2007年01月20日

【論説】 「"先生をやめさせてやる"が最近の子供の捨てゼリフ」「老いた体罰教師の顔を見たら、ムカついた」…東京新聞

どこまでが体罰なのか(東京新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
「教室から退出させる」や「廊下に立たせる」は体罰ではない−。そんな方向転換を盛り込んだ報告案を政府の教育再生会議が打ち出した。学級崩壊などに悩む教師の声を受けての転換だというが、そもそもこんな手段さえ禁じ手になっていたという事実に驚く。あらためて「体罰」を考えてみた。 

 「日本の学校では二十年ほど前から、生徒が『もう先生の言うことは聞かない』と決めてしまうと、教師は何もできない状態が続いている」



 中学教師として三十八年間教壇に立った経験をもつ日本教育大学院大学の河上亮一教授は、現在の教師が置かれた状況をこう話す。

 学校教育法一一条は、教育上必要があると認めた場合、生徒や児童に「懲戒を加えることができる」とする一方で「体罰を加えることはできない」と定める。

 では「体罰」とは何か。

 一九四八年、法務庁長官(当時)は、暴力行為に加え、(1)トイレに行かせなかったり、食事時間を過ぎても教室に残す(2)遅刻した生徒を教室に入れず、授業を受けさせない(3)授業中、怠けたり騒いだ生徒を教室外に出す−などを「体罰」として禁止する通達を出した。各市町村教委は現在も、六十年近く前に定められたこの基準に従って教員を指導している。

 ただ、かつては「教師にゲンコツをもらう」とか、「廊下に立たされる」とかは、普通に行われていた。

 それが変わったのは八〇年代に校内暴力が頻発したことがきっかけだ。

 「問題のある生徒を説得しようとしても聞かなくなった。加えて世の中全体が生徒の人権尊重という流れに傾いていく。親やまわりの大人から『じっくり説得すれば何とかなる』『説得できないのは教師の力量が下がったから』と言われ、問題のある子供を前に教師が何もできなくなった」と河上氏は経緯を説明する。

 現役の男性都立高校教諭(59)も「若いころは騒いだ生徒たちの首根っこを力ずくで押さえつけたものだが、今では全くできなくなった。教師と生徒の関係が変わってしまった」と嘆く。

 この流れは、どんどん加速している。「数年前まで生徒の捨てぜりふは『校長に言い付けてやる』とか『教育委員会にチクるぞ』だったが、今の子は『おまえを辞めさせてやる』とくる。生徒にとって教師はいつでもやっつけられる相手になってしまった」と同教諭。

 教育再生会議が体罰の定義を見直すのは、こうした問題に教師が対処できるようにするのが目的だ。

 しかし、「基準の見直し」で、どの程度の実効性が見込めるかとなると疑問の声も上がる。

 前出の高校教諭は「子供たちは教師の小さなひとことにでも傷ついてしまう。そこをどう指導するかは、生徒ひとりひとり異なり、ケース・バイ・ケース。教育再生会議が『ここまで体罰をしてもいい』と線引きしても何の役にも立たない」と冷ややかに言い放つ。

 都内区立小学校の教諭(53)も批判的な見方をする。

 「暴力的な行為をする児童が、家庭でも親から暴力を受けていることが多いのは、私のクラスの例を見ていて実感する。逆に親から愛情を受けて育った子供は、自分が親になったときも愛情をもって子供に接するようになる。体罰を認めることを前提にした見直しはそもそも間違っている」

 河上氏もこう指摘する。

 「体罰は絶対にだめだという風潮の中で、『教室から出て行きなさい』と言ったら教育権の侵害になってしまうし、その責任は教師が負うことになる。学校で悪いことをすれば体罰を受けることも仕方がないという共通認識がないまま、体罰の基準だけを緩め、教師に武器を渡したところで、教師は喜んで使う気にはなれないだろう。もう一歩踏み込んで、社会の共通認識を形成すべく国民的な議論を巻き起こしてほしい」

 体罰への風当たりは強まっているが、統計上は件数が減ったわけではない。

 文部科学省によると、公立小中学校および障害者教育諸学校で体罰ではないかと問題にされ各学校で調査した事件は、九二年度にいったん約七百件まで減少したが、九五年度には約千件まで増加。その後、二〇〇三年度まで年間千件前後で推移している。

 この数字は、学校現場の厳しさを反映しているといえるかもしれない。

 今回、教育再生会議が体罰の定義見直しを求めることにしたのも、ヤンキー先生こと義家弘介担当室長が「以前は、教師の言うことに従わないと幸せな人生はおくれないという神話があった。今その神話が崩れた中で、教師は生徒をコントロールできていない。両手両足を縛って戦ってくださいというのは無責任だ」などと訴えたのがきっかけだった。ほかの委員も「子供の暴力を止める措置を教師に認める必要があると思う」と発言した。

 世界的にも、教育現場での体罰は、法律で禁止している国が大勢だ。しつけに厳しいイメージがある英国も例外ではない。

 山梨大の寺崎弘昭教授(教育思想)は「英国では、理性的かつ穏やかなものという条件で、約二十年前まで体罰を容認していたが、サッチャー政権時代の八六年に体罰禁止の法律が成立し、現在もそれを変えろという意見はおおっぴらには出ていない」と話す。

 同教授は「教室、学校の規律を確立する目的ならば、体罰の定義を見直さなくても、ほかに検討すべきことがあるのではないか」。

 米国では九〇年代から騒ぎを起こした生徒に酌量の余地なく罰を加える「ゼロ・トレランス」という厳罰主義を実施している。

 七〇年代以来、米国の学校現場は暴力や飲酒、銃の持ち込みなどの深刻な問題に直面した。その結果、寛容さを排し、問題行動とその罰則を細かく決め、違反した場合は、断固として処分する方向に変わった。

 「体罰の定義」といえば、学校教育法以外にも物差しはあるはず。監督やコーチによる体罰が大会への出場停止に発展することもある高校野球では、どうだろうか。日本高校野球連盟の泉正二郎事務局次長は「つまり暴力がいけないということです。どこまでが適切な指導方法で、どこからが暴力かという線引きはあらかじめしていない。各都道府県の高野連から上がってきた案件の中身を見て、ペナルティーを科すかどうか判断する」と話す。

 泉氏は「私見だ」とした上で、野球部にいたことがあれば、だれもが経験する「ケツバット」も「暴力です」と話す。ペナルティーとしてグラウンドを走らせることも「結果として何もなければ問題ないが、炎天下で何時間も走らせ、熱中症を起こした生徒がいれば、行き過ぎた指導ということになる」。単純に暴力と指導を分けられない事情を説明する。

 教育再生会議を担当する山谷えり子首相補佐官は十九日の記者会見で「教室で騒いでいる子に廊下に出て立っていなさいと言うこともできず、先生が指導の手段を奪われ、本当に困惑している。体罰が決していいとは言わないが、あまりにも現実離れしている」と通達を三月末までに見直すよう提言。通達のどこを見直すのかは「今後の議論」と述べるにとどめた。

 シンクロナイズドスイミング・ソウル五輪銅メダリストの小谷実可子委員は同日の会議終了後、記者団に「(体罰は)愛情を持った範囲で。先生と生徒の信頼関係によってどこまで許されるのか。愛情があっての上なら、少なくとも私は自分の子供にはするし、それは教師と生徒の間でも同じだと思う」と話した。

<デスクメモ> 中学の同窓会で三十五年ぶりに恩師にあった。竹刀を片手に授業をする 先生で、随分と理不尽に殴られたが、恨みは水に流したつもりだった。ところが年老いた教師の顔を見た途端、胸がムカムカしてきたから驚いた。どうやら、まだ腹の虫が治まっていないらしい。恐るべし。愛情のない体罰は根が残る

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


引用元:【論説】 「"先生をやめさせてやる"が最近の子供の捨てゼリフ」「老いた体罰教師の顔を見たら、ムカついた」…東京新聞(2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
4 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:16:04 ID:kGhpeP6F0
でもなんかするといちいち騒ぐのもマスコミとかだよね?


9 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:18:12 ID:JUnk9yib0
この意見について理解できない? もともと塾では講師の言う事が聞けるのに学校ではいうことを聞けない生徒がいるのならば両方で何が違うのか検討すべきだろ? 学校の先生の言うことが聞けないのは基本的に学校の先生の能力と教え方の違いであり、少子化が進んでいるのだから辞めて当然だろ?
いいかげんまともな人が教職につかないから、こんな書きがたくさん出るとしか考えられない!


13 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:19:07 ID:LfucSjIJ0
>>9
それは違うね。


28 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:22:08 ID:Jt+jsE2nO
>9

君が塾に行ったことないのはよく分かった


11 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:18:51 ID:IisJJzTu0
愛情のある体罰と愛情の無い体罰の境界ってどこよ?


12 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:18:51 ID:0Svevc780
一番の問題点は少しの火にガソリンを注ぐマスコミのやりすぎな報道体勢


15 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:19:17 ID:AHYQBh7K0
学校なんて必要ないんじゃない?


20 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:20:29 ID:wMGWGUN+0
<デスクメモ>
これで台無し


22 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:21:00 ID:y/iMrn/K0
てか、授業を妨害する生徒は退学にすれば良い
義務教育でも退学は出来るでしょ


25 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:21:29 ID:XV3v3lBK0
今の教師はものすごく大変だよ。昔の比じゃないって。
教師の質が落ちたとかいうけど、教育委員会、親、マスコミにボコボコにされるから下手なことできないしね。


38 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:23:45 ID:dxlf8cql0
>>25
俺もそう思う
DQN教師は確かにいるがまともな先生のほうが多いはずだし
まあ教師に限らず市民・マスゴミに過剰なほど叩かれてる職業は可愛そうだ


26 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:21:48 ID:b44Ao0gKP
だから、最も大事な躾を学校に押しつけるな
各家庭でやれ。

学校は社会。社会の秩序を乱す者に対しては、しっかりその責任を負わせる。
学校が先生がバカな生徒を治す?社会適応させるじゃなくて、各家庭でさせる。


27 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:22:06 ID:NIvY4s8D0
>>今の子は『おまえを辞めさせてやる』とくる

もうゼロトレランスでいいよ
口の利き方も親に教えてもらってないガキは学校に行く資格さえないと知れ


29 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:22:21 ID:bi3V9GWD0
 >「若いころは騒いだ生徒たちの首根っこを力ずくで押さえつけたものだが
 > 今では全くできなくなった。教師と生徒の関係が変わってしまった」

こういう教師は結局、教育に対する己の信念すら持たずに
権力を背景に生徒を虐待していただけ。
信念があれば(それが正しいのか正しくないのかはさておき)
今も昔も同じ行動、いや学習により昔の自分より洗練された行動を
行う事が出来るはずなのである。


34 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:23:10 ID:T7CZnawo0
だが、こうなったのも過剰報道したマスゴミが真の原因。


35 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:23:24 ID:Gdb8IgvP0
頭狂新聞なんかのマスゴミがDQNの人権擁護ばっかりやってきたから
世の中狂ってきたんじゃない会。


36 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:23:39 ID:m7cZxXPX0
暴力以外にコミュニケーション方法はいくらでもあるだろうに…

つまり、コミュニケーション能力の無い暴力教師の正当化ってことだろ?


37 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:23:40 ID:fJ72hrdH0
教室とトイレと廊下に監視カメラを設置すればいいと思うよ。
問題行動が発生したら、親に見せて、お宅のお子さんには困りましたな、とニヤニヤすれば解決するだろ。
これ以上問題行動が悪化するなら、学校ニュースのネットで配信しますよ、とすれば、親が力づくで解決するだろ。

1. 親が子供をしっかりと躾ける。
2. ネットに映像を配信しないでくれ、と袖の下を受け取る。

どっちかな?


44 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:24:48 ID:D7uK6GAn0
<デスクメモ>を読むと東京新聞の中の人のレベルがよく解るな


45 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:25:04 ID:c6oVES1PO
教師の質なんて昔から低いだろw


51 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:27:07 ID:I5bjqbya0
体罰は必要だ
今時分、DQN親のもとで育った餓鬼は
中学生のうちに徴兵して心身鍛えるしかない


52 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:27:34 ID:wmtZyAoJ0

努力のかけらも無いつまらない授業を
延々と聞かせる方にも問題あるな。


53 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:27:43 ID:I5AAUudF0
一方に言葉の通じないDQN生徒がいて、一方に暴力嗜好のキチガイ教師がいる。

この両者が常に混乱を生み出している。


56 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:28:14 ID:tsaNISeWO
何をしたらこういう罰を受けると細かく決めたら駄目なん?
そしたら罰を受けても文句言えないしさ。
母校でイジメやカツアゲや喫煙飲酒万引き窃盗無免許運転やったり
授業中に喚き散らす生徒がいたらしく
胸ぐらを付かんで立たせ揺らしただけで
親が怒鳴りこんで体罰だ行き過ぎた指導だったとかで
その教師は減給処分され翌年他校に移ったそうな…

ちょっと悲しい



59 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:28:33 ID:hPbWmyn/O
まずはロリコン教師を排除せんとな


60 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:28:36 ID:gHMkiygl0
教師には内申書とか成績書とかいろいろ切り札あるだろ。


62 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:28:56 ID:4Y6gojOc0
拝金主義、恋愛至上主義で30代まで過ごしてきた母親が
まともに子供の躾なんて出来るわけないだろ


63 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:29:05 ID:qs3Wr1xA0
子供が教師を辞めさせるのは簡単
授業中 歩き続けたり 騒げば良い
止められなければ教師失格 教師が体罰や手を出せば教師失格

どっちも教師失格になる


64 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:29:50 ID:hS6JAdoV0
教育委員会ってなによ?
先生の通信簿つけるところ?
バカ親のクレームに右往左往するところ?


65 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:30:06 ID:k//eeBVf0
教師辞めさせてやるとか言う餓鬼は
学校に行く資格ないだろ。来させるな。


66 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:30:12 ID:+yzr4j160
教師が失った信頼は教師自身しか取り戻せない。
しかし現場からの改善はまったく聞こえてこない。
これではこの先もずっと叩かれるだろう。


71 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:31:18 ID:s1lBCbiNO
てゆーか、戦前から教師の体罰は禁止なんだがなぁ…
おまえら一般人はともかく、大学教授なんだからそれくらい知っとけ


73 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:31:56 ID:QOrwYsSs0
キチガイ教師が居たから生徒擁護の流れになって
生徒擁護をしたら今度はキチガイ生徒が調子に乗ったわけか。

アホくさ。
教師とか生徒とかいいからキチガイは排除する方向にしてくれ


76 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:33:03 ID:IisJJzTu0
>>1
こういう子供が成長して、社会人になたらどうするんだろう。
「無茶な仕事を押し付けられた」って会社を訴えるのが続出したりして?

世の中って理不尽なものだしな・・・。


80 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:34:05 ID:4xlgaEq30
>ところが年老いた教師の顔を見た途端、胸がムラムラしてきたから驚いた。


この変態。


84 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:34:42 ID:8iiJbRUM0
昔はうちの馬鹿息子をよろしくなんて
親の方が先生に対して敬意を払ってたような
躾は家庭の問題で、学校はあくまで勉強を教えて頂く所
この事実が曖昧になってるって言うかな。

親が先生を軽視すれば、当然子供も軽視するわな


85 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:34:46 ID:Ko1OLXSbO
つーかさ、学校行っても無駄なのとか凶悪なんはそれ専用の施設で根性叩き直すとかどない?アフガンやイラクで地雷堀りなんかさせたら世間様のお役にもたつし


87 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:35:17 ID:gfeON2NT0
愛のムチが体罰でダメなら、愛のローソクはどう?


88 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:35:19 ID:aJZJB55v0
クレーマーのアホ親のおかげです。


90 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:35:28 ID:Kskf6vvuO
金八が悪い


94 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:35:58 ID:Cpoeto+O0
デスクメモでめちゃくちゃ萎えた。台無しだろ。


97 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:36:27 ID:J/or/OzS0
義務教育もすんでないガキに自由だの権利だの認めるからこうなる。
ガキにとって自由=自分勝手好き放題だし、主張する権利には義務が伴ってない。


107 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:39:27 ID:8iiJbRUM0
>>97
最近はまず自由ありきだからな

一番始めに教える社会性は
権利と義務からにしないとまずい。


99 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:37:20 ID:XegkFw7M0
高給もらって好きで教師になったんだからガタガタ言うな。
嫌なら辞めろ、なり手は腐るほどいる。


102 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:37:43 ID:X3M5wSZj0
はやく、小中学校の留年制度をつくれ。


105 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:38:51 ID:qoPNBUmD0
体罰は要らないから即ゼロトレランスに停学・退学させればいい


106 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:38:51 ID:/woTSyXf0
DQNの母親は連携して行動するからたちが悪い。
まともな母親達に立ち上がって欲しい。


111 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:39:47 ID:SJ6rWwzc0
>>106
まともな母親たちはDQNに関わりを持ってはいけないという意識があるから無理だろうな


110 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:39:44 ID:XV3v3lBK0
今の子ども達は教育委員会、親、マスコミがバックにいることを分かってるんだよね。
だから完璧に教師を馬鹿にしてる。
教育委員会に訴えてやるぞとか平気で言うんだってさ。


112 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:39:57 ID:fHWQN0Uj0
基本的に日本はDQNの人権は最大限尊重するが
その他一般ピーポーの人権はゴミ同然だからな


113 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:40:05 ID:gfeON2NT0
犬は甘やかして育てると、自分がボスだと思い込み手がつけられなくなる。


115 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:40:44 ID:lj/1c8ZE0
少年法を維持するなら「未成年は半人前」という前提として体罰を認める。
しないのであれば「未成年も一人前」という前提として人権を尊重すればいい。

どっちも両立している日本が変。


117 :ルーはー ◆GuTbk9G1MQ :2007/01/20(土) 10:41:03 ID:K9UiQ96R0
メキシコでは、先生の言う事聞かなければ、義務教育でも普通に落第
→留年となるけどね。小学校で留年となると恥ずかしいから、体罰より
効果があるんじゃない?


118 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:41:05 ID:aJZJB55v0
教育はサービス業にあらず。

とはいうものの、少子化で生徒集めの為サービス業化しつつあるのか?


119 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:41:19 ID:9hSbLynjO
卑怯を絶対的に許さない社会になればいいんじゃないか?
今の問題親子のやり方って、明らかに卑怯だろ。


122 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:41:50 ID:fJ72hrdH0
公立学校は有料にして、問題行動の子供は退学させれば、教育の質が保てていいと思う。

勉強をしたい熱意のある生徒の中に、しつけのできていない欲望剥き出しの獣を入れてはいかん。

授業の質が落ちてしまう。

獣一匹は捨てて、多くの熱意のある生徒を救うべきだ。


123 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:41:54 ID:4AO+uCyh0
最近の小学校は明らかにおかしい。今で言う体罰も昔だとそうそう大袈裟にはならなかったし、
当時はそうでもしなければ聞き入れない不良生徒も多かった。


124 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:42:13 ID:WMfBHJmE0
最近の教師の方がおかしい。


125 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:42:31 ID:G/lQIwXE0
ゼロトレ誘導なら分かるが何で体罰容認に流れるのかね


126 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:43:13 ID:hbzBpZrt0
昔の体罰ってのは、教育の一環だったわけだ。

今は体罰なんてやっても面倒に巻き込まれるだけだから、
問題が起きたら即警察を呼べばいい。
ダメな生徒と親は、他の生徒の親から裁判に訴えさせる。


129 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:44:14 ID:Kpxr8PF1O
どう考えても単純に教師の人間的魅力が欠落してるだけかと。
営業心理学でも学べばいいんじゃない。


132 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:44:33 ID:UAWk9bww0
中二病の低年齢化だな


135 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:44:55 ID:w7nIPs5T0
どの集団でも同じだが、資質の低い教員もある程度の割合でいるだろう。
問題の原因が全てそこにあるかのような考え方はおかしい。
むしろ、一部の親の教員に対する姿勢がそのまま子供に反映されてると
見ていいだろう。


137 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:45:13 ID:F1ZNtj6M0
この先生きのこれない


144 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:46:51 ID:tp0egVBM0
でも最近のガキはって何十年も前からずっと言われてるよね


145 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:47:05 ID:4Y6gojOc0
親も子供も自分が優遇されないと気が済まない時代


147 :名無しさん@七周年:2007/01/20(土) 10:47:36 ID:VqXb5cuG0
デスクメモは書かなくてよかったんじゃない・・・?
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


banner_04.gif←よろしければ・・・




posted by nandemoarinsu at 21:43 | Comment(3) | TrackBack(0) | 教育ニュース

この記事へのコメント
  1. Posted by D at 2007年01月21日 04:33
    3手先には楽に見えても、5手先には苦しいかも知れない。先生の役目は、そういった人生の定跡を教えることだろう。
  2. Posted by at 2007年01月21日 12:12
    小・中学校に留年制度(最大二年までとかの)を導入すれば
    諸問題の半分は解決するんじゃないか?

    先生が体罰をしなくても
    自分の将来のために生徒はいうことを聞くようになるし、
    DQNもそれなりに勉強するだろうし。


  3. Posted by 特命 at 2007年01月21日 18:55
    留年制度導入→DQN生徒留年措置決定→人権侵害!!とDQN保護者 制度導入の時点で人権侵害とマスゴミが言うのかな?
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ