2006年06月06日

「絞首刑は恐怖、残虐」 宮崎死刑囚、編集長に手紙

「絞首刑は恐怖、残虐」 宮崎死刑囚、編集長に手紙(共同通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 幼女連続誘拐殺人事件の宮崎勤死刑囚(43)が2月の死刑確定後、月刊誌「創」の篠田博之編集長あてに「絞首刑は恐怖で残虐。薬を使った執行でなければいけない」と記した手紙を出していたことが6日、分かった。篠田編集長が明らかにした。手紙の内容は7日発売の「創」7月号に掲載される。
 篠田編集長によると、手紙は死刑確定後から5月までに、宮崎死刑囚の母親を経由するなどして5通届いた。
 死刑について宮崎死刑囚は「踏み板が外されて落下する最中は恐怖のどん底に陥れられる。人権の軽視になる」「職員から『今日執行されます』と告げられてから恐怖を抱くという残虐な目に遭う」「法律は残虐な刑罰を禁じている。薬で意識を失わせ、心臓を停止させる方法にしなければいけない」と書いている。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



彼は被害者やその家族にどれだけの恐怖や絶望を与えたのか
考えたことはあるんでしょうか?
確かに発言の内容は悪くないと思いますが、
「お前が言うな」
って思っちゃいます。

posted by nandemoarinsu at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 国内ニュース

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

薬剤師転職・就職情報
Excerpt: 薬剤師の就職情報です!
Weblog: 薬剤師転職・就職
Tracked: 2006-06-13 06:55


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ