2017年12月08日

【東京新聞】《社説》今、負の歴史を隠す風潮がある。歴史には正直者でなければならぬ。

■【東京新聞】《社説》今、負の歴史を隠す風潮がある。歴史には正直者でなければならぬ。[H29/12/8](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=11,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/12/08(金)19:57:30 ID:???

◎記事元ソース名/日米開戦から76年 問い直す「なぜ戦争を」

 日米の戦争。敗戦と占領、安全保障条約でなお結束されている日米関係−。あの真珠湾攻撃の日から七十六年たつ今、
「なぜ戦争を」と問うてみたい。

 <嘗(かつ)てペルリによって武力的に開国を迫られた我が国の、これこそ最初にして最大の苛烈極まる返答であり、
復讐(ふくしゅう)だったのである。維新以来我ら祖先の抱いた無念の思いを、一挙にして晴(はら)すべきときが来たのである>

 真珠湾での日本海軍の大勝利の知らせに評論家の亀井勝一郎は、そう書いた。古寺巡礼や仏教美術への傾倒から古典論、
日本人論などの著作を通じ、戦後も活躍して、広く知られた。冒頭の言葉は作家の半藤一利氏の「『真珠湾』の日」から引用した。

◆明治人は「雪辱」の思い

 米国と江戸幕府は日米和親条約(一八五四年)や日米修好通商条約(五八年)を結んだ。治外法権があり、関税自主権がなかった。
確かに不平等条約であり、明治期は条約改正に苦しんだ。

 真珠湾で開国からの屈辱を晴らした−。明治人にはそんな思いがよぎったのだろう。むろん条約改正を果たした間には、日清・日露の勝利がある。

 英米憎しの思いは、一九二二年の海軍軍縮条約にもある。主力艦の保有が日本は英米より劣る数しか認められなかった。
後の帝国国防方針の改定版では、情勢判断としてこう記す。

 <帝国と衝突の機会最(もっとも)多きを米国とす>

 国防は衝突の可能性が最も高い米国を目標とし、これに備える−。日米開戦の二十年近くも前からそのように軍部が考えていたとは驚きである。

 だが、相手は大国。四一年時の国力差は国民総生産で十二倍、石油保有量は七百倍以上も差がある。
それでも幻想があったはずだ。国力差が十倍もあるロシアを破った栄光が幻影となって…。

◆孤立化の道が原因だ

 四一年十二月九日の「新愛知」(現在の中日新聞)朝刊は「戦艦二隻轟沈(ごうちん)・四隻撃破 赫々(かくかく)たり ハワイ大空襲」と
一面で大きく報じた。真珠湾攻撃はアリゾナなど戦艦八隻を撃沈・撃破した。日本中が勝利に沸き立った。「万歳」「万歳」で酔った。

 冷静だった人もいる。東京帝大で国際法を教えた横田喜三郎(戦後の最高裁長官)は軽井沢(長野)で真珠湾の一報を聞いた。
戦後の回想録では「わたくしの心は暗かった。(中略)敗戦は必至であるとおもった」と記している。(中略)

◆負の歴史を直視して

 <アメリカ人記者(中略)などが、日本軍が南京で捕虜や民間人を虐殺した残虐な行為を連続して報道した。(中略)
英・米・独などの外交官がさまざまなルートを通じて日本軍が南京で暴行を続けていることを報告し、世界の世論を驚かした>

 世界から孤立し侵略戦争を進めたことこそ、日米開戦に至る遠因だったろう。そして惨めな敗戦に至った原因でもある。
今、負の歴史を隠す風潮がある。歴史には正直者でなければならぬ。

東京新聞/12月8日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017120802000157.html




2 ケサラン◆S2oy0h69ilgz New! 2017/12/08(金)19:58:05 ID:6nA
捏造は許されないけどね


3:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/08(金)20:07:40 ID:X85
それで挙げるのが南京事件かよ(笑)
写真の多くが捏造されたものと明らかになったけど、
本当に「残虐な行為」「虐殺」があれば写真を捏造する必要はないよな?
虚報による世論操作、プロパガンダ戦が行われたという歴史こそを省みろよ、
自称・ジャーナリストどもめ。


4:名無しさん@おーぷん:sage New! 2017/12/08(金)20:10:11 ID:k9o
おまエラの風潮が終わるってコトだよwww


5 ケサラン◆S2oy0h69ilgz New! 2017/12/08(金)20:10:49 ID:6nA
嘘で塗り固めた方法論(経験則)は、
応用が不可能だから

人文科学的(人間相手の詐欺行為)な事象以外の現実に対して
害煮なりこそすれ、益にはならない

まあ、恐竜も滅びたわけだし
それが人間にとって、あらがえない未来ならどうしようも無い


6:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/08(金)20:12:44 ID:jBp
>「なぜ戦争を」と問うてみたい。

>英米憎しの思い

>世界から孤立し侵略戦争を進めたことこそ、日米開戦に至る遠因だったろう。
>そして惨めな敗戦に至った原因でもある。

読めば読むほど「北朝鮮に向けて言ってるのか?」としか・・・


7:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/08(金)20:13:16 ID:nad
それを言うなら、反日教育を行っている韓国中国に言うべきだろう。


12:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/08(金)20:23:48 ID:1L4
>世界から孤立し侵略戦争を進めたことこそ

当時は世界中が列強の植民地だったろウソしかつけない東京新聞
そして現在は遅れた帝国主義・時代遅れの植民地主義の中国共産党を礼賛する頭狂新聞


15 ケサラン◆S2oy0h69ilgz New! 2017/12/08(金)20:31:32 ID:6nA
ぶっちゃけ
歴史に真摯に向かうなら
朝鮮人との交流を無くす(方法は問わず)以外に
日本の未来は無いと思うけどね

クレーマーを身内に抱える愚
獅子身中の虫


16:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/08(金)20:33:18 ID:Et6
1937年12月1日から38年10月24日まで、南京戦を含むこの約一年の間に、
国民党中央宣伝部国際宣伝処(中華民国政府の対外宣伝機関)は、約300回もの記者会見を開いた。
毎日のように会見があったことになるが、参加者は平均50名、
うち外国人記者、外国駐在公館職員は平均35名であったという。
ところが、この300回もの記者会見において、ただの一度も、
「日本軍が南京で市民を虐殺した」とか「捕虜の不法殺害を行なった」との非難がされていない。
戦時中とはいえ、もし一般人に対する大規模な「虐殺」や強姦が連日起っていたら、
ただの一度も記者会見で話さないなどということがあるだろうか?
このことからも、虐殺はなかったのでは、との疑問が沸くが、
この疑問を氷解させる史料が近年、日本の研究者、亜細亜大学教授の東中野修道氏によって見つけ出された。
南京事件の核心に迫ると思しき衝撃的な史料。そのひとつが、蒋介石の「指示」を表わす文書である。
蒋介石は、日本軍が南京に入城する直前、城内から逃れたが、そのときに、
「ここで日本軍による大虐殺があったことにしよう」との指示があったという内容だ。
これらの事柄は、東中野氏が、台北の国民党党史舘で発見した極秘文書『中央宣伝部国際宣伝処工作概要1938年〜1941年』に残されていると、
氏の著書、『南京事件−国民党秘密文書から読み解く』(草思社)に記されている。
実は、この文書発見以前から、南京陥落の後、120名近くの記者が日本軍とともに南京に入城したにもかかわらず、
朝日をはじめとする当時の新聞報道、記者らの証言のなかで、虐殺事件の片鱗すら語られていないのはおかしい、
事件はなかったのではないか、という主張はされていた。
この主張が、中国側の資料からも裏付けられたという点は大きいのではないか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140106-00010006-wedge-cn&p=1


17:名無しさん@おーぷん:sage New! 2017/12/08(金)20:35:11 ID:k9o
>>16
あの東京裁判でも却下されてるシロモノだしなw


24:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/08(金)21:06:36 ID:Et6
>>17
極東軍事裁判はアメリカ側の復讐心が起こした人類の汚点だよ。
あのような茶番をするぐらいなら、軍上層部を全て公開処刑すれば良かったのにな。
東條英機らを、極秘に処刑して、遺骨も遺灰も廃棄したぐらいにGHQは後ろめたい気持ちが強かったんだろうな。


19:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/08(金)20:37:51 ID:X85
アリソン殴打事件よりも扱いが小さかった「南京虐殺」(笑)


25:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/08(金)21:22:59 ID:Jex
>真珠湾で開国からの屈辱を晴らした−。
屈辱を晴らしたのと思えるのはむしろ日露戦争だろ
大国のパワーバランスを動かす国へと言うことを世界に示せたきっかけだろう


26:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/08(金)21:32:26 ID:Ogb
文革とか天安門事件とかか


11:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/08(金)20:20:59 ID:Og1
歴史には正直者でと書きつつ捏造を並べるってどういう神経だろうな


13:名無しさん@おーぷん:sage New! 2017/12/08(金)20:26:52 ID:jCl
>11
>歴史には正直者でなければならぬ

歴史に「も」ではなくて、歴史に「は」というヤツだから、
記事では嘘をついているんだろ。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



posted by nandemoarinsu at 23:20 | Comment(3) | マスコミニュース

この記事へのコメント
  1. Posted by at 2017年12月08日 23:31
    歴史修正主義はどっち?
  2. Posted by at 2017年12月09日 06:45
    関係ないことで絡めてくるあほの極み
  3. Posted by at 2017年12月12日 09:24
    正しい歴史=都合のいい歴史ですね
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ