2006年06月02日

年金の不正免除、13都府県に拡大・社保庁、徹底解明を指示

年金の不正免除、13都府県に拡大・社保庁、徹底解明を指示(NIKKEI NET)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 社会保険庁の村瀬清司長官は27日の全国社会保険事務局長会議で、国民年金保険料の不正免除について「もううそは駄目だ。不退転の覚悟で実態把握をしたい」と述べ、各局長が責任を持って事態の徹底解明に当たるよう指示した。また、不正に関与した職員の処分は6月中に行う方針も示した。

 一方、社保庁は同日、「不適切事例」が13都府県、7万6504人に上るとの現段階での集約を示した。内訳は(1)本人の申請なしに免除した東京、三重、京都、大阪、長崎の5万7686人(2)電話による意思確認の後、職員が申請を代行した兵庫、佐賀、沖縄の8726人(3)手続き後に申請書類を受け付けた福島、千葉、静岡、熊本、鹿児島の1万92人。

 社保庁はこれまでに、(1)のケースは違法との認識を示している。全国会議後に行った各局長への聴取結果を受け、29日までに全容を把握し公表する方針。ただ、非常勤職員の国民年金推進員の個人的な不正行為は調査の対象に含めない。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



不思議に思うんですが、
例えば上(上司等)から「成績上げろ」って言われた場合に
一般企業で不正してまで成績を上げることはどれくらいあるんでしょうか?
おそらく今回の社会保険庁程の割合は出ないと思います。
さすがに解体をしていったほうが良いのではないでしょうか?
グリーンピアなどの無駄な支出などは他人毎としか感じられません。

それにしてもマスコミ、野党は長官をここぞとばかり攻めてますね。
責任はTOPにあるのは確かですがなんとも不憫な感じがしちゃうんですよねぇ。
posted by nandemoarinsu at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿ニュース

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ