道とは別のもの
いくら自分とこに自慢できる文化が無いからってパクっちゃ駄目じゃないw
そんなに羨ましいかwww


75 :Ψ :2006/04/16(日) 16:45:20.05 ID:5nDnFN7U0
だいたい茶道の起源が韓国なら、韓国人はすばらしい伝統があったのに廃れさせた大バカってことになるんじゃないの


77 :Ψ :2006/04/16(日) 16:47:24.00 ID:ZhmISOeM0
>>75
魔法の言葉:「秀吉・日帝が奪ってい(ry」


79 :Ψ :2006/04/16(日) 16:48:11.52 ID:wzaQXbeo0
>>75
その通り。もし彼らの言う事が本当だとしたら、文化をことごとく衰退させてしまった
文化不毛の民族と言う事になる。日本にことごとくお株を奪われるとは情け無い限り。


80 :Ψ :2006/04/16(日) 16:49:23.93 ID:C94XhYUI0
日本の茶道は韓国のお茶みたいに、ニンニクの絞り汁をむせ返るほど入れたり
唐辛子を真っ赤になるほど入れたり、コチジャンを手で掴んで放り込んで
その手でこね回したりしないもん、絶対に無関係だよ。


81 :Ψ :2006/04/16(日) 16:51:56.82 ID:SoAFY7xx0
飛行機も中世ドイツの活版印刷も朝鮮半島が先だと言って既に世界を敵に回しております


92 :Ψ :2006/04/16(日) 17:00:44.37 ID:RQLBaVm70
ヘソで茶を沸かすとはこの事だな。


95 :Ψ :2006/04/16(日) 17:08:14.97 ID:UnoBqm7o0
起源にこだわる意味がわからんw
それはオレ達が考えたんだから勝手に使うなとでも言いたいのだろうかw


101 :Ψ :2006/04/16(日) 17:25:02.34 ID:zOjquuR80
このネタ、もう既に高麗の茶道は中国茶を中国式で飲むものだったこと
や、朝鮮産の茶の品質があまりにも低くて朝鮮貴族は中国茶を飲んでた
事実など、科学的に証明されているので意味が無い。茶道は日本の心で
す。それ以外は全部虚偽・捏造。


106 :Ψ :2006/04/16(日) 17:35:08.60 ID:oXMVh/nx0
日本人のルーツは大陸から来たんだろうから
いいじゃん、韓国、中国を喜ばせてあげりゃぁ


129 :Ψ :2006/04/16(日) 18:51:43.37 ID:AnWglmrS0
茶道の成分解析結果 :

茶道の95%は乙女心で出来ています。
茶道の4%は覚悟で出来ています。
茶道の1%は時間で出来ています。


136 :Ψ :2006/04/16(日) 19:27:39.65 ID:JEch2kfW0
へ〜いマスターバーボンひと・・・・・・アレ?


163 :Ψ :2006/04/16(日) 22:16:31.00 ID:RhlOrSeU0
千利休が長年どんなに苦心、精進して茶道を大成させたか・・


165 :東夷 :2006/04/16(日) 22:27:42.33 ID:8deHiqgG0
>>163
利休の茶=「茶道」と言うと、語弊がありませんか。
利休の茶は堺式の「わび数寄」が適当であり、
後世にそれをカルト化させたのが「茶道」と言った方が適当でしょうね。

利休のキャラクターから考えると、
「苦労、精進した」というよりも「自己の発想におどらされた」の方が合っている気さえしますし、
その結果が「利心、休せよ」の訓戒なわけでしょ。


148 :Ψ :2006/04/16(日) 20:13:09.98 ID:0RMgYHOh0 ?
次は何?


150 :Ψ :2006/04/16(日) 20:34:41.67 ID:MI3Ev+5d0
>>148
徳川家康朝鮮人説かな。

理由
・出兵に反対。
・豊臣家を滅ぼした。



posted by nandemoarinsu at 23:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

この記事へのコメント
  1. Posted by 名無し at 2013年12月20日 18:07
    そんなに日本の文化に朝鮮が影響を与えてるなら、日本人も朝鮮人も相通ずるところが多いはず。ところが実際は、真逆なことばかりで、日本人はいつも朝鮮人のつくウソに眉をひそめるかころっとだまされるかのどちらか。日韓には正直共有できる認識がまるでない。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ