2017年06月03日

【現代ビジネス/作家川口マーン惠美】どうやらEUは中国と組んで「反トランプ包囲網」を創ろうとしている 〜ドイツでのオバマ人気はいまだに爆発的だ。オバマは今年のドイツ・メディア賞を受賞。

■【現代ビジネス/作家川口マーン惠美】どうやらEUは中国と組んで「反トランプ包囲網」を創ろうとしている 〜ドイツでのオバマ人気はいまだに爆発的だ。オバマは今年のドイツ・メディア賞を受賞。[H29/6/2](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=12,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/06/02(金)12:43:22 ID:JjJ
オバマとドイツ人のラブストーリー

ドイツでは、「プロテスタント教会デー」という大集会が2年に一度開かれる。今年は5月24日から28日までの5日間で、
開催地はベルリンとヴィッテンベルク。ヴィッテンベルクというのは、マーティン・ルターゆかりの地だ。

プロテスタントの歴史は、いうまでもなく、ルターが聖堂の扉に張り出した「95ヵ条の論題」から始まる。
この聖堂は、ルターが教鞭をとっていたヴィッテンベルク大学の中にある。
今年は、ルターの「95ヵ条の論題」が貼り付けられてからちょうど500年目。プロテスタント教会にとっては記念すべき年だ。

教会デーの目的を一言で言うなら、キリストの教えの下、世界を良いものにしていこうする人たちが一同に集い、その思いを確認し合うことだ。
野外の礼拝、講演会、多種多様なコンサート、セミナー、聖書の勉強会、シンポジウム、ピクニックなど、
幾つもの会場で、朝から晩まで盛りだくさんのイベントが組まれており、お金さえ払えば誰でも参加できる。(中略)

昔の教会とは違って、達成すべき大きな目標として「民主主義の実現」というのが加わったが、何千もの人々がともに祈り、
歌っている様子を見ていると、人間というのは皆で同じ所作をすると次第に陶酔し、熱狂して行く習性があるのだと感じる。

また、自分たちが良いことをしていると信じたとき、一番幸せになるのはその本人であることもわかる。
おそらくこの心理は、民主主義ともキリスト教とも直接の関係はなく、どこの世界のどの時代でも、同じなのだろう。

その幸せな人々の集いに、トップクラスの政治家たちがオレンジのスカーフを手ぬぐいのように首にかけて参加し、それぞれ講演や対談をした。
これを見ていると、ドイツで政教分離は機能していないし、機能させるつもりもなさそうだ。
それどころか、ここでの講演やセミナーのテーマは、経済成長の終焉、食料と農業、難民・移民、老後の生き方からフェミニズムと、
教会がどっぷりと政治に踏み込んでいることがわかる。

ゲストの一番の目玉はオバマ前大統領。25日に、ベルリンのブランデンブルク門の前に作られた舞台で、メルケル首相と対談した。
ドイツでのオバマ人気はいまだに爆発的だ。
2008年、まだ彼がただの大統領候補だったとき、ベルリンの野外スピーチで10万人を熱狂させたことはすでに伝説だが、
アメリカで人気が落ち込んでいる今でさえ、ドイツでは破格の人気。「オバマとドイツ人、ラブストーリーは続く」と『ディ・ツァイト』紙は書いた。
そのオバマ氏、翌26日はバーデン・バーデンで、今年のドイツ・メディア賞を受賞。
この賞は、メディアと旅行業界を仕切る経済人が授与しているもので、ちなみに昨年の受賞者は、前国連事務総長の潘基文氏。

◎現代ビジネス 6月2日
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51900
3:名無しさん@おーぷん:New! 2017/06/02(金)12:52:21 ID:jON
なんかそんな気もしてたわ


4:名無しさん@おーぷん:New! 2017/06/02(金)12:55:09 ID:mqo
近代の大虐殺民族と金の為に組もうとする
愚かなドイツ。
虐殺公表でドイツ政権崩壊する。


6:名無しさん@おーぷん:New! 2017/06/02(金)13:06:38 ID:0ZB
つまりオバマが選挙に負けたのはドイツの「法則」に巻き込まれたからと言う説


7:名無しさん@おーぷん:New! 2017/06/02(金)13:09:02 ID:orB
ドイツも疫病神なんだっけか
ゲルマンなにやってんのゲルマン


8:名無しさん@おーぷん:sage New! 2017/06/02(金)13:14:56 ID:OCD
>>7
世界大戦2連敗だしな
日本は今度はイタリアとドイツ抜きでやるべき


9:名無しさん@おーぷん:New! 2017/06/02(金)13:16:54 ID:orB
>>8
以外とイタリアは有能
国力がそもそも貧弱ってのは如何ともしがたいが


11:名無しさん@おーぷん:New! 2017/06/02(金)13:19:52 ID:0ZB
>>9
イタリア人の欠点は11人以上では団結できない事って言うジョークがある


12:名無しさん@おーぷん:New! 2017/06/02(金)13:22:02 ID:g4u
>>9
イタ車見りゃわかるが、あいつらの仕事はテキトーだぞ


13:名無しさん@おーぷん:sage New! 2017/06/02(金)13:22:49 ID:OCD
>>9
戦後戦勝国として日本に賠償金請求してたりと立ち回りは有能だよな
日本はそういうところは見習うべき


10:名無しさん@おーぷん:New! 2017/06/02(金)13:17:39 ID:2LZ
ローマ帝国滅亡の遠因もゲルマンだしな
ヨーロッパの朝鮮はドイツなのかも


15:名無しさん@おーぷん:New! 2017/06/02(金)13:36:19 ID:0ZB
ドイツ「今度はイタ公抜きでやろうぜw」

日本「いや、あんたともお断りだ(真顔)」


16:名無しさん@おーぷん:New! 2017/06/02(金)14:10:09 ID:qGF
お得意の黄禍論はどうした?
中国様には適用されないのか?


17 なななな、な梨 New! 2017/06/02(金)14:25:52 ID:j6P
ドイツ銀行って言う、キンタマ握られちゃったからな、アホですなww


18:名無しさん@おーぷん:New! 2017/06/02(金)14:26:10 ID:2Jk
中国で一番大事なのは勢いがあるかどうかなんだ、中国は勢いが無くなってしまったからね、中国と組んでもEUにとってはお荷物にしかならない。


23:名無しさん@おーぷん:sage New! 2017/06/02(金)19:42:45 ID:bee
やっぱそっかーwww
コワイコワイ
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


posted by nandemoarinsu at 13:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 海外ニュース

この記事へのコメント
  1. Posted by 名無しさん at 2017年06月03日 14:16
    戦前も、ドイツは日本を嫌いで中国に肩入れしてたしな
    独中の関係は今に始まったことじゃないよね

    川口マーンさんのは現地の空気感がわかるからためになる
  2. Posted by at 2017年06月03日 15:04
    十年くらい前は日本でドイツって言えば無条件で共感して肯定されるような雰囲気があったけど、今やすっかり化けの皮が剥がれたな。
    ドイツが変わったってより、日本の認識がようやく客観的なものになっただけだけど。
  3. Posted by at 2017年06月03日 19:51
    EU/中国連合vs日米連合か。
    んで、ソ連は様子見で終戦間際にまけそうなほうを後ろから撃つのか。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ