2006年07月07日

中国人が靖国神社に行きました

中国人が靖国神社に行きました(NBonline)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 先日、中国人の僕は初めて靖国神社に行きました。ある著名な先生の勉強会の一員として数十名の塾生達と一緒に行きました。

 実は、僕は以前から靖国神社に行きたかったのです。いろいろなところでよく意見を求められているのに見たことがないため、意見が言えなかったからです。僕は自分の目で確かめないで聞いた話を信じるのは嫌な質です。

 僕は亡くなった人の霊を大切にする日本の文化が好きです。実は僕の出身地の山東省も似た風習があるからです。日本の神社も好きです。渋い色と落ち着いた雰囲気は、とても東洋的で死者の霊を慰める場所としてとても良いと思います。


「遊就館」を見学してびっくり

 しかし、靖国神社の「遊就館」を見学してびっくりしました。軍艦マーチが流れる中、戦車、大砲、潜水艦などの武器と共に各戦争の背景、経過を詳細に解説しています。戦時ニュースも流しています。戦士の勇敢さを讃える、おびただしい量の証拠品と写真を展示しています。神風特攻隊と人間魚雷の解説は、特に力が入っています。

 殺人の機械と血が付いた軍服の横に「軍神」、「***を屠る」との新聞記事を陳列し、政治的な戦争解説を加えるところは、とても宗教の場所としてふさわしいとは思えません。とにかく僕はすっかりその戦争の迫力に圧倒されてしまい、とても死者の霊を慰めるような気分になれませんでした。

 良いか悪いかではなく、見た直感として「遊就館」は紛れもなく戦争博物館です。これは恐らく僕だけではなく、ほとんどの見学者の感覚だと思います。ご覧になったことのない方は、ぜひ一度ご自分の目でお確かめください。

理解できても、納得できないもの
 僕は、日本人は日本を愛すべきだと思います。長い歴史と勤勉な国民性を誇りにしてほしいと思います。僕が自分の祖国を愛し、誇りにするのとまったく同じ次元のことです。日本人が自分の国旗を掲揚することも、自分の軍隊を持つことにも何の違和感も持ちません。

 さらに日本人が靖国神社に行くべきかどうかは日本人の自由だと思います。「遊就館」に展示された勇士たちの生き様を見て、日本人の胸が熱くなるのは理解できます。

 しかし、あの「遊就館」で展示された写真に写された戦地は、ほとんどが僕の国でした。日本の兵士が血を流す以上に、僕の同胞たちはもっとたくさんの血を流しました。「日本のため」なら何でも尊いというならば、僕が信じてきた日本人の優しさと正義感はどこにあるでしょうか。死者の霊を慰めるならばなぜもっと精神的な空間にできないでしょうか。

 長崎と広島に原爆を落とした戦闘機が米国の博物館に展示されたことを、多くの日本の方々は不快を覚えるはずです。ただし、展示されたのは、あくまでも博物館です。仮に、その戦闘機をワシントンの「英雄記念碑」の横に置き、米国大統領が参拝するなら日本の国民はどう思うのでしょうか。

 兵器と戦史を並べる「遊就館」のある靖国神社に、日本の方々が行くのは自由です。あの戦争をどう思うかについても、日本の方々の心の自由です。しかし、「遊就館」の写真に写っている戦場だった土地に住む人達にも、心の自由があると思います。「遊就館」のある靖国神社に参拝する人に会いたくないと思うのは、まさに彼らの心の自由です。

見学後に聞いた講話の中身
 見学の後、靖国神社の前宮司の方に、講話していただきました。気を取り戻して教義や信仰を聞こうと思いました。しかし、数十分間にわたった講話は「中曽根前総理は参拝をやめたのは間違いだった」「今後の総理も参拝すべきだ」「中国と韓国の歴史見解はおかしいか」といった政治的内容ばかりでした。

 宗教施設とうたいながら武器と戦史を展示する。宗教とうたいながら思想観と歴史観を宣伝する。冷静になれば誰でも、これらの矛盾に気付くはずです。僕には、どうしても、兵器を宗教施設に展示し政治思想を宗教信仰と偽ることを、理解できません。明らかに日本の武士道精神に反していると思います。

 日本を理解し、友人の90%が日本人である僕には、ささやかな夢があります。それは中国人と日本人が、肩を並べながら日中双方の戦争犠牲者の霊を慰めることです。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



引用元:【日経】中国人が靖国神社に行きました⇒「遊就館」を見学してびっくり、理解できても納得できない [7/6](2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:43:28 ID:tcmk8cDW
ロウ人形館と違って本物ですよwww


14 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:44:12 ID:DDXoZrFk
戦争博物館って...まさか展示されてる零戦にびびったのか?w


16 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:44:24 ID:OYB95vN2
次は祖国の博物館へ行ってみようぜ


18 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:44:46 ID:7ftZk0QX
日本人が日本に誇りをもてなくなったのは...中国、朝鮮、朝日新聞のせい。


20 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:44:53 ID:b75o+gAH
>>1
母国に帰って重慶や南京の記念館見てこようなw


22 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:44:59 ID:RHwI08dA
>>1
まぁ「向こうなり」にはマトモな意見じゃね?
日本人の俺から言わせれば放っておいてくれって思うがな


26 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:46:30 ID:WGEsOtxm
>神風特攻隊と人間魚雷の解説は、特に力が入っています。
これを誇って展示してると思うのかね。
またみんな特攻したいってか?


35 :元七四式戦車兵 ◆bVmfXsKFqw :2006/07/06(木) 21:47:38 ID:qzzO0TJq
ならばパチ屋は軍国化の際たる物でつね!


39 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:48:33 ID:RnW9lvPM
>>35
北朝の軍備費に貢献しておるしな!


37 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:48:18 ID:zcTQjfsL
ま そうだが遊就館は切り離してもよくね?
資料館は資料としてでいいじゃん。別に靖国神社内に置く必要はあんまりないんじゃね?

遊就館を口実に靖国神社の是非が問われるのは不本意。


40 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:48:38 ID:x1VtC54k
たしかに遊就館は、ひどいと俺も思った。
靖国はすごく静かで良い場所だったのになぁ・・
遊就館の展示方法とかについては、よく考えなおしてほしい。


41 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:48:52 ID:yp2YbB/U
でも、まともじゃない?自分で実際に見てみるって大事だし。
私も行ってみたい。


45 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:49:15 ID:2DPFjlHV
>>1
戦争の資料がおいてあるところいって何びっくりしてんだよ。
むしろ何にも置いてないほうがびっくりするわ。

なあ、おまえ、戦争したんだせ!?


46 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:49:16 ID:P3KbRTs5
つまり遊就館を移転させれば参拝し放題?


47 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:49:31 ID:FHJDEmIC

いかにも日本が異質とでも言いたいような記事だが
世界中のマシな国ならどこでも軍事博物館はあるわけだが。

中国の軍事博物館(革命軍事博物館)は見たことが無いようだな。


53 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:50:01 ID:NDfpiEf9
?「遊就館」は静謐で軍艦マーチは愚か、BGMはなかったと
記憶してるが?
まあ、20年来行ってないから今は変わったのかな?


54 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/07/06(木) 21:50:23 ID:WBZievxh
まあ、そういうことは「熱海秘宝館」にもいってから言えってことだな。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

posted by nandemoarinsu at 02:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

この記事へのコメント
  1. Posted by at 2006年07月07日 06:20
    最後で台無しだwwwww
  2. Posted by at 2006年07月07日 17:15
    しかし日本人は宗教に無知なんだなとオモタ
    おっとマジ※
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ