2006年06月11日

対中円借款:関係悪化なら再凍結の可能性も 麻生外相

対中円借款:関係悪化なら再凍結の可能性も 麻生外相(毎日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
麻生太郎外相は11日、北九州市で行われた外務省タウンミーティング後の記者会見で、05年度分の中国向け円借款の凍結解除に関連し「何かことが起きたら、残り2年間、止めないといけないということになるかもしれない」と述べた。対中円借款は08年の北京五輪までに新規供与を終了することが決まっているが、今後、さらに日中関係が悪化した場合には06、07年度分は凍結する可能性を示唆したもの。また、外相はタウンミーティングで、日中間の歴史共同研究について「相互でやらないと、そのうち歴史が風化して分からなくなる」と前向きな姿勢を示した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


posted by nandemoarinsu at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ニュース

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ