2006年07月16日

ゲームの聖地日本で働きたいあるインド人学生の夢

【コラム】ゲームの聖地日本で働きたいあるインド人学生の夢(NIKKEI NET)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 私は国際ゲーム開発者協会(IGDA)という、ゲーム開発者国際コミュニティーの運営に関わっているため、海外でゲームに関連する仕事や活動をしている方に会ったり、メールで問い合わせを受けたりする機会がよくある。その際に、年に何回か必ず聞かれる質問がある。「日本で、日本のゲーム会社で働きたいのだけど、どうすればいいのでしょうか?」

 現役の開発者からも、学生からも問い合わせを受ける。その質問を受けるたびに、少し顔をしかめざるを得ない自分にいつも困る。

 「仕事をするうえで日本語という言葉が障壁になるので、容易に仕事を得るのは難しいと思います。アメリカなどに現地法人を持っている企業の支社に入って、そこから日本の本社に渡るキャリアパスを探すというのがお勧めのやり方です」と、たいてい答える。

 この答えに対して、ため息混じりでがっかりした表情を浮かべる相手の顔を見ると、相手の期待とはかけ離れていることがわかる。

 いつも思う。日本のゲームが持つ国際的な影響力である「ソフトパワー」を、日本人自身も企業も、かなり過小評価しているのではないだろうかと。そして、日本という国が、人材という面で重大な機会損失をしているのではないだろうかと。


 私が問い合わせを受けるのは氷山の一角に過ぎず、本当に日本のゲームに憧れ、日本に職場を求めたいと思っている高度な知的訓練を受けた技術者は、かなりの数潜在的に存在しているのではないか。

 有能な技術者が日本に渡りたいと感じているのに、その受け入れを支援する体制がどこにもない。海外のゲーム関連の技術者募集サイトで、日本本社の開発者として外国人向けに英語で雇用情報が出ているのを、残念ながら私は見た経験がない。

 そのような状況にもかかわらず、海を渡ってきて日本で就業するチャンスがないかを探ろうと懸命に努力する人もいる。先週日本に初めてやってきたインド人のマヤンク・マートゥルさん(24歳)も、その一人だった。彼はインドの大学でコンピューターサイエンスを専攻した後、ゲーム開発の学習カリキュラムを持つイギリスのシェフィールドハラム大学の修士課程に在籍している。

 2000年代に入ってからゲームに関するカリキュラムを持つ大学が増え続けている。この大学は、ソニーコンピュータエンタテインメントヨーロッパ(SCEE)と提携してサポートを受けている。

 教材として、2001年に発売された「PlayStation 2用Linuxキット」を利用しており、マートゥルさん自身も懸命にPS2の複雑なプログラミングと格闘しているという。このキットは、PS2上でLinuxが動くということで、リリース当時はさまざまなLinux用ソフトが移植されて登場することが期待された。

 しかし、PCと比較すると、PS2はメモリーを32メガバイトしか搭載していないため、Linux自体を動かすだけでメモリーがほとんどなくなり、アプリケーションを自由に動かすことができない。また、PS2が使っているCPU「エモーションエンジン」のプログラミングが複雑すぎたため、話題は大きかったが日本のゲームコミュニティーはそれほど盛り上がることはなかった。現在は販売も終了している。

 ところがこの開発キット、ユーロ圏においてのみは現在も販売が続いている。教育用ツールとして積極的に、SCEEがサポートを続けてきているためである。

 SCEEは「PlayStation 2 development prize awards」という賞を設け、毎年、このキットを使って優れた開発を行った学生に賞を出している。この大学では、2003年と2004年に連続して修士課程の学生から受賞者を出している。

 マートゥルさんがこの大学を選んだのは、このSCEEのサポートがあるからこそだった。しかし、さらに彼の夢にはその先があった。彼は日本のゲームに憧れをずっと持ち続け、日本でゲームを開発するためにPS2を学ぼうとしているのである。

インドはゲーム業界の人材不足を埋める可能性も

 彼の好きなゲームのベスト3を挙げてもらったところ、「聖剣伝説2」「ファイナルファンタジー4」「ゼルダの伝説 時のオカリナ」を挙げた。

 「日本のゲームは、北米のゲームと比較したとき、ストーリーが中心に置かれ、ゲームのコンセプトのレベルが深く、インタラクティビティーやゲームプレイのテクニックが高い。同じようなジャンルでパターンが似たようなゲームばかりの北米のゲームに比べはるかに優れている」という。彼の家庭環境はインドでは富裕層に属するため、輸入されたバージョンで正規に購入して遊んできている。

 高校時代にゲームに関連するコンピューターサイエンスコースを選択して、自分が本当にゲーム好きであることを感じるようになり、開発者になろうと決心した。そして、ちゃんとゲームデザインと開発手法を学びたいと思って、現在の大学に進んだという。しかし、もしできるならば、日本で日本のゲーム会社で働きたい。彼はプロの翻訳家に頼んで訳された、日本語による詳細な履歴書も持参していた。

 インドは、インドのシリコンバレーと呼ばれるバンガロールを中心に、90年代の開放政策後急激にソフトウェア産業が成立してきており、今や金融システムなどのアウトソーシング先として強力なシェアを持つようになっていることはよく知られている。

 インドのコンピューターサイエンス教育のレベルの高さも有名だ。人口が膨大なため、大学に進学することがそもそも厳しい狭き門であり、エリートへの道でもあるコンピューターサイエンスはさらに人気が高い。そこを突破したうえで、彼は将来の目標にゲームをわざわざ選択し、さらに彼の頭の中にあり続けたゲームの聖地「日本」を目指している。彼は今度は、“ガイジン”を受け入れることを基本的に考えていない壁に挑戦しようとしている。

 日本のゲーム産業がここまで急成長できたのは、結局は作り手の「情熱」に依存してきた面が強いと思う。日本はコンピューターサイエンス自体の総合的な技術力では、北米に勝てた時期はない。産業としては、国や大学との結びつきも薄く、偶発的に生まれ浮島のような存在として発展して、世界に通用するまでになったと考えている。

 それは、試行錯誤でなんとかコンピューターを「遊び」にしようと必死に努力してきた、個々の開発者の情熱によって支えられてきた。控えめな口調ながらも、ゲームについて熱心に語る彼らの情が、世界に通じる本物の産業に昇華させたのだろう。

 私は、就職先を見つけられるだろうかというマートゥルさんの質問に、お決まりの言葉を返さなければならなかった。しかし、彼は「言葉が問題であるなら、5ヶ月で必ず日本語が話せるように習得してくる」と言った。「どうしても日本で日本の開発の方法を学んで、ゲームを作りたいんだ」と。そのどん欲さに、内心舌を巻いた。

 海外は売る場所であって、優秀なソフト開発者を調達しようという方針は今のところ日本のゲーム業界にはない。開発に関しては基本的に日本国内で完結させ、英語しか話せないガイジンの入る余地はないというのが、今でも日本のゲーム業界の一般的な常識だ。しかし、どんどん技術的に高度化が進むゲーム産業では、常に優秀な人が足りないと人材不足が叫ばれる。

 その優秀な海外の人材が来たいと働く場を求めているのである。人口減少社会に入った日本を知的クラスターとして活かし続けるための一要素として「ゲーム」を考えるべきなのではないだろうか。そのためには、発想を転換し、国も企業も制度を整える時期にあるのではないだろうか。

 しかし、それに関係なく、彼の情熱は彼を突き動かし、きっとどうにか手段を見つけて日本にやって来るだろう。また、そうあるべきなのだと思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



引用元:【社会】 「"ゲームの聖地・日本"で働きたい!」 インド人学生の夢…だが企業は日本語話せぬ外国人受け入れず★2(2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
6 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:40:00 ID:ILApv6w20
日本のゲーム会社で、アメリカで下請け使ってるところにいくのは同よ?


7 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:40:31 ID:6NsBrFPt0
日本はゲームの聖地なのか?


8 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:41:34 ID:JsD75nA20
日本の会社なら日本語が話せないと困る、当たり前


9 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:43:44 ID:WiTwx1HIO
遊ぶ奴が日本語使うんだから日本語できないと二度でまになるよな


19 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:49:10 ID:OafP37nl0
>>9
そりゃテキストやシナリオに携わる仕事なら日本語できないと難しいだろうけど、
プログラムするのに日本語は必要ないだろ?

> インドの大学でコンピューターサイエンスを専攻した後、
> ゲーム開発の学習カリキュラムを持つイギリスの
> シェフィールドハラム大学の修士課程に在籍しているマヤンク・マートゥルさん
が、そこらのゲーム専門学校で遊んでる日本人の子供より能力的に劣るとは思えないんだけど。


25 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:53:48 ID:ohlWb+w+0
>>19
そのプログラマーはシナリオライターやグラフィッカーと
何の打ち合わせもせず、勝手にプログラム作るのか?


29 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:55:16 ID:eiGAc+2O0
>>19
プログラムに日本語必要なくても、
プロジェクトのチームメイトとのコミュニケーションに日本語必要


38 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:59:44 ID:vcaRk8QM0
>>29
そんなんブリッジSEを置けば、日本語は不必要だよ。


43 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 13:02:21 ID:ohlWb+w+0
>>38
やめてくれ、絶対に失敗するから。
ゲームじゃないけど、間にSE入ってエンドユーザーというか
この場合はシナリオライターとかなんだろうけどと
直接打ち合わせできないと後で酷い目に遭う。


10 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:44:04 ID:snjQawq70
悪いのは日本語勉強しない外人だろ。
みんなが英語を勉強するのは世界一の大国であるアメリカの言葉だからだ。
日本で働きたかったら日本語を勉強するべし。何で日本人が外人に
合わせられないと文句を言われなきゃならないのだ。


12 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:44:34 ID:xUHULJtz0
当たり前だろ。
日本に来て周りの人間に自分の言語を解するように要求する方がおかしい。


13 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:44:54 ID:+O2V7vDkO
聖地って・・・
ゲーム性のない糞ゲーばかり作る日本が???


14 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:45:10 ID:eiGAc+2O0
現地の言語できない人を現地法人は雇わないのが現実


15 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:45:27 ID:+pzixeZ00
この間、外資系の会社に面接言ったけど、
英語が話せないとダメだって断られたぞ。
(エントリーシートに書いてあるんだから、わざわざ面接に呼ぶな!)


16 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:47:27 ID:Ej1JErjM0
英語使う国で英語できなくて英語使う仕事が出来るというのですか?ばかですか?


18 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:48:52 ID:izkbNxp70
ゲームを作ることは、技術以上に感性だと思う。
日本人がゲーム作りに優れているのは、日本人独特の感性によるところが大きい。


20 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:50:14 ID:vXmiJKIt0
メッカであるほど夢のあるゲームが作られてるわけではないと思うんだが外から見たらそういうモノなのかな。


21 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:50:20 ID:Cuxaymvn0
日本人でさえそう易々と雇ってもらえないのに、日本語できない外人を取るメリットなんざ


22 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:51:17 ID:RGrIs8YG0
>日本で、日本のゲーム会社で働きたいのだけど、どうすればいいのでしょうか?

まず日本語勉強しれ
日本語が分からないのに日本の企業に就職したいなんて論外


27 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:55:09 ID:X4ZOEobK0
当たり前だろ。
日本語を理解できない奴が日本人向けのゲームを作れるわけないだろ?
常識で考えろや。


28 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:55:10 ID:Q04xjXV90
この記者の狙いは外国人労働者を増加だろ。
ゲームにかこつければ、誤魔化せると思ったのかねえw


30 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:55:32 ID:zQUY4IfS0
インド人は優秀だよ


31 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:55:49 ID:wHgOa5rI0
気持ちはわからんでもないが、日本人だってアメリカで働こうと思ったら英会話は勉強するしね。生活面を考えても、郷に入らば・・・って事だろ。


32 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:57:08 ID:pB8Y9GEdo
何このトチ狂った記事
日本の企業で日本語が使われているなら
その言葉が使えることが最低条件
クリエリターにとってのコミュニケーションはとても大事なものだ

同じ日本人同士の意思疎通でも細かい感受性の面を表現するのは簡単なことではない


過去に何度も現場で働く外国人を見てきたが日本のゲーム企業に適応できている人はかなり少ない
90年代には海外の技術者やクリエイターをひっぱって来ては失敗した企業も多い
過去の実績は大きい


このバカ記者ダレ?


無知杉じゃねーの?


33 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:57:10 ID:k7TiC/Ng0
そだてるのは日本の人材にしろよ。

専門学校もあるし、長期的な目で素人とかも雇えよ。


34 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:57:26 ID:ZC41X9fJ0
料理やら芸術で英語使えないユーロ圏に行く外人は
みんなまずイタリア語やらフランス語やら必死で勉強するもんだが、、


35 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:57:39 ID:OafP37nl0
以前、「ゲーム専門学校から見た風景」ってマンガをどっかで見たんだが、あれ見れば、今の日本人の子供を採るより、
英語しか離せなくても優秀なインド人を採った方がはるかにマシだと思うんだが。


45 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 13:03:01 ID:ZC41X9fJ0
>>35
あれは別に専門者を育てようとか
そういう学校じゃないから。
本気でゲーム作りたい人は別の所でちゃんと勉強してるよ


46 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 13:04:03 ID:QshHBZ620
>>35
第一線で活躍してる連中なんて大卒がほとんどじゃないのか?


36 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:57:54 ID:cxbS/4Rr0
こういう適当な人生相談受けるやつって悪質だと思う。


37 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:59:30 ID:QshHBZ620
明確に日本の企業で働きたいって希望があるなら
日本語勉強しろよw普通に。


39 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 12:59:50 ID:or9ljucy0
RPGやってて突然町の人がヒンディー語ではなしてきたり
メニューの一部がペルシャ文字になったりしたらいやだなあ


41 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 13:01:48 ID:/tz3oD000
みな偏狭だな。
日本人だけじゃなくて世界から集めた方が優秀な人が集まるだろう。
そういう会社があってもいいんじゃないの?


47 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 13:04:12 ID:boF9VEJ+0
まずはスペランカーを攻略してからだ。


54 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 13:06:45 ID:3Ou8pgdo0
英語をしゃべれない奴は雇わない=当然

日本語をしゃべれない奴は雇わない=叩く

というマスコミの二重基準な態度はどうにかならんか?


59 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 13:09:45 ID:xuLpYD+50
趣味と情熱で始まったものを企業が利益主義にして
国内のクリエイターですら待遇悪いのに


68 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 13:13:18 ID:G8NJ8vMY0
臨機応変に対応すればいい。
能力が飛びぬけて高かったら現地語が離せなくても、雇う方が得すると思う。


78 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 13:18:43 ID:bKlBJZPN0
ハリウッドなんか英語が話せない日本人でも彼らの利益のためには監督を任せる。
台湾人にイギリスを舞台にした時代劇をとらせる。世界の才能を吸い上げる。


81 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 13:20:09 ID:6j4ZiAsI0
外国で働くんだから、その国の言語ができるのは最低条件でしょ
アメリカで日系の会社で働いてたけど、当然社外文書はみんなエーゴ
会話プラス読み書きもできないと仕事にならない
国際化とか、ガイコクジンに親切ってのと意味が違うぞ
友達は日本語ペラペラのオーストラリア人でゲームクリエーター
ちゃんと日本で有名なゲーム開発会社に就職してるよ
この記者の会社で日本語ができないガイジン雇うかきいてみたい


84 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 13:23:14 ID:bKlBJZPN0
必要なのは戦略的な世界への日本語普及のカリキュラム。
勝手に学んできてくださいでは国益を損なう。


86 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 13:23:54 ID:NBGHvgGz0
業務用のPGは仕様書通り作れば良いから何とかなるかもしれないが
ゲームだと仕様に書かれていないことをPGが調整したりするので役割が違うんだと思う。
他のスタッフとコミュニケーションできないのはやばいだろ。


92 :名無しさん@6周年:2006/07/15(土) 13:26:56 ID:/XV+HjIf0
ゲーム会社自分で立ち上げたらいいんじゃねえの?

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



posted by nandemoarinsu at 08:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータニュース

この記事へのコメント
  1. Posted by at 2006年07月16日 10:56
    ゲーム会社にいる外人は日本語を話せます
    この記事を理解するにはこれだけで十分だ
  2. Posted by at 2006年07月17日 01:31
    外資でもない日本の会社なんだから
    日本語を学ぶべきでしょ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ